バイナリーオプション投資相場週報【2020年3月第2週】

バイナリーオプションの先週(2020年3月2日~3月6日)の相場の振り返りと、今週(3月9日~3月13日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(3月2日~3月6日)

先週(2019年3月2日~3月6日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

ドル円相場は一貫してドル安円高の流れでした。108円台から下落の一途で、最安値は105円を割り込む104.983円をつけ、105.373円で週末を迎えました。新型コロナウイルスの感染拡大にともない、安全資産とされる円が買われているのが主な要因です。世界的な株安状態にもなり、米国は緊急利下げを行いました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場はユーロ高ドル安の流れとなりました。米国の経済指標が冴えなかったことや、米国の緊急利下げがあったため、ドルが売られる展開となりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場はユーロ安円高の流れとなりました。週の初めにつけた最高値120.947円から下落し、最安値118.968円で週末を迎えました。新型コロナウイルスの拡大がイタリアを始め欧州でも止まらず、安全資産とされる円に買いが殺到する状況となっています。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】2月 ISM製造業景況指数
前回は50.9、今回予想は50.5、結果は50.1と予想を下回りました。50を超えれば好況と解釈される指標ですが、ギリギリの結果となり、予想も下回ったため、ドル売りの材料となりました。

【米国】2月 ADP雇用統計 [前月比]
前回は29.1万人、今回予想は17.0万人、結果は18.3万人と予想を上回りました。予想を上回ったことでドル買いに結びつくと考えられましたが、新型コロナウイルスの感染拡大リスクや緊急利下げの影響の方が大きく、ドル高のトレンドを作るには至りませんでした。

【米国】2月 ISM非製造業景況指数(総合)
前回は55.5、今回予想は54.9、結果は57.3と予想を上回りました。今回は良い結果が出ましたが、新型コロナウイルスの影響が指標に現れるのは今後と考えられ、様子見ムードが多かったのか今回特にドルが買われることはありませんでした。

【米国】2月 失業率
前回は3.6%、今回予想は3.6%、結果は3.5%と予想を下回りました。雇用統計は良好な結果が出ていますが、新型コロナウイルスによる景気後退がまだ織り込まれていないため、ドル買いには結びつきませんでした。

【米国】2月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]
前回は22.5万人、今回予想は17.5万人、結果は27.3万人と予想を上回りました。予想を上回り、かつ前回も上回る良い結果でした。しかし、世界的なリスクオフムードの方が強く、ドル高には至りませんでした。

今週の見通し(3月9日~3月13日)

今週(2019年3月9日~3月13日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

引き続き、新型コロナウイルスによるリスクに振り回される週となりそうです。国内はまだ学校が一斉休校の期間になるため、感染者数は横ばいで推移すると考えられ、円高になる可能性の方が高いと考えられます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は展開が読みにくいです。新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済にとって最も大きいリスクとなっており、欧州も米国もこれから広がって経済に影響が出ると考えられるからです。どちらの通貨がより多く売られるかを予想するのは大変難しいので、可能であれば、安全資産として買われやすくなっている円の通貨ペアで取引するのがおすすめです。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も、新型コロナウイルスにともなうリスク回避のためユーロ安円高の傾向が続くと考えられます。欧州中央銀行の総裁が定例の会見を行うので、そこで経済を支える対策が発表されると考えられます。その内容によっては、ユーロが買われる可能性もあります。

今週の重要経済指標(3月9日~3月13日)

今週(2019年3月9日~3月13日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【日本】10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]

発表日時:3/9 08:50
前回は-1.6%、今回予想は-1.7%です。新型コロナウイルスの影響が出る前の四半期のGDPのため、大きなサプライズは無いと考えられます。

【欧州】10-12月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前期比]

発表日時:3/10 19:00
前回は0.1%、今回予想も0.1%です。新型コロナウイルスの影響が出る前の四半期のGDPのため、相場への影響は限定的と考えられます。とはいえ、予想を裏切る結果となる可能性もあるので、発表時刻を跨いだ取引はやめておきましょう。

【米国】2月 消費者物価指数(CPI) [前月比]

発表日時:3/11 21:30
前回は0.1%、今回予想は0.0%です。2月の指標のため、新型コロナウイルスによる経済への影響が結果にも出始める可能性があります。予想を下回る結果になればドルが売られると考えられます。

【米国】2月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]

発表日時:3/11 21:30
前回は0.2%、今回予想も0.2%です。新型コロナウイルスの影響が結果にも現れる可能性があります。予想を下回る結果となれば、ドルが売られる材料になるでしょう。

【欧州】欧州中央銀行(ECB)政策金利

発表日時:3/12 21:45
前回は0.00%、今回予想も0.00%です。米国は緊急利下げを行いましたが、欧州は既に金利が0.00%となっており、マイナス金利にしないならば、これ以上は下げられない状態です。新型コロナウイルスによる経済ショックに対してどう対応するのか、ECB総裁の会見内容も踏まえて取引しましょう。

【欧州】ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

発表日時:3/12 22:30
政策金利の発表に加え、ECB総裁による会見内容も必見です。新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済もダメージを受けており、どのような金融政策を考えているかに注目が集まっています。内容が良ければ、ユーロが買われる材料となる可能性もあります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す