バイナリーオプションのライセンスを持つ業者比較

バイナリーオプションは今レンジで稼ぐ

バイナリーオプション今レンジが稼ぐ

バイナリーオプションは今レンジ取引がアツイのです。その理由を今回話していきます。

バイナリーオプションのレンジ取引がアツイ理由を話す前に、バイナリーオプション初心者もいるかもしれないので、レンジ取引を先に説明します。ご存知の方はスキップしてください。

バイナリーオプションレンジ取引とは

バイナリーオプションのレンジ取引とは、約束時間後に為替レートが一定範囲(レンジ)以内に収まるか収まらないかを予測する投資のことです。収まると思ったら『IN』でエントリーし、収まらないと思ったら『OUT』でエントリーします。約束時間とはバイナリーオプション業者にもよりますが、大体15分~1日となっています。一定範囲とは通貨ペア種類や約束時間、エントリーする時間にもよります。どの業者もリアルタイムで確認できます。

また、このレンジ取引は業者によって呼び方も取引方法も変わります。もう一種類は海外人気バイナリーオプション業者ハイローオーストラリアの『highlowスプレッド』があります。一定範囲に収まるかどうかではなく、購入時点で約束時間後に為替レートが決められた範囲より高いか低いかを予想する取引方法となります。やや難しくややこしく思う方もいるでしょう。文字ではわかりづらいので、画像で実際の例を見ていきましょう。

ハイローオーストラリアスプレッド

ハイローオーストラリアのスプレッド取引画面は画像のようになっています。取引時間は15分・1時間・1日の三つが選べられます。ペイアウト倍率は2.00で高ペイアウト率です。

①のように現在米ドル/日本円は115.193となっています。スプレッド範囲は±0.03となっています。つまり、②・③のように、15分後に為替レートが115.196より高いか、115.190より低いかを予測する取引となります。また範囲も為替レートもハイローオーストラリアなら常にリアルタイムなので、簡単に確認することができます。

ハイローオーストラリアのレンジ取引が大体以上説明のように2種類があります。実際使っているバイナリーオプション業者のレンジ取引種類を確認してから取引をしましょう。また、自分に合うレンジ取引があったら、その種類の業者を選ぶのもいいでしょう。

バイナリーオプションレンジ取引は以上のように説明しました。では、なぜバイナリーオプションのレンジ取引が今アツイでしょう?その理由を見ていきましょう。

バイナリーオプションレンジ取引が今稼げる理由

バイナリーオプションレンジ取引は今アツイ理由はアメリカのFOMCにあります。FOMCとは年に8回ほど開催されるアメリカの金融政策を決定する議事です。次回発表日は12月15日となり、現在では米ドル高を控える姿勢が強まっているようです。最近の米ドル/日本円の為替レートはアメリカの金利低下により、115円前後に失速していますが、15日のFOMC発表前なので、115.00~115.30前後のもみ合いつまりレンジ相場となっています。なので、今はレンジ相場が読みやすくなっていて、まさにバイナリーオプションレンジ取引の稼ぎ時です。

バイナリーオプションレンジ実践取引

バイナリーオプションは実際今稼げるのかを検証するためにハイローオーストラリアで実践取引をしてみました。

バイナリーオプションレンジ

バイナリーオプション取引をする前にヤフーファイナンスを確認してみますと画像のようにレンジ相場となっています。

ハイローオーストラリアスプレッド画面

ハイローオーストラリアスプレッドエントリー

ハイローオーストラリアのHighLowスプレッドを見てみますと、レンジ相場でも上がり気味なので、HIGHでエントリーします。

ハイローオーストラリア転売

ハイローオーストラリアには損切りや早め利益が確保できる転売機能があります。本来途中で終了できないバイナリーオプション取引が途中終了できるようになります。なので、念のために開いて確認しています。無事に上がっています。

ハイローオーストラリアスプレッド勝利

バイナリーオプションレンジ取引の検証は画像のように無事に勝ちました。

バイナリーオプションレンジ取引稼ぎ時まとめ

バイナリーオプションレンジ取引の説明、今が稼ぎ時の理由、検証実践取引は以上のように説明してみました。

さらに、アベノミクスやアメリカの8年ぶりの大統領交代などで実は今為替レートがよみやすくなっているので、実は今バイナリーオプションがアツイです。

また、ハイローオーストラリアには登録手続きが不要でデモ取引ができます。もちろんレンジ取引も転売機能も使えます。

コメントを残す