バイナリーオプション投資相場週報【2020年11月第1週】

バイナリーオプションの先週(2020年10月26日~10月30日)の相場の振り返りと、今週(2020年11月2日~11月6日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。”

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(2020年10月26日~10月30日)

先週(2020年10月26日~10月30日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

ドル円相場は概ねドル安円高で、最高値は週初めの105.053円をつけ、最安値104.025円まで下落しました。
その後反発して104.680円で週末を迎えています。

国の大統領選挙を11月3日に控えているので積極的なドル買いはされにくい相場でしたが、ユーロが大きく売られたため相対的にドルが買われ、ドル円相場が反発しました。

また、米国株式の下落が引き金となってドルを売って円を買う流れもありました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は全体的にユーロ安ドルとなりました。
最高値は週初めの1.186430ドル、最安値は週の終わりの1.164220ドルとなっています。

ユーロ安の要因としては、欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることが大きいです。
フランスとドイツでは再びロックダウンが決まり、ユーロ売りにつながりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も全体的に綺麗なユーロ安円高となりました。
最高値は週初めの124.225円、最安値は週の終わりの121.618円です。ユーロドル相場と同様、欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大やロックダウンがユーロ売りの材料となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]
前回は101.1万件、今回予想は102.5万件、結果は95.9万件と予想を下回りました。
予想を下回る結果となったため、ドル売りの材料となりました。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]
前回は-31.4%、今回予想は31.0%、結果は33.1%と予想を上回りました。
予想を上回る結果となったため、ドルが買われる材料となりました。

【欧州】欧州中央銀行(ECB)政策金利
前回は0.00%、今回予想は0.00%、結果も0.00%と予想どおりとなりました。
政策金利は据え置きとなりましたが、ラガルドECB総裁は会見で追加の経済対策について言及しており、さらなる金融緩和が行われると予想されます。

これを受け、市場ではリスクオフムードが広がってユーロが売られました。

【日本】日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
前回は-0.10%、今回予想は-0.10%、結果も-0.10%と予想どおりとなりました。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比]
前回は-11.8%、今回予想は9.4%、結果は12.7%と予想を上回りました。
ユーロ買いの材料になるかと思われましたが、欧州での新型コロナウイルス感染の再拡大への懸念が大きく、目立ってユーロが買われるほどにはなりませんでした。

【欧州】10月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]
前回は0.2%、今回予想は0.2%、結果も0.2%と予想どおりとなりました。
HICPコア指数は予想どおりで前月より伸びていることが分かりますが、ユーロ売りのトレンドを変えるほどの影響はありませんでした。

今週の見通し(2020年11月2日~11月6日)

今週(2020年11月2日~11月6日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

ドル円相場は11月3日の大統領選の前後でトレンドが変わる可能性があります。
とはいえ、今回は郵便投票の開票に時間がかかる可能性があり、3日に大統領が決定しない可能性があります。

どちらの候補に決まるか分からない状況が続くと、為替相場も方向感を掴みにくくなると考えられます。

また、開票に時間がかかると予想されるのですが、途中で候補者が勝利宣言を行う可能性があります。
本当に大統領が決定したのか、ただ勝利宣言を行っただけなのか理解し、情報に翻弄されないように取引しましょう。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は、米国の大統領選挙と欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大が重要なポイントとなります。

大統領選挙は、ドル円相場で述べたように情報が錯綜する可能性が高いので、デマに惑わされずに取引しましょう。

欧州はフランスとドイツがロックダウンに踏み切り、しばらくはユーロが買い控えられると考えられます。
さらに欧州は英国とEUの通商交渉が難航しているリスクもあり、ファンダメンタルズ的にはユーロは買われにくい状態です。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も、欧州での新型コロナウイルス感染再拡大や英国とEUの通商交渉の難航といったリスクがあります。
ファンダメンタルズ的にはユーロは買われにくいので、ユーロ安円高になる可能性が高いです。

今週の重要経済指標(2020年11月2日~11月6日)

今週(2020年11月2日~11月6日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】10月 ISM製造業景況指数

発表日時:11/2 00:00
前回は55.4、今回予想は55.8です。50を超えると好況と解釈される指標で、前回を上回る予想が出ています。さらに予想を上回れば、ドルが買われる可能性があります。

【米国】10月 ISM非製造業景況指数(総合)

発表日時:11/4 00:00
前回は57.8、今回予想は57.4です。予想を下回った場合、ファンダメンタルズ的なリスクもあるため、ドルが大きく売られる可能性があります。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

発表日時:11/5 04:30
大統領選挙の後の会見になるため、重要な発言があるかもしれません。FRB議長の発言も為替レートに影響するので、内容を確かめてから取引しましょう。

【米国】10月 失業率

発表日時:11/6 22:30
前回は7.9%、今回予想は7.7%です。若干の改善が予想されており、予想より低い失業率が出ればドルが買われる可能性があります。

【米国】10月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

発表日時:11/6 22:30
前回は66.1万人、今回予想は60.0万人です。予想を上回る結果が出れば、ドルが買われると考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す