バイナリーオプションのライセンスを持つ業者比較

バイナリーオプション業者でライセンスを持つ業者を比較

バイナリーオプション業者の中でライセンスを持つ業者を比較しました。

日本国内で発行される金融ライセンスでは無いにしろ、運営する国で発行されたライセンスを持つ海外バイナリーオプション業者は、それだけで、それなりの信頼性を感じる事ができるので、利用者の中には、ライセンスが無いと嫌だという方も多いと思いますので、是非、下記の比較結果を参考にして下さい。

ハイローオーストラリアの比較情報
ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリアは、オーストラリア投資委員会(ASIC)が発行するライセンスを保有する業者です。その他決済システムでもネッテラーとの提携のある業者なので、信頼性的にも抜群に高い、海外バイナリーオプション業者となる
ライセンスオーストラリア金融投資委員会
口座開設無料
初回入金額5000円から

ハイローオーストラリア詳細

ハイローオーストラリア公式

オプションビットの比較情報
オプションビット
※追記 オプションビットは2018年に取引サイトが閉鎖されました。
オプションビットモキプロス証券取引委員会(CYSEC)のライセンスを保有する業者として有名。こちらのバイナリーオプション業者もまた、バイナリーオプションのサービスを展開し始めて長い歴史を持つ業者となります
ライセンスキプロス証券取引委員会
口座開設無料
初回入金額25000円から

以上が当サイトで紹介している、バイナリーオプション業者の中で、ライセンスを保有しながら、運営を行っている海外バイナリーオプション業者です。ライセンスが有る事で、その業者の信頼性は、ぐんと上がりますし、利用する側も、安心の度合いが増すでしょう。
なので、個人的にも、皆様には、ライセンスを保有するバイナリーオプション業者を利用してほしく思いますが、中には、口座開設の手続きが早くて簡単な方がいい人や、ライセンスが無くとも、ペイアウト率が高い業者がいいという方もいると思いますので、そういう方は、その他の海外バイナリーオプション業者についても知ってみましょう

バイナリーオプション業者はライセンスがあった方が信頼できる?

バイナリーオプション業者はライセンスがあった方が信頼できる?

バイナリーオプション業者の中でライセンスがあるという事は、その発行する国が金融業者として認定し、国民に害のある業者では無いと判断した結果となりますので、海外にいるからと言って、一定の基準に沿って、ライセンスを発行しているので、それだけの信頼が、その業者にあると言っても過言ではない。
詳しい情報に関しては、申訳ありませんが分かりません。
しかし、ライセンスを発行するまでに、審査や、資金面の調査など、様々な基準があると思います。その基準をクリアしている実績を持つ業者という事で、バイナリーオプション業者の中でライセンスのある業者に関しては、信頼してもよいでしょう。

海外バイナリーオプション業者は何故日本のライセンスを保有できないのか

海外バイナリーオプション業者は何故日本のライセンスを保有できないのか

海外バイナリーオプション業者の中で、日本の金融庁が発行する金融ライセンスを持つ業者は存在しません。その理由としても、海外バイナリーオプションのサービス内容は、日本国内の規制に沿っていないルールで展開されている事が理由。
なので、海外バイナリーオプション業者は、海外からインターネットを通じてサービスは展開できたとしても、日本に拠点を置いての運営は違反となり出来ません。なので、入出金時や、サポート連絡に関しても、対応が遅かったりなどのトラブルが起きるかもしれないデメリットもあります。

海外バイナリーオプションはなぜ日本国内の規制が適用されないのか

海外バイナリーオプションはなぜ日本国内の規制が適用されないのか

海外バイナリーオプションは、日本が定める金融規制が何故、適用されないのか。
それは単純なお話しで、あくまでも海外バイナリーオプション業者の運営方針は、所在している国に定められた内容で展開されているので、日本の規制なんて関係ないのです。というか、日本の金融規制が厳しすぎるという点もあるでしょう。
海外では、ギャンブルやカジノが合法である国が多い様に、国民と企業間での金融取引は当たり前に行われていますので、日本に法人会社を設置していない海外バイナリーオプション業者は、日本の規制に応じる必要がなく、日本では、グレーゾーンという言い方で判断されているというのも事実です。

コメントを残す