バイナリーオプション投資相場週報【2019年11月第4週】

バイナリーオプションの先週(2019年11月18日~11月22日)の相場の振り返りと、今週(11月25日~11月29日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(11月18日~11月22日)

先週(2019年11月18日~11月22日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

米中閣僚級電話会談は建設的との報道を背景に、週明けはドル高で109.074円まで上昇しました。しかし、米中貿易摩擦の悪化を匂わせる発言や報道があり、水曜日には108.277円まで下落。持ち直して108.621円で週末を迎えましたが、相場の動きが激しい1週間でした。

ユーロドル相場

米中貿易摩擦を背景にドルが売られたため、週の前半は緩やかにユーロ高ドル安の流れとなり、1.110ドルの高値をつけました。しかし、金曜日には急落して1.101ドルの安値をつけました。この背景には、英国の総選挙をめぐる先行き不透明感や、米国の経済指標が良好な結果だったことなどがあり、ユーロが売られドルが買われる流れとなりました。

ユーロ円相場

週の前半は方向感が見えにくかったものの、金曜日には120円台を割り込み安値となる119.66円まで下がりました。ユーロドル相場と同様に、英国の総選挙をめぐる先行き不安などからユーロが売られたことに起因しています。また、日本の経済指標が良好だったため、円買いにも結びつきました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【日本】10月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

前回は0.2%、今回予想は0.3%、結果は0.2%と予想を下回りました。予想を下回ったものの、他の指標の影響もあり、円が売られる展開にはなりませんでした。

【日本】10月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

前回は0.3%、今回予想は0.4%、結果も0.4%と予想どおりとなりました。予想どおりではありますが、前回を上回っているのでポジティブに受け止められています。

【日本】10月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

前回は0.5%、今回予想は0.6%、結果は0.7%と予想を上回りました。予想を上回る良い結果で、かつ前回を上回ったので、円買いの材料となりました。

今週の見通し(11月25日~11月29日)

今週(2019年11月25日~11月29日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

引き続き米中貿易摩擦の行方に相場が翻弄されると予想できます。ポジティブ材料・ネガティブ材料が次々に出てきて相場が上下しているので、今後も報道に気をつけながら取引をしましょう。基本的にはドルは買われにくい状態なので、ドル安円高傾向と考えられますが、短期的には米中の動きで相場が変動すると予想されます。

ユーロドル相場

英国の総選挙まで1ヶ月を切っており、欧州圏の情勢を考えると積極的にユーロを買いにくい状況です。とはいえ、米中貿易摩擦もいつ深刻化するか分からず、ドルも買われにくいと考えられます。ユーロドル相場でのバイナリーオプション取引は、報道に応じて臨機応変に対応することが求められるでしょう。

ユーロ円相場

欧州圏は英国の総選挙の行方が最大のリスクとなっており、この状況はしばらく続くと考えられます。積極的にユーロが買われにくいと考えられるので、円高傾向になる可能性が高いです。

今週の重要経済指標(11月25日~11月29日)

今週(2019年11月25日~11月29日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

発表日時:11/26 09:00
FOMCが利下げに踏み切り、FRB議長の発言でも相場が大きく動く可能性があります。

【米国】10月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

発表日時:11/26 00:00
前回は70.1万件、今回予想は70.8万件です。前回よりも増加することが予想されていますが、結果が出るまでは注視しましょう。少しでも予想を下回れば前回結果をも下回ってしまうかもしれず、そうなればドルが大きく売られると考えられます。

【米国】10月 新築住宅販売件数 [前月比]

発表日時:11/26 00:00
前回は-0.7%、今回予想は1.0%です。プラスに転じる予想で、結果が予想を上回ればドルが買われると考えられます。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]

発表日時:11/27 22:30
前回は1.9%、今回予想も1.9%です。基本的に改定値でサプライズが起こることはほとんどありませんが、もし予想と異なる結果が出れば影響は大きいです。結果を見てからバイナリーオプション取引をしましょう。

【米国】10月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

発表日時:11/27 00:00
前回は1.3%、今回予想は1.4%です。個人消費支出は消費側で景気を観測できる重要指標なので、相場への影響が大きいです。予想を上回るか下回るか、結果が分かってから取引をしましょう。

【米国】10月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]

発表日時:11/27 00:00
前回は0.0%、今回予想は0.1%です。前回より改善することが予想されているので、予想を上回れば大きくドル高に振れる可能性があります。

【米国】10月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比]

発表日時:11/27 00:00
前回は1.7%、今回予想も1.7%です。個人消費支出に関する指標はいくつか種類がありますが、食品・エネルギーを除く当指標はかなり重要視されます。結果を見てから取引しましょう。

【欧州】11月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

発表日時:11/29 19:00
前回は0.7%、今回予想は0.9%です。改善する予想は既に市場に織り込まれているため、予想を下回った場合に注意が必要です。予想より低い結果となれば、ユーロ売りの材料となります。

【欧州】11月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

発表日時:11/29 19:00
前回は1.1%、今回予想は1.2%です。HICPと同様、予想を下回ったらユーロ売りの材料になると考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す