ストライクトレードは稼げない!詐欺である3つの理由を完全暴露


ハイローオーストラリアトレーダーなら、はたけTVというYouTube動画を見たことがあるかもしれません。
Yahoo!広告でも表示されるので、ハイローオーストラリアで投資をしている人ならば、見かける機会は多いはずです。

はたけTVでは、『ストライクトレード』というサインツールを紹介しています。

ストライクトレード紹介ページ

このページでは、はたけTVで何気なく宣伝をしているストライクトレードが、本当に信用してよいサインツールなのかを考察してみました。

ストライクトレードとは

まずは、ストライクトレードが何なのかということを解説します。
ストライクトレードとは、バイナリーオプション専用のサインツールです。

MT4に導入し、エントリータイミングをチャート上に表示するだけでなく、アラーム機能も備わっています。
ストライクトレードを知るために、ストライクトレードを紹介している『はたけTV』に注目してみましょう。

はたけTVとは

稼ぐ系バラエティ『はたけTV』とは、youtuberのはたけ氏が旅をしながらお金を稼げるかをYouTubeを利用して紹介しているチャンネルです。

そして「はたけTV稼ぐ系実験バラエティ」では、バイナリーオプションの手法や、何気なしに使用しているストライクトレードを紹介しています。

もともとはFXの経験のあるはたけ氏、その知識は豊富で、 テクニカル分析の説明など初心者に人にはとてもためになる動画も多数あり、ある程度は学べる動画となっています。
ハイローオーストラリアを始めたばかりの人は、学ぶために視聴するのもいいかもしれません。

ストライクトレードが紹介された経緯

はたけTVでは、最初のころの動画はさりげなくサインツールを見せていました
テクニカル分析などを紹介している回のはたけTVでは、さりげなくストライクトレードがローソク足に表示されており、なかなかそれには触れない動画が続きます。

はたけTVを見ながら「はたけ氏のチャートには矢印が出るが、私のMT4では出ない」と不思議に思った人もいることでしょう。

公開されているはたけTVを古い方から順番に見ていると数回目の動画で、はたけ氏から次のような発言がありました。

コメントでサインツールが気になる人から何を利用されているのですか?という質問を貰った」という内容で、ストライクトレードを紹介します。

今までは、無料で利用できるテクニカル分析を教えていた動画、その中でサインツールを何気なしに見せ、興味を持たせた後にストライクトレードを紹介、これはとてもうまい商法です。

また、はたけTVの違う回では詐欺ツールを紹介するものもあり、ハイローオーストラリアを始めたばかりの視聴者は、信頼を寄せる人もいたかもしれません。

もしかするとはたけTVは、ストライクトレードを販売するために最初から考えて作られたチャンネルであるかもしれません。

ストライクトレードの概要

ストライクトレードは「これだけで一生稼げる最強ツール」という宣伝文句で紹介されるサインツールです。
その価格は当初198,000円という高額のものでしたが、現在79,800円まで値下げをしています。

ストライクトレードの内容は逆張り手法で、シグナルはチャートに矢印にて表示され、さらにアラート音で知らせてくれます。

全通貨・全時間に対応しており、1マーチンを利用したときの勝率は80%前後となっているようです。

ストライクEXとは

はたけTVで紹介されているサインツールは、ストライクトレードだけではありません。

ストライクトレードの販売からしばらく経ったあと、『ストライクEX』というツールが、はたけTVで紹介されました。
しかし、ストライクEXはほぼストライクトレードと変わらないようです。

価格ははたけ氏のメルマガ登録を行えば79,800円です。今回も逆張り手法を採用しているようで、違う点はメルマガを利用して販売するようになった点になります。

ストライクEXは購入価値なし?

本来のストライクEXの販売価格198,000円、はたけ氏のメルマガに登録すると5日間の期間限定で、79,800円にて販売するというものでした。

ストライクEXの当初の価格は、ストライクトレードと変わらない価格に設定されています。そしてストライクEXでは、期間限定という日本人が好むフレーズを使用してきました。

ためしにはたけ氏のメルマガに登録すると、毎日購入しなくていいの?と言った内容でメールが送信されてきます。

「バラ色の人生をふいにして良いの?」と言った内容を、5日間毎日送信してくるのだから驚きです。

それでも購入をしないでいいるとどうなるか?ためしに購入せずにいると、「値段が高すぎましたか?」といった内容で、価格が安い別のツールを販売してきました。

ストライクトレードと概要に大きな違いがないことから、新規の顧客を入れるために名前を変えて販売したのかな?と思える内容です。

億トレとの違い

億トレとは、数年前に販売されていたサインツールです。ストライクEXに似ていると、他のサイトでも噂になりました。
ストライクEXと億トレを表示させた2つのチャートを見ると確かにそっくりで、違いを説明する方が難しいぐらいです。

ただ、左上に表示される勝率が異なっていることから、若干の工夫をストライクEXには施しているように感じられ、その点が違うのではないでしょうか。

今回紹介した「ストライクトレード」「ストライクEX」「億トレ」はどれも似すぎていることから、どれを購入しても大差が無いように考えることができます。

ストライクトレードの勝率

ストライクトレードの勝率は80%前後で紹介されています。
勝率80%であればハイローオーストラリアで確実に利益を出せる数値です。「これだけで一生稼げる最強ツール」と謳うだけのことはあります。

しかし1マーチンを加えた勝率と記載があります。
そうなると話は別です。
なぜなら、1回目敗北、2回目倍がけで勝利した場合、敗北はカウントせず勝利としてカウントするからです(詳しくは後述します)。

初心者の人は、騙されるかもしれません。はたけTVでこれ見よがしに見せている勝率は、1回勝負での勝率ではないのです。

ストライクトレードで稼げないと考える理由

ストライクトレードは稼げないと判断できる理由について具体的に解説していきます。

1マーチンを含んだ勝率であること

サインツールを購入するにあたり、気を付けなければならない点は、『マーチンゲール法を用いていない勝率で紹介しているか』になります。

マーチンゲール法を利用すれば勝率が高くなるのは当たり前です。
マーチンゲール法とは負けた時に倍掛けをし、1回目の損益を無くし利益をだす賭け方です。

10,000円で負けたら次は20,000円でエントリーをします。
これで勝利すれば、1回目の負け分を取り戻しながら利益を出せるのです。

マーチンゲールの勝利シミュレーション

勝率50%の手法で、マーチンゲール法を用いたときは、どのような勝率になるでしょうか?

10回のエントリーで「✖〇✖〇✖〇✖〇✖〇」負けと勝ちを交互に繰り返した場合での勝率は50%です。

ではこの結果を1マーチンに当てはめるとどのような勝率になるでしょうか?
1回目に負けた後、2回目で勝っていることからマーチンが成功していると考え、勝率100%になります。

ここで言いたいのは、1マーチンを利用することで、勝率の広告が素晴らしい数値に見えてしまうことになります。

「80%の勝率って高い」と思われるかもしれませんが、それは錯覚です。
マーチンゲールというリスクを利用した手法なので、惑わされてはいけません。

勝率を高く見せ、ストライクトレードを購入されやすくしているだけ、そのように考えてください。

1マーチンを利用した場合の利益比較

更にわかりやすくするため、条件を比較して考えてみましょう。

「勝率60%の手法、掛け金は1,000円で一律、ペイアウト率1.9」

まずは、この方法で5回取引をしたとします。5回の取引を勝率60%で考えると、3勝2敗になるはずです。

ここから利益を計算すると、1,000円(掛け金)×1.9(ペイアウト率)×3(勝利回数)-5,000(5回の投資金額)=700円の利益が出ると予想できます。

次はマーチンゲール法を利用した場合です。

「勝率80%のマーチンゲール法込みの手法、掛け金は1,000円から、ペイアウト率1.9」

勝率80%の手法ならば、4勝1敗になることも考えられます。

例えば、4連勝した後に2連敗した場合、1マーチンで考えると4勝1敗で勝率80%となるのです。1マーチンの勝率は、2回目の勝利込みの勝率、負けるときは2連敗したときのみです。

この場合の利益は、1,000×4×1.9-4,000=3,600円、ここから1マーチンで負けた3,000円を引くので利益が600円になります。

1マーチンを利用した勝率80%と、マーチンを利用しない勝率60%、利益に換算すると対した違いが無くなるのです。

ただマーチンゲール法を用いた場合の勝率はもっと複雑な計算になるので、一概にこのとおりになるとは言い切れませんが、利益が読みずらいという点は変わりません。
つまり1マーチンを利用する場合、利益が安定しないことが予測できるのです。

万が一4連敗したときの損失は、とても高く取り戻すのも大変、冷静な状態でいるのは難しいと考えることができます。

マーチンゲール法を用いた手法でサインツールを売るのは、広告を良くすることから、そのサインツールに自信が無いからです。
マーチンゲール法を用いた手法では、利益が安定することはありません。

販売元会社が怪しい

ストライクトレードを販売している会社は、LIQUE pte. ltdです。販売会社であるLIQUE pte. ltdがあまりにも評判が悪く、とても購入をおすすめできない会社となっています。

LIQUE pte. ltd(外部リンク)

その理由は、住所や電話番後は海外を利用しており、万が一問題があったとしても対応がしにくいためです。
海外からの購入はリスクが高くなるのです。

海外から商品を購入するときは、騙されても対処しようがないことを覚悟し購入する必要があります。
もし騙されたとしても、取り返そうとする費用の方が高くついてしまう場合があるからです。

それだけの信用をLIQUE pte. ltdにすることができません。
ちなみにストライクEXも同じLIQUE pte. ltdが販売を行っています。

はたけTVについて

はたけTVは、テクニカルツールの使い方や、ローソク足の見方など勉強になる内容もたくさんあります。

ただ、サインツールになると話は別です。はたけ氏の話している内容はとても信頼をすることができなくなるのです。

なぜかというと、ストライクトレードを解説する内容にムラがあると言えます。
あるときは『ストライクトレードのサインだけでも勝てる』と説明、またあるときは、『いくつかの裁量をプラスする必要がある』と話しています。
いったいどっちなの?と言いたくなる内容です。

さらに、次から次へと有料のサインツールを紹介しており、どれが本当に信頼できるの?と疑いたくなります。
アフィリエイトのため、金儲けのためかと思うのも無理がないくらいサインツールを紹介していることがメルマガからも感じ取れます。

ストライクトレードの「これだけで一生稼げる最強ツール」という宣伝文句は、数多くの有料サインツールを紹介しているはたけ氏を見ていると、信用性ががた落ちとなります。

はたけ氏もサインツール販売に夢中で、購入者の気持ちは置き去りになってしまったのでしょうか。

あれだけのYahoo広告を行っているので、相当稼げているとは思いますが、はたけTVからストライクトレードなどのサインツールを購入するのはおすすめできません。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す