バイナリーオプション投資相場週報【2019年10月第3週】

バイナリーオプションの先週(2019年10月14日~10月18日)の相場の振り返りと、今週(10月21日~10月25日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(10月14日~10月18日)

先週(2019年10月14日~10月18日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

一週間を通してドル安円高の流れとなりました。米中閣僚級協議が「部分合意」で終了したことや、トルコやシリアを巡る地政学リスクが高まっていることなどから、安全資産の円が買われる流れとなりました。米国の経済指標が優れなかったこともあり、ドルは売られる展開でした。

ユーロドル相場

一週間を通してユーロ高ドル安の展開となりました。英国の合意なきEU離脱リスクが後退したことでポンドが買われ、つられてユーロも買われる流れとなりました。ただし欧州圏も経済指標が冴えず、一息にユーロ高とは行きませんでした。

ユーロ円相場

ボックス相場でバイナリーオプションの取引がしづらい一週間でした。各国の経済指標の結果に振り回される相場でしたが、英国の合意なきEU離脱リスクが後退したことにより、ポンドが買われてつられてユーロも買われる流れとなりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【欧州】9月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

前回は0.9%、今回予想は0.9%、結果は0.8%と予想を下回りました。予想を下回る結果となったため、ユーロ売りに繋がりました。

【欧州】9月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]

前回は1.0%、今回予想は1.0%、結果も1.0%と予想どおりとなりました。予想どおりの結果ではあったものの、HICP改定値の変動の影響があり、相場はユーロ安に傾きました。

【米国】9月 小売売上高 [前月比]

前回は0.4%、今回予想は0.3%、結果は-0.3%と予想を下回りました。予想を下回るどころかマイナスの結果となり、「いよいよ米国経済はリセッション入りするのでは」との懸念が市場に広がりました。ドルが売られたドル安の展開となりました。

【米国】9月 小売売上高(除自動車) [前月比]

前回は0.0%、今回予想は0.2%、結果は-0.1%と予想を下回りました。同様に、予想を下回っただけでなくマイナスの結果となってしまいました。米国経済への懸念から、ドルが売られる流れとなりました。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

前回は0.3%、今回予想は0.2%、結果も0.2%と予想どおりとなりました。予想どおりですが、前回より減少しているため、日本経済の先行きにも不安が広がっています。他国の状況に振り回される状況が続いており、日本の経済指標が相場に直接影響はしにくくなっていますが、継続的に指標を見て行く必要があります。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

前回は0.5%、今回予想は0.3%、結果も0.3%と予想どおりとなりました。予想どおりの結果ではありますが、前回よりも下がっており、日本経済への不透明感が広がっています。

【日本】9月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

前回は0.6%、今回予想は0.5%、結果も0.5%と予想どおりとなりました。予想どおりの結果ではありますが、日本経済への不安も広がっています。今後に発表される指標と組み合わせて円売りの材料となる可能性もあります。

今週の見通し(10月21日~10月25日)

今週(2019年10月21日~10月25日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

引き続き、米中貿易摩擦の行方には注目です。今後も動きがあれば、ドル円相場には大きな影響を及ぼすと考えられます。米トランプ大統領をめぐっては弾劾リスクがあり、米国は先行き不透明な状態です。ドル安円高傾向になることが予想されますが、米トランプ大統領のツイート内容1つによって相場が振り回される環境でもあるので、トレーダーには柔軟な対応が求められます。

ユーロドル相場

英国の合意なき離脱リスクが回避されたので、ユーロの買い戻しが進むと考えられます。ポンドの相場とも連動するも考えられるので、ポンドの動きにも注目しましょう。また、米中貿易摩擦も再燃があればドルが売られて相場が大きく動くと考えられます。米中貿易摩擦は欧米貿易摩擦に飛び火する可能性もあるので、ユーロドル相場が大きく動く要因となります。

ユーロ円相場

英国の合意なき離脱リスクが回避されたことにより、ユーロが買い戻されて円が売られると考えられます。ポンドとも連動すると考えられるので、ポンドの相場にも気を配ってください。欧州圏にはイタリアの財政悪化や中東をめぐる地政学リスクなどがあり、引き続きユーロ高にはなりにくいと考えられます。ただし、ブレグジット問題の行方が大きな焦点となる可能性が高いです。

今週の重要経済指標(10月21日~10月25日)

今週(2019年10月21日~10月25日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【欧州】欧州中央銀行(ECB)政策金利

発表日時:10/24 20:45
前回は0.00%、今回予想も0.00%です。政策金利は変化させないと考えられますが、同日のECB総裁の定例記者会見の内容で相場が動く可能性があります。

【欧州】ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

発表日時:10/24 21:30
9月には大規模な金融緩和を示したため、今回はその効果についてのコメントがあると考えられます。相場が予想外の方向に変動する可能性があるので、会見を跨いだ取引は控えた方が無難です。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [前月比]

発表日時:10/24 23:00
前回は7.1%、今回予想は-1.5%です。減少が予想されており、予想どおりの結果であっても米国経済への失望は否めません。ドル安になりやすいと考えられます。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

発表日時:10/24 23:00
前回は71.3万件、今回予想は70.2万件です。減少に転じており、予想を下回ればドルが大きく売られると考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す