バイナリーオプション投資相場週報【2019年12月第1週】

バイナリーオプションの先週(2019年11月25日~11月29日)の相場の振り返りと、今週(12月2日~12月6日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(11月25日~11月29日)

先週(2019年11月25日~11月29日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

先週のドル円相場は概ねドル高円安の流れとなりました。米中貿易摩擦に折り合いがつきそうな報道が出て、米国経済へのリスクが緩和されたことが主な要因です。109.669円と高値をつけ、109.457円で週末を迎えました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は大きな変動がなく、レンジ相場の状態でした。高値が1.103ドル、安値が1.098ドルと非常に狭い範囲での値動きとなりました。米国が感謝祭の休暇のため市場参加者が少ないこともあり、値動きが小幅となりした。

ユーロ円相場

概ねユーロ高円安となりました。欧州圏の経済指標が良かったことや、米中貿易摩擦の緩和などからリスクオフの展開となり、ユーロが買われました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【米国】10月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

前回は70.1万件、今回予想は70.9万件、結果は73.3万件と予想を上回りました。予想を大きく上回る結果となったため、ドル買いの材料となり、ドル高トレンドのきっかけとなりました。

【米国】7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]

前回は1.9%、今回予想は1.9%、結果は2.1%と予想を上回りました。GDP改定値が大きく動くことは少ないので、ドル買いの材料となりました。

【米国】10月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

前回は1.3%、今回予想は1.4%、結果は1.3%と予想を下回りました。GDPや新築住宅販売件数が好調だったことや、米中貿易摩擦の緩和の方が影響が大きく、個人消費の結果は大きな影響とはなりませんでした。

【欧州】11月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

前回は0.7%、今回予想は0.9%、結果は1.0%と予想を上回りました。欧州も予想を上回る指標が出て、ユーロ買いに繋がりました。

【欧州】11月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

前回は1.1%、今回予想は1.2%、結果は1.3%と予想を上回りました。コア指数も好調だったため、ユーロが買われる材料となりました。

今週の見通し(12月2日~12月6日)

今週(2019年12月2日~12月6日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

今週は雇用統計などの重要な経済指標が多数発表されるので、結果を踏まえて取引しましょう。また、米中貿易摩擦の行方や米トランプ大統領の弾劾リスクもあり、今後もドル高にはなりにくい状況です。12月4日に弾劾調査の公聴会が開催される予定なので、この内容にも注目しましょう。

ユーロドル相場

ドル円相場と同様の米国の先行き不安に加え、欧州圏もさまざまなリスクを抱えています。英国の総選挙は12月12日に投票・開票が予定されており、先行き不透明感が強いです。イタリアをめぐる財政悪化の問題もありますし、引き続きユーロも買われにくい状況です。

ユーロ円相場

欧州にはイタリア財政悪化や英国の総選挙といった先行き不透明感があり、これらの問題に解決のきざしが無ければユーロは買われにくいと考えられます。

今週の重要経済指標(12月2日~12月6日)

今週(2019年12月2日~12月6日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】11月 ISM製造業景況指数

発表日時:12/2 00:00
前回は48.3、今回予想は49.2です。50を上回れば好景気と解釈される指標ですが、50を下回る予想となっています。結果が予想を上回り、かつ50を上回れば、ドルが大きく買われると予想できます。

【米国】11月 ADP雇用統計 [前月比]

発表日時:12/4 22:15
前回は12.5万人、今回予想は14.0万人です。ADP雇用統計は米国雇用統計の結果を占うと言われており、注目度は高いです。予想が結果を上回ればドル買い、下回ればドル売りの流れになると予想できるので、結果を踏まえて取引しましょう。

【米国】11月 ISM非製造業景況指数(総合)

発表日時:12/4 00:00
前回は54.7、今回予想は54.5です。前回とあまり変わらない予想となっていますが、結果でサプライズがあれば市場が大きく動くと予想されます。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前期比]

発表日時:12/5 19:00
前回は0.2%、今回予想も0.2%です。GDP確定値でサプライズが起こることはほとんど無いのですが、念のため結果の発表を待って取引しましょう。

【欧州】7-9月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前年同期比]

発表日時:12/5 19:00
前回は1.2%、今回予想も1.2%です。GDP確定値でサプライズが起こることはほとんど無いのですが、その分、少し変動があると相場に影響します。結果発表を待って取引しましょう。

【米国】11月 失業率

発表日時:12/6 22:30
前回は3.6%、今回予想も3.6%です。失業率は最近は安定した数値を保っていますが、相場に大きく影響する指標なので、結果を確認してから取引しましょう。

【米国】11月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

発表日時:12/6 22:30
前回は12.8万人、今回予想は18.8万人です。予想は既に市場に織り込まれているので、予想を下回ったり上回ったりしたら相場が大きく動くと考えられます。雇用統計の中でも非農業部門雇用者数変化は相場への影響が大きいので、結果を注視して取引しましょう。

【米国】11月 平均時給 [前月比]

発表日時:12/6 22:30
前回は0.2%、今回予想は0.3%です。やや上昇することが見込まれており、結果を上回ればドルが買われる材料となります。

【米国】11月 平均時給 [前年同月比]

発表日時:12/6 22:30
前回は3.0%、今回予想も3.0%です。前年同月比では変わらないことが見込まれていますが、こちらも変動する可能性はあります。結果を見て、また前月比の結果も踏まえて、バイナリーオプションの取引をしましょう。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す