バイナリーオプション投資相場週報【2020年10月第3週】

バイナリーオプションの先週(2020年10月12日~10月16日)の相場の振り返りと、今週(2020年10月19日~10月23日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(2020年10月12日~10月16日)

先週(2020年10月12日~10月16日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

今週は小幅な値動きで、概ねドル安円高となりました。最高値は週初の105.724円、最安値は水曜日の105.037円で、少し戻して105.391円での越週となりました。ジョンソン・エンド・ジョンソンが新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験の中断を発表し、ワクチン開発への期待が萎んでドルが売られる流れとなりました。その他、米国の大統領選挙や欧米での新型コロナウイルス感染再拡大が懸念され、安全資産とされる円が買われやすい相場となりました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場はユーロ安ドル高のトレンドで、最高値は1.183030ドル、最安値は1.168810ドルです。反発して1.171580ドルで週末を迎えています。ドル円相場ど登場、ジョンソン・エンド・ジョンソンが新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を中断したことや、さらに英国とEUの通商交渉が難航していることから、リスクオフムードが広がって相場下落につながっています。

ユーロ円相場

ユーロ円相場はユーロ安円高トレンドで、最高値は週初の124.934円、最安値は123.018円でした。少し戻して123.480円で週末を迎えています。英国とEUの通商交渉が難航して英国の合意なきEU離脱の懸念が高まっており、また欧州での新型コロナウイルス感染再拡大の影響もあり、安全資産とされる円が買われる1週間となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】9月 消費者物価指数(CPI) [前月比]

前回は0.4%、今回予想は0.2%、結果も0.2%と予想どおりとなりました。
CPIの発表は基本的には予想どおりで、前年同月比のコア指数のみ予想を下回りましたが、相場への影響は限定的でした。

新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験中断などより大きなニュースの影響を受けた形です。

【欧州】9月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

前回は-0.3%、今回予想は-0.3%、結果も-0.3%と予想どおりとなりました。
改定値でのサプライズは無く、相場への影響も限定的でした。HICPコア指数も同様に予想どおりの結果です。

【米国】9月 小売売上高 [前月比]

前回は0.6%、今回予想は0.7%、結果は1.9%と予想を上回りました。
予想を大きく上回る結果となり、新型コロナウイルスに伴う経済後退の影響から脱しつつあることがうかがえます。

しかし、今後の再拡大と再ロックダウンも懸念されるため、油断は禁物です。

【米国】9月 小売売上高(除自動車) [前月比]

前回は0.7%、今回予想は0.5%、結果は1.5%と予想を上回りました。
予想を大きく上回る結果となり、ドル買いの材料になりました。

今週の見通し(2020年10月19日~10月23日)

今週(2020年10月19日~10月23日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

大統領選挙に向けた討論や発信、両者の支持率の変動などが、ドル円相場の主なリスクになると考えられます。

また、米国では各地で新型コロナウイルス感染の第2波が来ているのではないかと不安視されています。
日本も例外ではありませんが、再び経済活動が停止するような事態になれば、ドルが大きく売られると考えられます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場の主なリスクは、米国の大統領選を控えた発言や報道、英国とEUの通商交渉の行方などです。
また、欧米で新型コロナウイルス感染が再び広がっていることから、主要都市のロックダウンが起きればドルもユーロも売られる可能性が高いです。

なお、オランダやチェコでは部分的にロックダウンが敷かれています。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は、ファンダメンタルズ的にはユーロ安円高になりやすいと考えられます。
欧米で新型コロナウイルスの感染者がまた増加しているため、リスクオフムードが広がって安全資産とされる円が買われやすい傾向にあるためです。

なお、日本も再び新型コロナウイルスの感染者数が増えるかもしれない局面に来ており、警戒が必要です。
北半球はこれから冬に近づいていくため、感染者が増えてロックダウンになる可能性があります。

今週の重要経済指標(2020年10月19日~10月23日)

今週(2020年10月19日~10月23日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

発表日時:10/19 21:00
新型コロナウイルスの影響で後退した経済への対策に関する発言が期待されます。特にゼロ金利をいつまで継続するか、マイナス金利はあり得るかといったテーマは相場の注目度が高く、為替レートへの影響も大きいと考えられます。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

発表日時:10/23 08:30
前回は0.2%、今回予想は0.0%です。消費者物価指数は、消費者が景気をどう感じているかを表すと解釈される重要な経済指標です。予想を上回る結果になれば、円が買われると考えられます。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

発表日時:10/23 08:30
前回は-0.4%、今回予想も-0.4%です。マイナスの予想が出ており、前年より悪化する見込みが示されています。予想を上回る結果が出た場合、新型コロナウイルスに伴う経済後退があまり深刻ではないと受け止められるため、円が買われる可能性があります。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

発表日時:10/23 08:30
前回は-0.1%、今回予想も-0.1%です。予想を下回る結果になった場合、景気の後退が示唆されるため、円が売られると考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す