バイナリーオプション投資相場週報【2019年9月最終週】

バイナリーオプションの先週(2019年9月23日~9月27日)の相場の振り返りと、今週(9月30日~10月4日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(9月23日~9月27日)

先週(2019年9月23日~9月27日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

先週はボックス相場に近い状態ながらややドル高円安に戻した展開でした。中国による米農家視察の取りやめなどにより米中貿易摩擦のリスクが再燃し、週の前半は円安へ。しかし、米国の経済指標が良好な結果であることなどから買い戻されて107円台で終末を迎えました。

ユーロドル相場

ユーロ安さドル高の1週間となりました。欧州圏ではタカ派のラウテンシュレーガーECB専務理事が突然辞任を表明するなど波乱があり、ユーロが売られやすい展開となったためです。また、WTOが米国に輸入される約75億ドル相当のEU製品への追加関税を容認したこともあり、欧州圏には逆風が吹いています。

ユーロ円相場

ユーロドル相場でも書いたように欧州圏は先行き不透明な状態になっており、先週はややユーロ安円高基調となりました。英国の情勢不安定化など欧州圏はさまざまなリスクを抱えています。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】8月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

前回は63.5万件、今回予想は66.0万件、結果は71.3万件と予想を上回りました。予想を大きく上回ったため、ドル買いの要因となりました。

【米国】8月 新築住宅販売件数 [前月比]

前回は-12.8%、今回予想は3.5%、結果は7.1%と予想を上回りました。前月比でも予想を大きく上回る結果となったため、ドルが買われる流れとなりました。

【米国】8月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

前回は1.4%、今回予想は1.4%、結果も1.4%と予想どおりとなりました。予想どおりの結果だったため相場に大きな波乱は無く、ドル買いの流れが続きました。

【米国】8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]

前回は0.2%、今回予想は0.2%、結果は0.1%と予想を下回りました。前月比では予想を下回る結果となったものの、前年同月比での結果が良好で、為替相場が下支えされる形となりました。

【米国】8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比]

前回は1.6%、今回予想は1.8%、結果も1.8%と予想どおりとなりました。前回よりも拡大する結果となったため、ドルが買われる流れとなりました。

今週の見通し(9月30日~10月4日)

今週(2019年9月30日~10月4日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

米中貿易摩擦の行方にも注意しつつ、経済指標の発表にも目を光らせておきましょう。今週は月初で雇用統計など重要な指標が発表されます。

ユーロドル相場

引き続きユーロは上値が重い展開となりそうですが、経済指標の結果によってはユーロが買われる可能性もあり得ます。

ユーロ円相場

欧州圏の先行き不透明感のため、ユーロは上値が重い展開が続くと考えられます。しかし今週は日本も欧州も重要な経済指標が発表されるので、指標によって相場が動く可能性もあります。

今週の重要経済指標(9月30日~10月4日)

今週(2019年9月30日~10月4日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【日本】7-9月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

発表日時:10/1 08:50
前回は7、今回予想は1です。この指標は3ヶ月に1度調査されるもので、資本金10億円以上の企業約1万社が先行きをどう見ているかが反映されますが、予想が1と大幅下落の見込みです。消費増税の足かせもあり企業が将来を保守的に見込んでいるためですが、予想どおりの結果となれば円売りは避けられないでしょう。

【欧州】9月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

発表日時:10/1 18:00
前回は1.0%、今回予想も1.0%です。消費者物価指数は為替相場に大きな影響与えるので、よく注目しましょう。前回どおりの予想となっていますが、予想が外れればユーロ高またらユーロ安に相場が振られる可能性が高いです。

【欧州】9月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

発表日時:10/1 18:00
前回は0.9%、今回予想は1.0%です。前回を上回る予想がされておりますが、予想を下回ればユーロが大きく売られると考えられます。特に欧州圏は先行きが不透明なため、ユーロ売りの材料が出ると極端に売られやすくなっています。

【米国】9月 ISM製造業景況指数

発表日時:10/1 23:00
前回は49.1、今回予想は50.2です。50を上回れば好況とされる指数で前回は50を下回ったので、今回の結果には大きな注目が集まります。

【米国】9月 ADP雇用統計 [前月比]

発表日時:10/2 21:15
前回は19.5万人、今回予想は14.0万人です。ADP雇用統計は雇用統計の速報値と解釈されますが、本番の雇用統計で全く違う結果になることもあります。ADP雇用統計の結果を当てにしすぎないようにしましょう。

【米国】9月 ISM非製造業景況指数(総合)

発表日時:10/3 23:00
前回は56.4、今回予想は55です。前回を下回る予想ですが、好況と考えられる50を予想どおり上回ればドルは現在の強さを維持できると考えられます。

【米国】9月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

発表日時:10/4 21:30
前回は13.0万人、今回予想は14.5万人です。雇用者数の増加は改善すると考えられており、米国経済の強さを表す結果となりそうです。予想どおりまたは予想を上回る結果であれば、ドルが大きく買われると考えられます。

【米国】9月 失業率

発表日時:10/4 21:30
前回は3.7%、今回予想も3.7%です。失業率の数値は安定しており、3.7%が続いています。もし上下に触れることがあれば、相場が大きく動く可能性があります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す