バイナリーオプション投資相場週報【2020年9月第2週】

バイナリーオプションの先週(2020年9月7日~9月11日)の相場の振り返りと、今週(2020年9月14日~9月18日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。”

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(2020年9月7日~9月11日)

先週(2020年9月7日~9月11日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

週の初めに最高値106.384円をつけましたが、一時的に最安値105.791円まで急激に下落し、少し戻して106.093円で越週となりました。米国の株式の急落がリスクオフムードを誘発するなどの原因により一時的にドル安になったのですが、盛り返しました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は概ねレンジ相場で、方向感を見出しにくい相場でした。最安値1.175250ドル、最高値1.191710ドルと値幅は大きかったのですが、週末には戻して1.184580ドルをつけています。ドル円相場と同様にドル安が引き起こされたことによってユーロ高が誘発されたのですが、値動きの予想が難しい1週間でした。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は値幅は大きかったのですが、トレンドを見出しにくい1週間でした。最安値は124.427円、最高値は126.459円をつけ、少し戻して125.682円で週末を迎えています。英国の合意なきEU離脱リスクが再燃してポンド安からの連れ安でユーロが売られたことなどが値動きの要因として挙げられます。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【日本】4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]

前回は-7.8%、今回予想は-8.1%、結果は-7.9%と予想を上回りました。ほぼ予想どおりでしたが予想より悪くならなかったため、相場に大きな影響はありませんでした。

【欧州】4-6月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前期比]

前回は-12.1%、今回予想は-12.1%、結果は-11.8%と予想を上回りました。こちらも予想と同じくらいの結果で特段悪い結果とは受け止められなかったため、相場への影響は限定的でした。

【欧州】ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

政策金利は0.00%で予想どおり据え置きとなりましたが、ラガルド総裁の発言がユーロ高を容認する内容と捉えられ、ユーロが買われる流れになりました。

【米国】8月 消費者物価指数(CPI) [前月比]

前回は0.6%、今回予想は0.3%、結果は0.4%と予想を上回りました。消費者物価指数は全体的に良かったのですが、予想を少しだけ上回っただけにとどまり、大きなドル買いには結び付いていません。

【米国】8月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]

前回は0.6%、今回予想は0.2%、結果は0.4%と予想を上回りました。コア指数も予想を少し上回る結果となり、ポジティブには受け止められているものの、ファンダメンタルズとの兼ね合いもあってドル買いのトレンドにはなりませんでした。

今週の見通し(2020年9月14日~9月18日)

今週(2020年9月14日~9月18日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

日本は14日に自民党の総裁選を控えており、この前後は値動きがあることが予想されます。また、アメリカも11月に大統領選を控えていることから、リスクオフムードに傾きやすいと考えられます。新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念もあり、安全資産とされる円が買われやすい相場が続くと考えられます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場も、引き続き新型コロナウイルス感染再拡大や米中対立激化などの世界的なリスクがあるため、リスクオフで下落相場になる可能性が高いです。英国の合意なきEU離脱リスクの再燃もあるため、ユーロが売られやすい環境にあると言えます。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は、14日の自民党の総裁選の影響があると考えられます。また、欧州圏では新型コロナウイルスの感染が再拡大していることもあり、積極的なユーロ買いには至りにくいと予想されます。したがって、ユーロ安円高の可能性が高いでしょう。

今週の重要経済指標(2020年9月14日~9月18日)

今週(2020年9月14日~9月18日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】8月 小売売上高 [前月比]

発表日時:9/16 21:30
前回は1.2%、今回予想は1.0%です。最近の米国の経済指標の結果があまり良くないこともあり、予想を下回った場合、ドルが大きく売られる可能性があります。

【米国】8月 小売売上高(除自動車) [前月比]

発表日時:9/16 21:30
前回は1.9%、今回予想は0.9%です。除く自動車でも小さい伸びが予想されていますが、さらに予想を下回った場合はドルが売られる可能性が高いです。

【米国】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

発表日時:9/16 03:00
前回は0.00-0.25%、今回予想も0.00-0.25%です。金利は据え置きの可能性が高いですが、今後の金融政策に関するコメントがあるかもしれず、相場にも影響があるかもしれません。

【日本】黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

発表日時:9/17 15:30
新たな自民党総裁が決まった後の会見となるため、金融政策にも変化があるかもしれません。相場にも大きな影響があるかもしれないので、黒田総裁の発言内容を把握してから取引しましょう。

【欧州】8月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

発表日時:9/17 18:00
前回は-0.2%、今回予想も-0.2%です。消費者物価指数は相場にも大きな影響があるので、把握してから取引しましょう。予想を下回った場合、ユーロが売られると考えられます。

【日本】8月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

発表日時:9/18 08:30
前回は0.3%、今回予想は0.2%です。消費者物価指数は、商品が最終的に流通する消費者が景気をどう捉えているかを映す指標であり、相場への影響も大きいです。予想を下回った場合、円が売られる可能性があります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す