ハイローオーストラリアの画像

バイナリーオプション業者を一斉比較!稼ぎたいならココを選べ【2019年最新】

比較の画像

業者選びはバイナリーオプションにおいて最も重要な要素の1つです。

そこでこのページでは、主要な海外バイナリーオプション業者を様々な条件で比較してみました。どの業者があなたにとって一番良いのかわかりやすくまとめてみましたので、是非参考にしてくださいね。

手っ取り早くおすすめ業者を知りたい人は上の記事を参考にしてみてね。

業者について詳しく知りたい方は、この記事の比較表を参考にしてくださいね。

海外バイナリーオプション業者を条件ごとに一斉比較

今回比較したのは、海外バイナリーオプションをするにあたり最も有名な7社です。

  1. ハイローオーストラリア
  2. ファイブスターズマーケッツ
  3. ザ・オプション
  4. トレード200
  5. ソニックオプション
  6. ザ・バイナリー
  7. ジェットオプション

日本人バイナリーオプショントレーダーの一番人気のハイローオーストラリを含めた7社です。比較した結果、どの業者が最も良いのかははっきりわかる結果となりました。

上記の業者以外はマイナーすぎてそもそもオススメできません。海外バイナリーオプションをするにしても、上のいずれかの業者から選ぶと良いでしょう。

それでは各業者の比較を見てみましょう。

バイナリーオプション業者をペイアウト率で比較(ハイロー)

まずは、業者を選ぶ上で一番重要なペイアウト率です。

1番基本となるハイロー取引の最高ペイアウト率、最低ペイアウト率をわかりやすく比較してみました。

業者名最高ペイアウト率最低ペイアウト率
ハイローオーストラリア1.95倍1.88倍
ファイブスターズマーケッツ約1.8倍約1.5倍
ザ・オプション1.85倍1.77倍
トレード2001.76倍1.74倍
ソニックオプション1.8倍1.75倍
ザ・バイナリー1.85倍1.65倍
ジェットオプション1.81倍1.78倍

比較の結果、どの業者が良いのかはっきりと分かる結果となりました。最高ペイアウト率、最低ペイアウト率ともにハイローオーストラリアが一番高いことがわかると思います。

どう見てもハイローオーストラリアが一番いいわね。

バイナリーオプションをするに当たり、ペイアウト率は利益に直結します。取引ルールは同じなので、ペイアウト率の少しでも高いところを選ぶことによって収益が増やせるかどうかが確定します。

お金の画像

わずかな差であればサービス面等も加味して考えても良いかもしれませんが、他の業者と比較してハイローオーストラリアがダントツで高いため、ペイアウト率ではハイローオーストラリア以外を選ぶ意味は薄いと考えてもおかしくありませんね。

トレーダーにとって、ペイアウト率は重要なポイントよね。

ハイローオーストラリア以外だと、選ぶならジェットオプションでしょうか。ファイブスターマーケッツはペイアウト率が変動制なので、おおよその数値です。

バイナリーオプション業者をペイアウト率で比較(スプレッド)

ハイロー取引の次は、スプレッド取引で比較してみました。

スプレッド取引は条件が各社で異なるので、最高ペイアウト率のみの表となっています。

業者名ペイアウト率スプレッド差
ハイローオーストラリア2倍最小0.1pips
ファイブスターズマーケッツ3.22倍最小1.2pips
ザ・オプション2倍最小0.1pips
トレード2002倍最小0.3pips
ソニックオプション2.02倍最小0.3pips
ザ・バイナリー2.05倍変動性
ジェットオプション2.1倍最小0.3pips

基本的にスプレッド取引は使い所が限られており、ハイロー取引ほど頻繁に使用することがないので重要度は低いかもしれません。

ハイロー取引のペイアウト率で業者比較をしたほうが間違いありません。

比較した結果、各業者で大きな違いがあることがわかりました。

スプレッド差というのは、敗北判定になる範囲のことを指し、大きければ大きいほど勝ちにくくなります。そのため、スプレッド差が小さい業者を選ぶことが業者比較のコツと言えます。

スプレッド差が小さくて、ペイアウト率が高い業者がイイってことね!

スプレッド差が小さい業者はハイローオーストラリアとザ・オプションの2社です。どちらともスプレッド差が小さく優秀であると言えますね。

逆に、ファイブスターマーケッツはスプレッド差が最小1.2pipsと大きいことがわかります。これでは勝利する可能性はかなり低くなるため、いくらペイアウト率が高くとも意味がありません。

ペイアウト率を比較すると、ハイローオーストラリアが一番、ついでザ・オプションが優秀だということがわかりました。

ペイアウト率で選ぶなら、ハイロー取引でもスプレッド取引でもハイローオーストラリアorザ・オプションになりますね。

バイナリーオプション業者を機能で比較

次は、各業者で使用することのできる機能を比較してみましょう。

いろんな機能を搭載している業者もあれば、最低限の機能しか備えていない業者もありますね。

業者名デモ機能転売機能
ハイローオーストラリア
ファイブスターズマーケッツ××
ザ・オプション×
トレード200××
ソニックオプション××
ザ・バイナリー××
ジェットオプション××

デモ機能は、実際のお金を使用しなくとも仮想のお金でトレードを練習できる機能です。

デモ機能の有り無しは非常に大きく、デモ機能がないと口座開設前にプラットフォームを試すことができません。また、トレードの練習や新しい手法の開発などにも使用できるため、デモ機能は初心者から上級者まで等しく必要な機能です。

デモ機能はハイローオーストラリアとザ・オプションにのみ搭載されています。

上記2社のデモトレードを試したい方は、上の記事を参考にしてくださいね。

転売機能は、判定時間前に決済をできる機能です。転売機能を使用することで、判定時間前に利確(損切り)をすることが可能です。

使用ポイントは限られますが、転売もあって損はない機能です。確実に利益を得たり、最小限に損失を食い止めたりすることができます。

海外バイナリーオプション業者の中で、転売機能が備わっているのはハイローオーストラリアのみです。

これもハイローオーストラリアとザ・オプションが優れているのね。

転売機能もデモトレードも業者比較の重要ポイントです。どちらも搭載してないのはシンプル過ぎて手抜きにも感じられますね。

バイナリーオプション業者を安全性で比較

次は、安全性で比較してみましょう。

安全性業者を選ぶ上で最も重要な要素の1つです。

業者名ライセンス損害保険
ハイローオーストラリア
ファイブスターズマーケッツ××
ザ・オプション×
トレード200××
ソニックオプション××
ザ・バイナリー××
ジェットオプション××

海外バイナリーオプション業者は日本のライセンス取得(金融庁登録)をしていません。これは日本のバイナリーオプションの規制を回避するためであって、どの業者もあえて登録していない状況です。

しかし、安全性を確保している業者は海外の金融ライセンスを取得しています。ハイローオーストラリアはオーストラリアの金融当局のライセンス、ザ・オプションはエストニアの金融ライセンスを取得しています。

許可の画像

他の業者に関しては、どこの国の金融ライセンスも取得していない業者となります。

ライセンスがないって大丈夫なの?

大丈夫ではないですね…。完全無許可ということなので、信頼性はまったくないと言っても良いかもしれません。

損害保険に加入しているとは業者に万が一の事があった時、トレーダーの資金を保証してくれます。業者の破綻は早々あることではありませんが、損害保険に加入していないと預けた資金が戻ってこないことも考えられます。

損害保険に加入しているのはハイローオーストラリアのみで、ハイローオーストラリアはロイズ保険組合に加入しています。

安全性の面ではハイローオーストラリアがダントツで一番高いです。日本の業者と比較しても遜色のない資産管理力ですよ。

バイナリーオプション業者をボーナスで比較

口座開設時、取引時のボーナスで比較します。

業者名口座開設ボーナス出金条件受け取り取引ボーナス
ハイローオーストラリア5,000円なし推奨あり
ファイブスターズマーケッツなしあり
ザ・オプション5,000円※1要確認条件次第※1要確認
トレード200入金額連動あり非推奨なし
ソニックオプション入金額連動あり非推奨なし
ザ・バイナリー入金額連動あり非推奨なし
ジェットオプション入金額連動あり非推奨なし

※1 キャンペーン時によって条件が異なります。

海外バイナリーオプションの多くが口座開設時にキャッシュバックボーナスを設定しています。

しかし、多くの業者でボーナスには重い出金条件を課しており、初心者はなかなか出金できなくなりトラブルやクレームの原因となっています。そのため、ほとんどの業者でボーナスは受け取るべきではありません。

ボーナスを受け取ったはいいものの、引き出すことができずにトラブルに発生するケースは少なくありません。

ボーナスを受け取るべき業者はハイローオーストラリアのみです。ハイローオーストラリアは新規口座開設で5,000円のキャッシュバックがあります。

ボーナスの画像

ボーナスを何もせずに引き出すことはできないものの、入金したお金よりも先に消化され当然ながら得た利益はそのまま出勤可能です。デメリットのないボーナスがある業者はハイローオーストラリアのみのため、他の業者を利用するときはよく確認するようにしましょう。

基本的にボーナスは受け取らないほうがいいのね。

そうですね。ハイローオーストラリア以外の業者は受け取っても条件が厳しすぎてまともに出金できません。

出金手数料で比較

最後に、海外バイナリーオプション業者を出金手数料で比較しました。

業者名手数料口座管理料
ハイローオーストラリアなしなし
ファイブスターズマーケッツ回数次第でありなし
ザ・オプション1,000円なし
トレード2003,000円なし
ソニックオプション3,000円なし
ザ・バイナリーなしログインから1ヶ月未使用で月額1,000円
ジェットオプションなしログインから1ヶ月未使用で月額1,000円

バイナリーオプション業者への入金は基本的に手数料がかかりません、しかし、出金手数料を比較すると各業者で大きな差があることがわかると思います。

出金手数料がかからないのは、ハイローオーストラリアとザ・バイナリーの2社です。その他の業者は1,000円以上手数料が発生するので、気軽に出金ができないことがデメリットですね。

ただし、銀行間の手数料がある場合は別です!

ある程度こまめにお金を引き出すことが口座凍結などのリスク排除につながるので、あまり手数料の高い業者は使いづらいと考えたほうが良いでしょう。

手数料の画像

また、業者によっては、口座管理料が発生します。ジェットオプションとザ・バイナリーは1ヶ月間ログインしないと月に1000円ずつ引き落とされ、残額が0になると口座が解約されてしまいます。

1ヶ月間ログインしないことは珍しいことでもありませんし、少し悪質な印象がありますね。口座管理手数料が発生する2社を利用するときは注意しましょう。

日本では口座管理手数料はあまり馴染みがないですよね。ジェットオプションとザ・バイナリーは要注意の業者です。

海外バイナリーオプション業者比較まとめ

以上で、海外バイナリーオプション業者の比較を終わります。有名な海外バイナリーオプション業者でも、条件面で大きな違いがあることがわかりましたね。

今回比較した、ペイアウト率、機能、安全性、ボーナス、手数料の全てにおいて、ハイローオーストラリアが最も優れていることが明らかになったかと思います。

ハイローオーストラリアが日本で最も人気のある業者であることには、このような明確な理由があるのです。次点でザ・オプション、一定の条件下でファイブスターマーケッツが優れていると言えるでしょう。

逆に、ソニックオプション、トレード200、ザ・バイナリー、ジェットオプションは上記の業者と比較しても優れている点がほとんどなく、口座開設をするメリットが低いと考えられます。

多くの業者で口座開設をするメリットはないため、ハイローオーストラリアとザ・オプションの2社に口座開設をすることがおすすめです。

ぜひ、今回の業者比較を参考にしてくださいね。

ハイローオーストラリアがすごく優秀だということがわかったわ。

ですね。正直なところ他の業者はもう少し改善してほしいところではあります。

バイナリーワールドではハイローオーストラリアだけでなく各業者の評判もまとめています。ぜひ、比較してみてくださいね。


海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

バイナリーオプションの始め方から攻略法まで、あらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。海外バイナリーオプションに興味がある貴方に役立つ情報が必ずあるはず!

バイナリーワールドの画像

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。初心者から上級者まで必見情報です。

バイナリーオプションのデモトレードの画像

オススメの海外バイナリーオプション業者はどれ!?ステマなしで徹底調査!

バイナリーオプションのおすすめ業者の画像

海外バイナリーオプションで稼ぐなら、業者選びに妥協をしてはいけません。最も稼げるオススメ海外業者を、当サイト限定で発表します。

バイナリーオプションのおすすめ業者の画像

コメントを残す