バイナリーオプション投資相場週報【2020年4月第3週】

バイナリーオプションの先週(2019年4月13日~4月17日)の相場の振り返りと、今週(4月20日~4月24日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(4月13日~4月17日)

先週(2019年4月13日~4月17日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

ドル円相場は、前半はドル安円高、後半はヨコヨコの展開となりました。最高値108.506円、最安値106.913円で、107.563円で週末を迎えました。IMFが「世界経済の成長率はマイナス3.0%に落ち込む」との見通しを発表したことなどから、基本的にはリスク回避ムードが強く、ドル売りの圧力が強い1週間となりました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は方向感のつかみにくい状態のまま大きく変動しました。全体的にはややユーロ安ドル高の傾向があります。最高値1.099ドル、最安値1.081ドル、最終的は1.087ドルで週末を迎えています。欧州圏では新型コロナウイルス感染者の増加のペースが鈍くなってきていることなどから、ユーロを買い戻す動きがありました。一方で、世界経済の成長率がマイナス3.0%に落ち込むとIMFが発表したことなどから、再びリスクオフムードが広がり、ユーロが売られることになりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場はユーロ安円高の流れとなり、最高値118.690円、最安値116.554円で、116.961円で週末を迎えました。新型コロナウイルスの感染者数が世界的に拡大しており、リスク回避ムードが広がっていることが大きな要因となり、円が買われる流れとなりました。また、中国や韓国で回復した人がまた陽性になるケースが多く見られており、感染の収束目処が怪しくなってきたことも、安全資産とされる円が買われる材料となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】3月 小売売上高 [前月比]
前回は-0.5%、今回予想は-8.0%、結果は-8.7%と予想を下回りました。外出制限などもあり、予想以上に消費が低迷しているということで、ドル売りの材料となりました。

【米国】3月 小売売上高(除自動車) [前月比]
前回は-0.4%、今回予想は-5.0%、結果は-4.5%と予想を上回りました。自動車を除いた小売売上高では予想より良い結果となりましたが、焼け石に水状態で、ドル買いを支える材料とまではいきませんでした。

【欧州】3月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]
前回は0.7%、今回予想は0.7%、結果も0.7%と予想どおりとなりました。改定値が動くと相場にも影響しやすいのですが、今回は予想通りだったため、大きな影響はありませんでした。新型コロナウイルスに伴う外出制限や営業の制限で景気の後退が懸念されており、今月以降は物価にも悪影響が出るかもしれません。今後は変動が大きくなるかもしれないので、引き続き注視していきましょう。

【欧州】3月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]
前回は1.0%、今回予想は1.0%、結果も1.0%と予想どおりとなりました。HICPと同様に、今回は大きな影響はありませんでしたが、サプライズがあると相場に影響する指標なので、今後も注視していきましょう。

今週の見通し(4月20日~4月24日)

今週(2019年4月20日~4月24日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

日本と米国を比較すると、米国の方が量的緩和の余地が大きいので、利下げなどによりドルが売られる可能性の方が高いです。基本的にはドル安円高の傾向になりやすいでしょう。ただし、国内でも感染者が急増しており、医療崩壊が起こるようなことになれば、円が売られる可能性も出てきます。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は、引き続き方向感が見えにくい変動になりそうです。欧州では感染者数の増加が鈍化してきているので、経済を再開させる取り組みが出てきそうです。政策の内容によっては、ユーロが買われる材料になるでしょう。ただし、第二波、第三波が来て感染者数が再び急増する可能性もあり、そうなればユーロが売られると考えられます。バイナリーオプションでも、情報に敏感になって臨機応変に取引しましょう。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は、基本的にはユーロ安円高になりやすいと考えられます。世界的なリスクオフムードはまだ収束せず、安全資産の円の方が買われやすい状態だからです。ただし、国内でも感染者数が急増しており、全国に緊急事態宣言が出されたばかりでもあります。日本経済に期待できる状態ではないので、新規の感染者数が収まってきている欧州圏に期待が移り、ユーロが買われる可能性もあります。

今週の重要経済指標(4月20日~4月24日)

今週(2019年4月20日~4月24日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】3月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

発表日時:4/23 23:00
前回は76.5万件、今回予想は64.3万件です。新型コロナウイルスの拡大に伴う経済へのダメージが考慮されて、大幅に減少する予想となっています。裏を返せば、減少は織り込み済みと言うことなので、予想を上回る結果が出ればドルが買われる可能性があります。

【米国】3月 新築住宅販売件数 [前月比]

発表日時:4/23 23:00
前回は-4.4%、今回予想は-16.0%です。先月に引き続きマイナスの要素となっているのは、新型コロナウイルスの経済への影響が大きいからです。悪い予想は既に市場に織り込まれているので、予想を上回る結果になれば、ドルが買われる可能性があります。

【日本】3月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

発表日時:4/24 08:30
前回は0.4%、今回予想も0.4%です。新型コロナウイルスに伴う景気後退がすぐに物価に現れるとは考えにくいのですが、結果が予想を下回れば円が売られる可能性があります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す