バイナリーオプション投資相場週報【2021年3月第1週】

バイナリーオプションの先週(2021年2月22日~2月26日)の相場の振り返りと、今週(2021年3月1日~3月5日)の相場と経済指標の見通しを発表致します。

ぜひ、今週のバイナリーオプション攻略の参考にしてください。


先週の振り返り(2021年2月22日~2月26日)

先週(2021年2月22日~2月26日)のバイナリーオプション相場と経済指標の振り返りです。

投資を振り返る画像

ドル円相場

ドル円相場は概ねドル高円安で、最安値104.922円、最高値106.691円をつけ、少し戻して106.573円で週末を迎えています。

上昇した背景としては、バイデン政権の経済対策への期待感や、米長期金利が上昇したことなどが挙げられます。
米国の経済指標が良好であったことも、ドル高を後押ししました。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は前半は概ねユーロ高ドル安で推移しましたが、週末にかけて下落しました。
最高値1.224290ドル、最安値1.206190ドルをつけ、少し反発して1.206980ドルで越週となりました。

パウエルFRB議長のハト派な発言や欧州圏の良好な経済指標の結果を受け、ドルが売られてユーロが買われる流れとなりました。
一方で、米国の長期金利の上昇によってドル買いが進んだことなどから、週末にかけてユーロが売られる展開となりました。

ユーロ円相場

ユーロ円相場も前半は概ねユーロ高円安の傾向でしたが、週末にかけて大きく下落しました。
最安値127.506円、最高値129.972円をつけ、128.634円で週末を迎えています。

前半は欧州圏の良好な経済指標の結果を受けて上昇しましたが、後半は欧州株の下落の懸念やECB東京のハト派な発言などから、ユーロが売られる展開となりました。

経済指標

先週発表された経済指標の振り返りです。

【欧州】1月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]

前回は1.4%、今回予想は1.4%、結果も1.4%と予想どおりとなり、相場への影響は限定的でした。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

政策変更の検討には時間がかかることなどハト派な発言があり、ドル売りの材料となりました。

【米国】1月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]

前回は84.2万件、今回予想は85.5万件、結果は92.3万件と予想を上回りました。予想を大きく上回る良好な結果となり、ドル買いの材料になりました。

【米国】1月 新築住宅販売件数 [前月比]

前回は1.6%、今回予想は2.1%、結果は4.3%と予想を上回りました。予想を大きく上回り、ドルが買われる材料となりました。

【米国】1月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

前回は1.3%、今回予想は1.4%、結果は1.5%と予想を上回りました。予想を上回る良好な結果であり、ドル高を後押ししました。

今週の見通し(2021年3月1日~3月5日)

今週(2021年3月1日~3月5日)のバイナリーオプションの相場の見通しです。

投資の予測の画像

ドル円相場

ファンダメンタルズ的には、バイデン政権の追加経済対策への期待やテーパリング観測があるため、ドル円相場は引き続き上昇しやすい傾向にあると考えられます。

ただし、先週もあったように要人のハト派な発言によって相場が下落することも考えられ、変動が激しくなる可能性があります。
新型コロナウイルスは先進国を中心にワクチンの接種が始まって収束の兆しを見せており、変異種などの不確定要素が出なければ相場の上昇を後押しすると考えられます。

また、今週は米国の雇用統計など重要な経済指標が発表されるので、相場が大きく動く可能性があります。

ユーロドル相場

ユーロドル相場は、米国の長期金利の上昇や欧州の株高回避のためのドル買いなどがあり、引き続きドルが買われて相場が下落する可能性が考えられます。
新型コロナウイルスの影響も大きく、イギリスなどではロックダウンが継続しており、経済へのダメージも懸念されます。さらにワクチンの供給が下回るリスクもあり、ユーロの上げ幅は限定的となる可能性があります。

ユーロ円相場

ユーロ円相場は、欧州の株高にともなう下落リスク回避のためにドル買いが進み、ユーロが売られて下落する可能性があります。
ユーロドル相場と同様に新型コロナウイルスの影響も大きく、安全資産とされる円が買われやすいと考えられます。

今週の重要経済指標(2021年3月1日~3月5日)

今週(2021年3月1日~3月5日)のバイナリーオプション取引における重要な経済指標です。
チェックリストの画像

※以下、発表日時はすべて日本時間です。

【米国】2月 ISM製造業景況指数

発表日時:3/1 00:00
前回は58.7、今回予想は58.6です。予想を下回る結果となった場合、ドルが売られると考えられます。

【欧州】2月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]

発表日時:3/2 19:00
前回は1.4%、今回予想は1.1%です。予想を上回る結果となった場合、ユーロが売られると考えられます。

【米国】2月 ADP雇用統計 [前月比]

発表日時:3/3 22:15
前回は17.4万人、今回予想は17.0万人です。予想を上回る結果となった場合、ドルが買われると考えられます。

【米国】2月 ISM非製造業景況指数(総合)

発表日時:3/3 00:00
前回は58.7、今回予想は58.6です。予想を上回れば、ドル買いの材料になると考えられます。

【米国】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

発表日時:3/4 02:05
先週はパウエルFRB議長によるハト派な発言によってドルが売られました。今週もハト派な発言がされれば、内容のインパクトによってはドルが大きく売られる可能性があります。

【米国】2月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

発表日時:3/5 22:30
前回は4.9万人、今回予想は15.0万人です。相場に大きな影響を持つ雇用統計の発表で、予想を上回る結果となった場合、ドルが買われると考えられます。

【米国】2月 失業率

発表日時:3/5 22:30
前回は6.3%、今回予想は6.4%です。失業率は頭打ちな傾向があり、大きく予想を外さなければ相場への影響は限定的と考えられます。

【米国】2月 平均時給 [前月比]

発表日時:3/5 22:30
前回は0.2%、今回予想も0.2%です。平均時給も大きな変動は落ち着いた状態で、予想を外さなければ相場への影響は限定的と考えられます。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す