バイナリーオプション投資相場週報【2020年3月第3週】


バイナリーオプションの先週(2019年3月9日~3月13日)の相場の振り返りと、今週(3月16日~3月20日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(3月9日~3月13日)

先週(2019年3月9日~3月13日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

乱高下が激しい1週間で、最安値101.201円、最高値108.504とまさにジェットコースターのような相場でした。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大リスクを背景にドル安円高に進むと思いきや、単純な動きをしなかったのも、先週の大きな特徴です。基本的にはリスク回避ムードですが、日銀のETF買入れの噂や米トランプ大統領による景気対策を材料に108円台まで相場が戻しました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は概ねユーロ安ドル高で、最高値1.149410ドル、最安値1.105460となりました。先週の間にイタリア、スペイン、フランスなど欧州圏で新型コロナウイルスの感染者数が一気に増加したため、欧州経済への不安感からユーロが売られる形となりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は乱高下が著しい1週間となりました。最安値116.124円、最高値120.316円で、方向感は無くこのレンジを行き来する相場となりました。世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、各国の対応もさまざまであり、市場の参加者も何が正解か分からず短期的にポジションを取っていることが分かります。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【日本】10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]

前回は-1.6%、今回予想は-1.7%、結果は-1.8%と予想を上回りました。消費増税によって消費が冷え込んだことが予想を下回った主な要因となっており、日本経済への不安感から円が売られました。

【日本】10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [年率換算]

前回は-6.3%、今回予想は-6.6%、結果は-7.1%と予想を上回りました。消費増税で消費が冷え込んだことが主な要因です。新型コロナウイルスによる景気後退は1月以降のGDPに影響するため、今-7.1%では先が思いやられる、と不安を煽った形となります。

今週の見通し(3月16日~3月20日)

今週(2019年3月16日~3月20日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

引き続き、新型コロナウイルス感染拡大とともに、市場もより混乱することになると考えられます。米国は感染者が出始めた段階で、今週一気に感染者数が膨らむ可能性があり、不安が広がれば米ドルが売られるでしょう。また、国内では安倍首相が19日に休校やイベント自粛の要請について新たな発表を行う予定です。内容次第ですが、厳しい自粛ムードが続けば国内の企業の倒産などが増えると考えられ、円が売られると予想されます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場も新型コロナウイルスの感染拡大による混乱のため、引き続き乱高下する相場になると考えられます。欧州圏ではイタリアで医療崩壊が起きているとも言われており、今後も感染者数の増加や経済への打撃を避けられないでしょう。また、米国内でも感染者が徐々に増えてきており、今週中に急増する可能性もあります。パニックに陥れば市場の乱高下や取引停止もあり得るので、できれば短期での取引をおすすめします。

ユーロ円相場

ユーロ円も乱高下が続くと予想されます。国内では安倍首相が19日に会見を行います。その内容によって円が買われるか売られるか分かれると考えられます。また、欧州圏ではイタリアで医療崩壊が起きているとされており、他の国でも同様の事態が起こるのではないかと懸念されています。どの国も暴落のリスクを抱えており予想しにくいので、バイナリーオプションに取り組む方は短期的なポジションを取ることをおすすめします。

今週の重要経済指標(3月16日~3月20日)

今週(2019年3月16日~3月20日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】2月 小売売上高 [前月比]

発表日時:3/17 21:30
前回は0.3%、今回予想は0.2%です。2月時点ではまだ米国に感染が広がっていなかったため、今回発表される指標は新型コロナウイルスの影響を織り込んでいません。しかし、予想を下回った場合、3月以降はウイルスによる経済停滞の影響が出てもっと深刻になる、と考えられるため、ドルが大きく売られると考えられます。

【米国】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

発表日時:3/18 03:00
前回は1.00-1.25%、今回予想は0.50-0.75%です。新型コロナウイルス感染拡大が経済に深刻に影響することは予想できているので、米国は金利を下げて経済を支えようとしています。予想どおりの利下げ幅であれば相場に大きな影響は無いと考えられますが、予想より大幅な利下げとなれば、ドルが買われる可能性が高くなります。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

発表日時:3/18 03:30
利下げはほぼ確実ですが、まだゼロ金利にはならないので、今後も利下げすることはできます。FRB議長が今後の利下げを匂わせる発言をすれば、ドルが買われると考えられます。

【日本】2月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

発表日時:3/19 08:30
前回は0.7%、今回予想は0.5%です。2月の消費者物価指数なので、新型コロナウイルスによる経済への打撃がある程度織り込まれて来ると考えられます。予想を大きく下回った場合、影響が予想より深刻と解釈されるため、円売りの材料になるでしょう。

【日本】黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

発表日時:3/19 15:30
新型コロナウイルスの経済への打撃に対して、日銀がどのような施策を打つのか注目が集まります。上述のとおり米国はまず利下げで対策していますが、既にマイナス金利となっている日本でこれ以上の利下げが行われることは考えにくいです。会見内容でポジティブな対策案が示されれば、円が買われる可能性もあります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す