バイナリーオプション投資相場週報【2019年11月第2週】


バイナリーオプションの先週(2019年11月4日~11月8日)の相場の振り返りと、今週(11月11日~11月15日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(11月4日~11月8日)

先週(2019年11月4日~11月8日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

先週はドル高円安傾向で、安値が108.183円、高値が109.488円と比較的大きく動きました。バイナリーオプション取引もやりやすい週だったと言えます。ドル高に動いた要因としては、米トランプ大統領らが中国との貿易に楽観的な見方を示したことが大きいです。また、ISM非製造業景況指数が予想を上回って好調だったこともあり、ドル高で推移しました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は一貫してユーロ安ドル高の展開となりました。週明けは1.11648ドルで始まり、1.10188ドルで週末を迎えました。ドル円相場の項目で解説したのと同様に、米中貿易摩擦の緩和の観測や、ISM非製造業景況指数が好調だったのを背景に、ドルが買われることとなりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場はややユーロ安円高となったものの、明確な方向感は見られませんでした。ドルの売買に振り回されていることもあり、予想が難しい週となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】10月 ISM非製造業景況指数(総合)
前回は52.6、今回予想は53.5、結果は54.7と予想を上回りました。前回の結果も上回ったため、米国経済の強さが意識されています。50を超えれば好景気と判断されるので、ドルが買われる要因となりました。

今週の見通し(11月11日~11月15日)

今週(2019年11月11日~11月15日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

米中貿易摩擦の課題やべぇトランプ大統領の弾劾リスクなどがあることを踏まえると、ドルが買われやすい状況になるとは考えにくいです。ただし、米中の間で会談が進んでいることなど、状況改善の動きが報じられれば一気にドルが買われ、ドル高円安に動く可能性もあります。

ユーロドル相場

英国のEU離脱をめぐる問題やイタリアの財政悪化、米中貿易摩擦が欧州に波及するリスクなど、欧州の状況から言えばユーロが買われにくい相場と考えられます。また、米国の経済指標が良好だったことによりドルが買われ始めて入るので、今後も継続してユーロ安ドル高の展開となる可能性が高いです。

ユーロ円相場

欧州圏には英国のEU離脱をめぐる問題やイタリアの財政悪化などのリスクがあり、積極的にユーロを買う流れにはなりにくいです。一方の安全資産である円には資金が集まりやすく、ユーロ安円高の方向性が意識されます。

今週の重要経済指標(11月11日~11月15日)

今週(2019年11月11日~11月15日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】10月 消費者物価指数(CPI) [前月比]

発表日時:11/13 22:30
前回は0.0%、今回予想は0.3%です。前回より改善することが見込まれていますが、予想をさらに上回る結果となれば、ドル売りの流れが加速すると考えられます。

【米国】10月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

発表日時:11/13 22:30
前回は1.7%、今回予想も1.7%です。前年同月比は変化無しの予想ですが、前月比は上昇の見込みです。前年同月比が予想を下回るとドルが売られる可能性がありますが、関連指標を総合的に見て相場の流れを予測しましょう。

【米国】10月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]

発表日時:11/13 22:30
前回は0.1%、今回予想は0.2%です。指標の改善が予想されているので、予想上回ればドルが買われる流れとなるでしょう。

【米国】10月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]

発表日時:11/13 22:30
前回は2.4%、今回予想も2.4%です。前年同月比は変化なしとの予想ですが、CPIに関する他の指標も見た上で、相場の流れを予測しましょう。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

発表日時:11/13 01:00
FRB議長の発言によっても相場の流れが大きく変わるので、発言内容を踏まえてバイナリオプション取引をしましょう。もしハト派を匂わせるような発言が出れば、ドルが売られる流れになると予測できます。

【日本】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比]

発表日時:11/14 08:50
前回は0.3%、今回予想は0.2%です。GDPの速報値は相場に大きな影響を及ぼすので要チェックです。予想を超えて低い数値が出れば円が大きく売られることが予想されるので、取引の時刻に注意してください。

【日本】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [年率換算]

発表日時:11/14 08:50
前回は1.3%、今回予想は0.9%です。前回の結果よりも低下することが予想されており、予想を超えて冴えない良い結果が出れば円が大きく売られると考えられます。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、改定値) [前期比]

発表日時:11/14 19:00
前回は0.2%、今回予想も0.2%です。改定値は基本的に大きく変化しないのですが、もし変化すれば相場への影響は大きいと考えられます。結果の数値を見てからバイナリーオプション取引をしましょう。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]

発表日時:11/14 19:00
前回は1.1%、今回予想も1.1%です。改定値は変化しないのが一般的ですが、もし大きく変更されることがあれば相場への影響は非常に大きいものとなります。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す