バイナリーオプションのライセンスを持つ業者比較

バイナリーオプションは何歳から?未成年で口座開設できる裏技とは!?

バイナリーオプションと年齢の画像

成功すれば短期間で高収入を稼げるバイナリーオプション。若い方でも、お金を稼ぐツールとして注目する人は少なくありません。

しかし、バイナリーオプションは何歳からでもできるというわけではありません。このページでは、バイナリーオプションの年齢制限について解説します。

バイナリーオプションの年齢制限

バイナリーオプションといえば、期限までに価格が上がるのか、下がるのかを予想する取引です。短期間で資産を倍増することもできるため、リターンの大きい外貨取引としても知られています。成功すれば大きく稼げる取引なだけに、学生や未成年者の中にもバイナリーオプションに興味を持つ人はいることでしょう。

ただし、バイナリーオプションには年齢制限があります。

基本的にバイナリーオプションは、成人でないと利用できません。もっとも、成人の定義は国によって違いがありますので、18歳から利用できる業者と、20歳から利用できる業者の二種類があります。海外のバイナリーオプションの場合、業者によっては18歳から取引可能です。日本の国内業者の場合、満20歳以上でないと口座を開設できません。

バイナリーオプションと学生の画像

すなわち、海外のバイナリーオプション業者を利用すれば、まだ成人でなくても18歳以上ならば取引に参加できます。18歳未満ともなると、海外業者も含めてどこの業者であってもバイナリーオプションの利用はできないです。

年齢を偽ったらどうなる?

バイナリーオプションの口座を開設する場合、身分証などの本人確認書類の提出を求められます。これはマネーロンダリングなどの犯罪防止が目的のため、国内に限らず、海外の業者であっても同じです。

このように身分証の提示を求められる以上、申込時に年齢で嘘をついたとしても、すぐにバレます。業者側が年齢確認をすることで、すぐに嘘が発覚してしまうので、基本的にごまかしは通用しません。嘘が発覚すれば、当然ですが審査に落ち、口座を開設できなくなります。

バイナリーオプションの年齢の画像

そして、業者側に悪質なユーザーだと判断された場合、口座を凍結され、今後二度と利用できなくなる恐れがあります。年齢で嘘をつくメリットは基本的にありません。デメリットの方が大きいくらいです。バイナリーオプションは、大人になってから利用すると良いでしょう。

バイナリーオプションは学生でもできる?

バイナリーオプションは、年齢制限にさえ引っかからなければ、大学生でも利用できます。

ただし、高校生の場合、身分証で未成年であることがバレてしまうので、高校生はバイナリーオプションはできません。バイナリーオプションができる学生というと、年齢制限に引っかからない大学生、もしくは専門学生ぐらいなものです。

未成年でもバイナリーオプションができる裏技

未成年だからといって、絶対にバイナリーオプションができないということはありません。上述したように、海外の18歳から利用できるバイナリーオプション業者であれば、まだ20歳前の未成年でも、満18歳を超えていれば、バイナリーオプションができます。

やり方次第では、未成年であっても、バイナリーオプションを利用できます。

親の名義を使う

未成年でもバイナリーオプションをする裏技として、親の名義を使用するというやり方があります。親御さんの許可を取り、親の監督下で取引をするのであれば、親の名義であってもバイナリーオプションはできます。

もちろん、この方法は親の許可を取ることを前提にしています。無断で名義を使用したり、親の口座を勝手に使って取引をすると、犯罪になります。親の名義を無断で使用するなどの行為は絶対に止めましょう。

デモ口座で取引をする

あくまでバイナリーオプションをやるだけならば、デモ口座でも取引は体験できます。例えば、ハイローオーストラリアでは、誰でも無料で利用可能なデモ口座を提供しています。この口座を使用すれば、未成年者であろうと、18歳未満であろうとも、バイナリーオプションを体験できます。デモ口座は実際のお金を使用せずに、取引だけを体験できるサービスです。お金を使わないという点を除き、取引の内容は本物と同じです。

バイナリーオプションと未成年の画像

そもそも、初心者がいきなりバイナリーオプションを始めたところで、安定して勝つなんてことはまずできないです。初心者がバイナリーオプションを始めると、高い確率で負けます。バイナリーオプションは確かにリターンの良い取引なのですが、予想を外せば損をしますし、高額の取引ならば、大損することもあります。

そのようなリスクを回避するためにも、未成年の方はデモで練習することをオススメします。デモ口座で取引のやり方を勉強してから、本物の取引を始めたとしても決して遅くはありません。

まだ未成年で、バイナリーオプションの取引に慣れていないという方ほど、まずはデモ口座で取引を体験してみてください。

デモトレードの活用方法はこちらの記事をクリックして確認!

まとめ

バイナリーオプションには年齢制限があります。身分証の提示がありますので、不正や誤魔化しはできません。

未成年のうちはまず年齢に関係なく利用できるデモ口座からバイナリーオプションを始めてみましょう。デモ口座でしっかり経験を積めば、いざ成人してお金を使った取引をする時、幸先の良いスタートとなるでしょう。

コメントを残す