バイナリーオプション投資相場週報【2019年10月第4週】

バイナリーオプションの先週(2019年10月21日~10月25日)の相場の振り返りと、今週(10月28日~11月1日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(10月21日~10月25日)

先週(2019年10月21日~10月25日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

大きなイベントが無く、経済指標もサプライズが無かったため、相場の動きは微弱でした。高値が108.707円、安値が108.668円とほとんど値動きがありませんでした。

ユーロドル相場

ユーロドル相場も大きな動きはなく、バイナリーオプション取引も難しい一週間でした。高値が1.108230ドル、安値が1.107700ドルとわずかな値動きでした。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も大きな値動きが無く、高値が120.435円、安値が120.376円とほとんど動きませんでした。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [前月比]

前回は7.1%、今回予想は-0.7%、結果も-0.7%と予想どおりとなりました。前回から大幅に減少したものの、織り込み済みだったため相場に大きな影響はありませんでした。

【米国】9月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

前回は71.3万件、今回予想は70.1万件、結果も70.1万件と予想どおりとなりました。ただし、減少傾向のため米国経済に対する懸念が広がっています。

今週の見通し(10月28日~11月1日)

今週(2019年10月28日~11月1日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

日曜夜に報じられたとおり、米トランプ大統領は過激組織イスラム国の指導者、アブバクル・バグダーディ容疑者が米軍特殊部隊の急襲作戦で死亡したと発表しました。このニュースが為替相場にも影響すると考えられるので、市場が開いた直後は動向を見極めるのが良いでしょう。また、今週は雇用統計など重要な経済指標が発表されるので、そのタイミングで相場が大きく動くことが予想されます。

ユーロドル相場

上記と同様に、IS指導者の死亡のニュースによって市場が開いた直後は参加者の混乱が予想されます。基本的にはリスクオフでドルが買われやすいと考えられますが、実際に市場が開いてから動向を見極めましょう。また、今週は重要な経済指標も多く発表されるので、相場が動きやすくなると予想されます。

ユーロ円相場

IS指導者死亡が報じられ、リスクオフの展開になれば円が売られる可能性が高いです。市場が開いた直後は混乱が予想されるので、取引せずに様子を見ることをおすすめします。また、欧州圏の消費者物価指数など重要指標も発表される週なので、今週はユーロ円相場も動きが激しくなると考えられます。

今週の重要経済指標(10月28日~11月1日)

今週(2019年10月28日~11月1日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】10月 ADP雇用統計 [前月比]

発表日時:10/30 21:15
前回は13.5万人、今回予想は10.5万人です。大きな減少が予想されており、予想を下回ればドルが売られドル安になる可能性が高いです。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]

発表日時:10/30 21:30
前回は2.0%、今回予想は1.6%です。GDPは相場に非常に大きな影響を及ぼす指標なので、踏まえて取引をしましょう。米国経済への先行き不安が広がる中、GDPの低下が予想されているので、予想を下回ればドルが大きく売られると考えられます。

【米国】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

発表日時:10/30 03:00
前回は1.75-2.00%、今回予想は1.50-1.75%です。市場は既に予想の利下げを織り込んでいるので、予想どおりの利下げであれば市場に大きな影響はないでしょう。ただし、次のFRB議長の会見にも注目してください。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

発表日時:10/30 03:30
追加利下げは既に市場が織り込んだ状態なので、更なる利下げを匂わせる発言が出るかどうかに注目しましょう。更なる利下げの可能性があれば、ドルが売られると考えられます。

【日本】黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

発表日時:10/31 15:30
米国の政策金利が引き下げられる想定のため、日米の金利差が縮小します。日本の金融政策も動く可能性があるので、日銀総裁のコメントにも注目してください。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比]

発表日時:10/31 19:00
前回は0.2%、今回予想は0.1%です。米国だけとなく、欧州圏でもGDPの低下が予想されています。ユーロが売られて円が買われる流れになる可能性が高いです。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前年同期比]

発表日時:10/31 19:00
前回は1.2%、今回予想は1.1%です。前年同期比でもGDPの低下が予想されており、予想を下回ればユーロが大きく売られると考えられます。

【欧州】10月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

発表日時:10/31 19:00
前回は0.9%、今回予想は0.7%です。消費者物価指数も低下が予想されており、GDP速報値とあわせて考えると大きなネガティブ材料です。予想を下回ればユーロが大きく売られる可能性が高いです。

【欧州】10月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

発表日時:10/31 19:00
前回は1.0%、今回予想も1.0%です。コア指数の方は前回同様の予想ですが、予想を下回ればユーロが売られる材料となります。

【米国】9月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

発表日時:10/31 21:30
前回は1.4%、今回予想も1.4%です。個人消費支出は変化なしの予想です。予想を上回ればドル買いの材料となり、ドル安局面から抜け出すきっかけになるかもしれません。

【米国】10月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

発表日時:11/1 21:30
前回は13.6万人、今回予想は8.5万人です。増加傾向ではあるものの増加スピードに陰りがある予想で、予想を下回れば大きくドルが売られる可能性が高井です。非農業部門雇用者数変化は相場にも最も大きな影響を及ぼす経済指標の一つなので、注意して取引しましょう。

【米国】10月 失業率

発表日時:11/1 21:30
前回は3.5%、今回予想は3.6%です。回復が見込まれていますが、予想に届かなければドルが大きく売られると考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す