バイナリーオプションのライセンスを持つ業者比較

バイナリーオプション規制の影響で国内外業者はどう変わったのか

バイナリーオプション規制トップ

バイナリーオプション規制の影響で国内業者どう変わったのか。
バイナリーオプションは以前まで海外と国内とで、あまり大差ないサービスが提供されていました。しかし2013年11月に国内バイナリーオプションが、ギャンブル性の高い取引内容に懸念を示した
金融庁に、取引内容や取り決めなど、あらゆる項目で規制を布かれました。

バイナリーオプションの規制で、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者は
どのように変貌を遂げたか。今回はこれについて紹介していきたいと思います。
バイナリーオプションの規制の影響について興味のある方には必見の内容となっていますので是非チェックしてみましょう。

バイナリーオプション規制の影響は国内業者のみ

バイナリーオプション規制内容

バイナリーオプションの規制が金融庁から布かれたと紹介しましたが、これ実は国内金融庁の規制なので、海外バイナリーオプション業者には一切関係のない話なのです。金融庁は、国内バイナリーオプション業者を監視するべく規制を布いたので、その影響は国内業者だけなのです。

バイナリーオプション国内業者が規制された項目は様々ですが、主な特徴を上げるとなると以下になります。
・2時間未満の短期取引の禁止
・現行のバイナリーオプション取引廃止
・ラダーオプションの導入を強制
・利用登録時に知識確認テストと所定審査を強制

バイナリーオプションの規制では、他にも様々な規定が設けられているようですが、表面的で主たるものがこれらになります。見ての通り、国内バイナリーオプション業者では短期取引が行なえないのです。更に利用登録時の手続きが面倒になった点にも注目です。

バイナリーオプション規制の影響を受けない海外業者

バイナリーオプション規制の影響を受けない海外バイナリーオプション業者はどうなのでしょうか。国内の規制が及ばない海外業者では、もちろん何らサービスの変更はありません。短期取引も可能であれば、面倒な利用登録手続きもありません。しかしです。

バイナリーオプション国内が規制された影響で、規制の布かれていない海外業者は危険だという誤った認識が広まってしまいました。とはいえ海外バイナリーオプションは、いうなればバイナリーオプションの本場。国内の業者に見劣りするようなサービス展開であるわけがありません。

バイナリーオプション規制無しの海外業者の危険性は

バイナリーオプション規制無しの海外業者の危険性について一応触れておきましょう。以前、一部のバイナリーオプション業者の運営形態が問題になり、悪徳業者として認定されたところも見当たりました。

しかしどの業界にも悪徳業者というものは存在します。それにそういった悪徳業者は、悪評が悪評を呼び、悪徳業者だとちゃんと業界では認知されています。そんな悪徳業者に目を向けることなく、大手の有名バイナリーオプション業者のみを利用していれば何の問題もありません。よって

バイナリーオプションの規制が布かれていないからといって、危険だと認識するのは早合点だということです。海外業者の強みは非常に多く存在するので、そういった点を加味しつつ
本サイトで紹介している海外バイナリーオプション業者を利用するといいでしょう。以上
バイナリーオプションの規制に関する紹介でした。

コメントを残す