ハイローオーストラリアの画像

ハイローオーストラリアとソニックオプション徹底比較!!どっちがオススメ?

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

投資の初心者が気軽に始められるバイナリーオプション、日本人に人気の高い取り扱い業者にはハイローオーストラリアとソニックオプションがあります。

この2社には果たしてどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、どちらにしようか迷っている方必見、今人気の「ハイローオーストラリア」と「ソニックオプション」を徹底比較、どちらで口座を開設すればよいか説明していきます。

ハイローオーストラリアとは

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

2010年5月に、オーストラリアのシドニーを本社として設立したのがハイローオーストラリアを運営しているHighlow Markets Pty.Ltd.です。ハイローオーストラリアはオーストラリア金融免許の取得もしていることから、オーストラリア政府より公式に認可を受けているのが分かります。

日本で例えるのならば、大手都市銀行のように金融庁の認可を受けて業務を行っているのと同じことです。つまり信頼性がとても高い海外バイナリーオプション業者ということですね。バイナリーオプション業者の中では運営歴が長く、老舗のイメージが強いです。

ソニックオプションとは

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

最近アジアに進出してきたK2 Ventures Limitedが運営するソニックオプション。本社は、イギリス領の島であるアンギラの首都バレーに位置しています。ただ、公式サイトで確認をすると詳しい本社の詳しい所在記載はありません。日本ではまだ新しい業者として注目されています。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較

ハイローオーストラリアとソニックオプションについて、それぞれバイナリーオプション業者を選ぶ上で重要な項目ごとに比較してみました。どちらも人気のある海外バイナリーオプションの業者ですが、比較すると違いがたくさんあるのです。

結論から言うと、ソニックオプションと比較してハイローオーストラリアが圧倒的に優れているということがわかりました。ハイローオーストラリアとソニックオプションのペイアウト比較について、詳しく見てみましょう。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較:ペイアウト率

結論:ソニックオプションと比較してハイローオーストラリアの方がペイアウト率が優れている

ペイアウト率とは払い戻し率のことになります。もちろん高い方が利益が高くなる大事な項目です。ペイアウト率はバイナリーオプション業者によって異なるだけでなく、取引方法によっても基本的に異なります。

ハイローオーストラリアのペイアウト率

ハイローオーストラリアのペイアウト率は1.88から2.00となっています。

ペイアウト率は取引方法により倍率を変え、スプレッド幅が大きくなる取引では第第の2.00が使用されています。

HIGHLOW1.88倍
Turbo1.95倍
Turboスプレッド2倍
HIGHLOWスプレッド2倍

ソニックオプションのペイアウト率

ソニックオプションはペイアウト率は1.75から2.02です。ハイローオーストラリアと似た取引手段がありますが、ペイアウト率は異なります。

ハイロー1.75倍
ショート1.75倍
レンジ2.02倍

同じ海外バイナリーオプション業者でも、ペイアウト率が大きく違うことがわかりますね。以下で、ハイローオーストラリアとソニックオプションのペイアウト率比較を解説します。

ハイローオーストラリアとソニックオプションのペイアウト率比較

ハイローオーストラリアのTurbo取引と、ソニックオプションのショートは取引方法が全く同じです。しかし、ハイローオーストラリアのペイアウト率1.95と比較して、ソニックオプションのペイアウト率は1.8とかなり物足りない数字となっています。

つまり、同じ勝率でもソニックオプションよりハイローオーストラリアの方が稼げるというということです。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

また、HIGH or LOWよりも勝利条件の厳しいスプレッドですが、ソニックオプションハイローオーストラリアよりもソニックオプションの方がペイアウト率が少しだけ高く設定されています。ハイローオーストラリアはTurboスプレッドがペイアウト率2.00に対し、ソニックオプションのレンジは2.02です。※レンジはソニックオプションのスプレッド取引名称です。

しかし、勝利条件であるスプレッド幅がハイローオーストラリアよりもソニックオプションの方が高くなっています。つまり、ソニックオプションのほうが勝ちにくいということです。ペイアウト率が高いとはいえ僅かな数値のため、10回中1回でも負けが増えると損の方が大きくなってしまいます。スプレッド取引でも、ソニックオプションと比較してハイローオーストラリアが優れていると考えられます。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

しかし、ハイローオーストラリアと比較してソニックオプションがペイアウト率において優れている点が1つあります。それはエントリー時と価格が変わらなかった時は引き分けで返金となる点で、ソニックオプションと違いハイローオーストラリアは負けとみなされる仕組みになっています。ただ、バイナリーオプションをしたことがある人ならわかると思いますが引き分けが発生するケースは多くありません。引き分けのみを考慮してハイローオーストラリアではなくソニックオプションを選ぶ理由はないと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較:ボーナス

結論:ソニックオプションと比較してハイローオーストラリアの方がボーナスが優れています。

ボーナスとはキャッシュバックの事です。通常、海外バイナリーオプション業者は新規登録時にいくらかのキャッシュキャンペーンが設定されています。ハイローオーストラリアとソニックオプションのボーナスキャンペーン比較を見てみましょう。

ハイローオーストラリアのボーナス

ハイローオーストラリアのボーナスは、新規口座開設後の初回入金で5,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。キャッシュバックボーナスをそのまま出金するとはできませんが、取引に使用することができます。5,000円消化した後はそのまま出金できるので、多ければノーリスクで10,000円受け取ることができます。もちろん、外せば0円です。

ソニックオプションのボーナス

ソニックオプションのボーナスは新規口座開設後の初回入金金額で変わってきます。

入金額ボーナス追加ボーナス
3万円未満入金金額の50%なし
10万円未満入金金額の50%5000円
10万円以上入金金額の60%5000円

例えば、10万円入金すると10万円+6万円(60%ボーナス)+5000円の16万5000円分取引をすることができます。

しかし、ソニックオプションにはボーナスの出金条件があり、(ボーナス+入金額)×15の取引が必要です。上記のケースだと、247万5,000円の取引を行えばボーナス分の出金が可能となる訳です。

ボーナスは魅力的ですが、出金条件が厳しいためよくトラブルが起こっている印象です。最初から多くの取引を見込んでいない場合は、ボーナスを拒否することも可能です。正直、あまりいいキャンペーンではないですね。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較:安全性

結論:ソニックオプションと比較してハイローオーストラリアの方が安全性が高い

まず、海外バイナリーオプション業者は日本の金融庁には基本的に登録されていません。これには理由があり、日本ではバイナリーオプションに規制が設けられているため、海外基準の短期取引のままでは登録ができないからなのです。

日本の金融庁に登録された業者を使用するとなると、国内バイナリーオプション業者しか使用できないため大きく稼ぐことができません。海外業者を選ぶとき、ハイローオーストラリアとソニックオプションのどちらの方が優れているか見てみましょう。

ハイローオーストラリアの場合

ハイローオーストラリアは、監督局にオーストラリア金融当局を構え、豪州ライセンスの取得をした上で公式サイトでもしっかりと掲載しています。また、賠償責任についても有名なロイズ保険組合に加入しており、安全性が高いことがハッキリと分かるようになっているのです。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

出金に関しても午前中までに手続きを行えば、翌営業日には銀行口座に送金される速さも安心の一つです。長期間運営していることもあって、ハイローオーストラリアの安全性は海外バイナリーオプション業者の中でも非常に高いと言えるでしょう。

ソニックオプションの場合

ソニックオプションはハイローオーストラリアと比較して掲載されている情報が簡素です。所在地の住所に関しても、特定が出来ない住所を掲載しているのがグーグルマップで調べると分かりました。

住所が特定できないというのは詐欺業者の典型例です。出金に関してのトラブルは出ていないようですが、これから先の安全性に関しては不安が残ります。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較:サポート

結論:ハイローオーストラリアソニックオプション共にサポートは問題なし

ハイローオーストラリアとソニックオプションは海外バイナリーオプション業者ということからサポート面も心配になるはずです。もしかしたら日本語が通じないかもと考えている方、その点は心配ご無用です。2社とも万が一のサポートはメールで対応、日本語で送信することができるので安心です。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

しかもハイローオーストラリアでは、平日9:00~17:00の時間帯ではフリーダイヤルの電話サポート対応もしてくれます。もちろん日本語で質問ができますので、メールで伝えにくい内容もしっかりと解決することができるという訳です。

問題が解決しないという無駄なストレスに見舞われる心配は無いといえるでしょう。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較:取引ツール

結論:ハイローオーストラリアソニックオプション共に取引ツールは優秀

まず、バイナリーオプションでは、自動で取引を行ってくれる取引ツールが出回っておりますが、ハイローオーストラリアとソニックオプションでは自動売買ツールの使用を禁止しています。

まっとうな業者であれば禁止は当然です。もし利用して利益を得た場合、口座が凍結し2度と使用できなくなる恐れもありますので絶対にやめておきましょう。

ハイローオーストラリアの場合

ハイローオーストラリアの魅力はクイックデモです。デモ口座で実際の相場を利用しながら、試しで取引を行うことが出来るのです。いきなり大切なお金を使用するのではなく、色々試せるので初心者や未経験者にも親切ですね。

ソニックオプションの場合

一方のソニックオプションでは、ローソク足チャートが取引画面に表示されるため、利用しやすいという口コミが多いです。

ただ相場の分析を行うのならば、ハイローオーストラリアとソニックオプションの画面では十分な分析を行う事は難しいかもしれません。バイナリーオプションで長期的に稼ぐのであれば無料取引ツールのMT4をダウンロードし利用することをお勧めします。

ハイローオーストラリアとソニックオプション比較まとめ

ハイローオーストラリアとソニックオプションを比較すると、ソニックオプションよりもハイローオーストラリアの方が優れていることがわかりました。

ハイローオーストラリアとソニックオプションの比較画像

ペイアウト率や勝敗の決定方法、ボーナスの出金条件を見ると、初心者に分かりやすいのもハイローオーストラリアではないでしょうか。引き分けの場合返金がないのは気になりますが、為替チャートを確かめると利用する時間帯を間違わなければ気になる問題ではありません。特に電話サポートが初めての方には強い味方となってくれそうです。

初めての方は、まずハイローオーストラリアで試してみる事をお勧めします。逆にソニックオプションを利用する方は、安全性においてかなり難があると考えられます。当サイトではおすすめしませんので、よく注意をして口座開設をするようにしましょう。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

バイナリーオプションの始め方から攻略法まで、あらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。海外バイナリーオプションに興味がある貴方に役立つ情報が必ずあるはず!

バイナリーワールドの画像

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。初心者から上級者まで必見情報です。

バイナリーオプションのデモトレードの画像

コメントを残す