バイナリーオプション投資相場週報【2019年11月第1週】


バイナリーオプションの先週(2019年10月28日~11月1日)の相場の振り返りと、今週(11月4日~11月8日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(10月28日~11月1日)

先週(2019年10月28日~11月1日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

先週のドル円相場は、前半はボックス相場、後半はドル安円高傾向となりました。米トランプ大統領が中国との関係について「米中交渉が予定より早いペースで進んでいる」と発言したことなどによりドルが買われたものの、FRB議長の発言などを経て再びドルが売られることとなりました。

ユーロドル相場

緩やかにユーロ高ドル安となった一週間でした。大きな要因は英国の合意なきEU離脱リスクが後退したことです。英国での総選挙の実施が決まり、ポンドが上昇してユーロも同様に上昇しました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も同様に英国の合意なきEU離脱リスクが後退したことから、ユーロが買われる流れとなりました。ただし、米国リスクに引っ張られる形で安全資産である円の需要が高まっており、週の後半はユーロ安円高となっています。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】10月 ADP雇用統計 [前月比]

前回は13.5万人、今回予想は12.0万人、結果は12.5万人と予想を上回りました。前回の結果には届かなかったものの、ポジティブな材料として受け止められ、ドル買いの材料となりました。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]

前回は2.0%、今回予想は1.6%、結果は1.9%と予想を上回りました。結果が予想を大きく上回ったことで、ドルが買われることとなりました。

【米国】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

前回は1.75-2.00%、今回予想は1.50-1.75%、結果も1.50-1.75%と予想どおりとなりました。利下げが実現することとなり、ドル買いの材料となりました。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

利下げによってドル高となったものの、FRB議長が「利上げの前には著しいインフレ率の上昇が必要」と発言したことにより、ドル売りも誘発しました。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比]

前回は0.2%、今回予想は0.1%、結果は0.2%と予想を上回りました。予想を上回ったことにより欧州圏への期待が増し、ユーロが買われる流れとなりました。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前年同期比]

前回は1.2%、今回予想は1.1%、結果も1.1%と予想どおりとなりました。前期比が予想を上回ったため、こちらの前年同期比もポジティブに受け止められています。

【欧州】10月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

前回は0.9%、今回予想は0.7%、結果も0.7%と予想どおりとなりました。予想どおりの結果ですが、下記のコア指数が予想を上回ったことや、GDPが改善したこともあわせ、ユーロ買いの材料となっています。

【欧州】10月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

前回は1.0%、今回予想は1.0%、結果は1.1%と予想を上回りました。予想を上回ったことで欧州圏の経済への期待感が高まり、ユーロが買われました。

【米国】9月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

前回は1.4%、今回予想は1.4%、結果は1.3%と予想を下回りました。予想を下回ったため、あまり大きな影響ではありませんが、ドル売りの材料となりました。

【日本】日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

前回は-0.10%、今回予想は-0.10%、結果も-0.10%と予想どおりとなりました。米国が利下げしたことにより、日米の金利差は縮小しています。日銀が今後どのような対応を取るのかには注目が集まっています。

【米国】10月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

前回は13.6万人、今回予想は8.9万人、結果は12.8万人と予想を上回りました。予想を大きく上回る結果となったため、ドルが買われる流れとなりました。

【米国】10月 失業率

前回は3.5%、今回予想は3.6%、結果も3.6%と予想どおりとなりました。前回よりも改善しており、市場にはポジティブな影響が広がっています。

【米国】10月 ISM製造業景況指数

前回は47.8、今回予想は48.9、結果は48.3と予想を下回りました。50を下回ると不景気と解釈されるので、前回に引き続きネガティブな結果となっています。50を下回ったことに加え、予想も下回る結果となったため、ドルが大きく売られました。

今週の見通し(11月4日~11月8日)

今週(2019年11月4日~11月8日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

今週は重要な経済指標の発表が少ないので、政治動向によって相場が動くことが予想されます。米中関係は未だに不透明ですし、米トランプ大統領の弾劾リスクもあります。これらのリスクを踏まえるとドルが積極的に買われるとは考えにくいですが、上下どちらに動いてもおかしくないことを踏まえて取引しましょう。

ユーロドル相場

英国内でEU離脱の行方が主となる選挙が始まりました。12月12日が総選挙のため、この日までは欧州圏の先行きが不透明で、ユーロが買われにくい状態が続くと考えられます。

ユーロ円相場

ユーロドル相場と同様に、12月の英国の総選挙まではユーロが買われにくいと考えられます。安全資産の円が買われてユーロ安円高の傾向となる可能性が高いでしょう。

今週の重要経済指標(11月4日~11月8日)

今週(2019年11月4日~11月8日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】10月 ISM非製造業景況指数(総合)

発表日時:11/5 00:00
前回は52.6、今回予想は53.5です。50を上回れば好景気と解釈される数値なので、予想どおりならポジティブな影響となります。最近は他の指標を総合的に見ても米国経済の先行きが不安になる結果が多いので、ISM非製造業景況指数が上向けばドル買いの重要な材料となります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す