バイナリーオプション投資相場週報【2020年10月第4週】

バイナリーオプションの先週(2020年10月19日~10月23日)の相場の振り返りと、今週(2020年10月26日~10月30日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。”

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(2020年10月19日~10月23日)

先週(2020年10月19日~10月23日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

ドル円相場は火曜日に最高値105.747円をつけると大きく下落し、水曜日には最安値104.342円をつけました。下落の要因となったのは、米国の追加経済対策への期待が後退したことが大きいです。そのままドルを買い戻す材料が無いまま週末を迎えています。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は概ね上昇相場で、週初めの最安値1.170310ドルから最高値1.188070ドルまで緩やかに上昇しました。その後は方向感が無く、1.186090円で週末を迎えています。米国の追加経済対策への期待が後退してドルが売られたことなどが、上昇の要因となっています。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は週の初めに最安値123.365円をつけると上昇し、最高値124.997をつけています。反発して下落し、最終的には124.190円で越週となりました。欧州では英国とEUの交渉がまとまらず、合意なきEU離脱リスクが再燃しています。また、新型コロナウイルスの感染も再拡大しつつあり、ユーロが売られる材料となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

前回は-0.4%、今回予想は-0.4%、結果は-0.3%と予想を上回りました。ただし前年同月比でマイナスの結果であり、新型コロナウイルスによる景気の冷え込みが見て取られる結果となりました。円が買われる材料とはなったものの、先行きへの不安が残る結果であり、大きな円買い材料にはなりませんでした。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

前回は-0.1%、今回予想は-0.1%、結果は0.0%と予想を上回りました。エネルギーを除く指標も同様で、予想よりは良い結果だったものの、景気の冷え込みが見えるため、大きな円買い材料とはなりませんでした。

今週の見通し(2020年10月26日~10月30日)

今週(2020年10月26日~10月30日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

今週も引き続き、新型コロナウイルスの感染再拡大や米国の大統領選挙が主なリスクになると考えられます。大統領選挙は11月3日と間近に迫ってきているので、ドルを買うよりは売る勢力の方が強く、様子見ムードが広がると予想できます。その他、米中対立や米国の経済対策の遅れなどのリスクもあり、ファンダメンタルズ的にはドル売り円買いの流れになると考えられます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場も、引き続き新型コロナウイルスの感染再拡大が大きなリスクとなります。フランスやドイツでは感染者数が過去最多に上るなど、深刻な第2波が到来しており、ロックダウンによって経済が止まる恐れがあります。一方、米国は大統領選挙を控えており、ドルも積極的には買われにくい状態と考えられます。よってユーロドル相場は予想が難しく、方向感を見出しにくい相場になる可能性があります。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は、ファンダメンタルズ的には売り材料が多く、ユーロ安円高の傾向になると考えられます。欧州では新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、再びロックダウンが行われるリスクがあります。また、英国とEUの交渉がまとまらず、合意なきEU離脱リスクも再燃しており、ユーロ売りの材料の方が多い状態です。

今週の重要経済指標(2020年10月26日~10月30日)

今週(2020年10月26日~10月30日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

発表日時:10/26 23:00
前回は101.1万件、今回予想は102.5万件です。予想を下回る結果が出た場合、ドルが売られると考えられます。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [前月比]

発表日時:10/26 23:00
前回は4.8%、今回予想は1.3%です。若干の伸びが予想されており、予想を上回る結果が出た場合、ドルが買われると考えられます。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]

発表日時:10/29 21:30
前回は-31.4%、今回予想は31.8%です。予想を上回る結果が出た場合、米国経済の強さを見せつけることとなり、ドルが買われる可能性があります。余談ですが、トランプ大統領の支持率にも影響があるかもしれません。

【欧州】ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

発表日時:10/29 22:30
政策金利は引き続き0.00%と予想されており、おそらく変更はないと見られます。欧州では再びロックダウンが懸念されるほど新型コロナウイルスの感染者が増えており、ラガルド総裁の経済対策に関する発言にも注目が集まります。

【日本】日銀展望レポート

発表日時:10/29 未定
日銀展望レポートは、日本経済や物価の見通しに基づいて今後どのように金融政策を行うかをまとめたレポートです。金融政策の内容は為替レートにも大きく影響するため、発表後の相場の動きを確認してから取引しましょう。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比]

発表日時:10/30 19:00
前回は-11.8%、今回予想は9.5%です。予想を上回る結果が出た場合、ユーロが買われると考えられます。

【米国】7-9月期 四半期雇用コスト指数 [前期比]

発表日時:10/30 21:30
前回は0.5%、今回予想は0.6%です。これは四半期ごとに発表される指数で、賃金・給与など企業が負担する雇用コストを示す指標です。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す