バイナリーオプションとFXをわかりやすく比較!どんな違いがあるの?

バイナリーオプションとFXの比較の画像

「バイナリーオプションとFXって何が違うんだろう?どっちから始めればいいの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

バイナリーオプションとFXの違いは、初心者の方は特にわかりにくいと思います。この記事では、バイナリーオプションとFXのそれぞれの違いや特徴について比較しつつ解説していきます。

ちなみにこのページのバイナリーオプションは海外バイナリーオプションのことを指しますよ。

要約

・バイナリーオプションは時間制限あり,FXはなし
・FXは利確・損切り・レバレッジ・証拠金という概念がある
・バイナリーオプションよりFXのほうがハイリスク
・初心者はバイナリーオプション、上級者はFXがオススメ

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、為替金融商品の一つです。

より詳しく説明すると、バイナリーオプションは任意の通貨の一定時間後の上下(上がっているか下がっているか)を予想する取引です。上下を予想するという点で、トランプのハイローによく似ています。

一定時間後の為替の上下を予想し、『為替が上がれば利益を得られるチケット(権利)』か、『為替が下がれば利益を得られるチケット(権利)』を任意の金額で購入します。

投資の画像

予想が当たった(勝った)場合、後述のペイアウト率に合わせた利益を得ることができます。予想が外れた(負けた)場合は、エントリーした金額が没収され0円になってしまいます。

エントリーしたタイミングよりどれだけ高くなるかは関係ありません。ほんの少しでも高く(低く)なれば予想的中となるので、シンプルな取引であることが特徴です。

高いか低いかを当てるだけなのね。

そのとおり。バイナリーオプションは世界一シンプルな投資として有名で、直感でも50%の確率で勝ててしまうんです。

補足ですが、バイナリーオプションは国内と海外によってルールが異なります。上記のルールは海外バイナリーオプションのものですが、両者の違いがわからない方は下の記事を参考にして下さい。


FXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引といいます。少し難しいですが、簡単にいうと異なる通貨の売買取引のことです。2つの異なる通貨の組み合わせで取引を行います。

例えば、FXではドルと円、ユーロとドル、ポンドと円などの通貨の売買などが行われます。

権利を購入するバイナリーオプションと違い、FXは直接通貨を売ったり買ったりすることで利益を出します。

投資の画像

FXの場合、上がると予想した場合「買い」を行い、下がると予想した場合「売り」を行います。

「上下を予想して利益を出す」というのは、バイナリーオプションと同じですが、FXの利益(損失)は為替の幅に左右され、為替の幅が大きくなるほど利益(損失)は大きくなります。

参考:為替オンライン(外部リンク)

FXは差益で儲けるのね。

同じ為替でも、バイナリーオプションとFXは似て非なるものなのです。

バイナリーオプションとFXは何が違うの?

ではバイナリーオプションとFXは主に以下の点で違います。

  1. 時間制限の有無
  2. 利益の出る仕組み
  3. レバレッジの有無
  4. 証拠金の有無

順番に解説していきます。

時間制限の有無

バイナリーオプションとFXは取引に賭ける時間に大きな違いがあります。

バイナリーオプションは制限あり

バイナリーオプションの場合、取引に時間制限が設けられています。一定の取引時間後の通貨の上下で勝敗が決まります。

バイナリーオプションでは30秒、1分、5分、15分、1時間、1日といった様々な取引時間を選ぶことができます。

最短で30秒で決着がつくスピード取引がバイナリーオプションの特徴なのです。

FXは時間制限無し

FXでは時間制限が一切ありません。

エントリーして1分後に売買してもいいですし、1日、1年、10年など自分の好きなタイミングで売買できます。そのためFXの取引には様々な手法があり、短時間のトレードをする人もいれば中長期の取引をする人もいます。

バイナリーオプションよりもFXのほうが時間的な自由度は高いと言えますね。

利益の出る仕組み

バイナリーオプションもFXも「上下を予想して利益を出す」という構造は同じです。しかし、バイナリーオプションとFXでは利益の出る仕組みが違うのです。

バイナリーオプションの場合

バイナリーオプションの場合、ペイアウト率(倍率)というものがあり、ペイアウト率によって返ってくる金額が決まります。

業者によって異なりますが、最も有名なバイナリーオプション業者であるハイローオーストラリアではペイアウト率が1.88倍から2.0倍の間で取引を行います。

例えばですが、1.88倍のペイアウト率で1万円エントリーした場合、2択を当てるとと18,800円になります。

バイナリーオプションの場合、エントリー金額に対して一定の倍率(ペイアウト率)で利益を得ることになります。

因みに、ペイアウト率は業者によって大きく異なりますよ。

FXの場合

対してFXの場合、購入した価格からのレートの差額で利益を出します。例えば、ドルを「100円」で買ったとします。その後に「110円」になれば10円の利益になります。

「100万円」でこの取引をすれば「110万円」になるので、10万円の利益を出すことができます。

つまりFXはバイナリーオプションと違い差額で利益を出すため、利益の割合が常に変化するということです。

レバレッジの有無

「レバレッジをかける」という言葉を聞いたことはありますか?

レバレッジは『てこ』の意味です。レバレッジとは『自分の元手の金額に対して、何倍以上もの金額で取引ができる』という意味です。株で使われる「信用取引」と同じです。

レバレッジの画像

バイナリーオプションにはレバレッジはありませんが、FXのにはレバレッジのシステムがあります。

例えば、自分の元手が100万円しかない場合でも、レバレッジを3倍にすれば実質300万円分の取引を行うことが可能です。

レバレッジをかけると自分の元手以上の利益を出すことが可能です。その反面、損失もレバレッジをかけた分だけ大きくなります。

レバレッジをかけると大きな取引ができるのね!


その分リスクも高くなるので、注意が必要ですよ!

バイナリーオプションとFXを比較

ここまで仕組みの違いを主に解説してきましたが、ここからは初心者が始めるにあたって、どちらが良いかを比較していきたいと思います。

安全性で比較

バイナリーオプションとFXを比較すると、バイナリーオプションの方が比較的安全でしょう。その理由として、バイナリーオプションは自分のエントリーした金額以上の損失が出ないからです。

安全性の画像

バイナリーオプションでは1回で取引できる金額が決まっており、負けてもそれ以上の損失が出ることはありません。FXの場合、自分の元金以上の損失が出る可能性があります。

それは先ほど紹介した「レバレッジ」が関係してきます。

レバレッジをかければ自分の資金以上の取引をでき、大きく利益を出すことが可能です。しかし当然ですが、自分の資金以上の取引を行うということは、それ以上の損失が出ることもあり得るのです。

レバレッジ取引をするためには、FX業者に証拠金という、担保となるお金を預けます。万が一証拠金以上の損失を出してしまうと、追加証拠金、通称「追証(おいしょう)」が発生します。追証は事実上借金にあたり、損失分の金額を業者に渡さなければなりません。

とはいえ、通常であればロスカット(損失の拡大を防ぐシステムのこと)が働くので、よほど大きく為替が動かない限り追証は発生しません。

バイナリーオプションも資金管理をしっかり行わないと、資金を溶かす可能性は十分にあります。ですがレバレッジがない分、バイナリーオプションは口座にある金額以上は絶対になくならず、FXに比べて安全性は高いです。

投資に使えるお金のみを預けていれば、バイナリーオプションは絶対に借金を負うことはありません。

稼ぎやすさで比較

バイナリーオプションとFXを稼ぎやすさで比較してみます。結論からいうと、正しいやり方をすればどちらも稼げますし、間違った取引をすれば稼げません。少し具体的に解説します。

バイナリーオプションの場合

バイナリーオプションの場合、ペイアウト率が決まっているため1回のエントリーに対する利益の限界が決まっています。ハイローオーストラリアという業者を例に取ると、通常のペイアウト率は1.88倍で、一回の最大エントリー金額は20万円です。

この場合、どれだけ資金があっても1回のエントリーで出せる利益は18,800円が限界です。

エントリーできる最大額はバイナリーオプション業者によって異なるので、さらに少ないところもありますよ。

FXの場合

対してFXでは、利益が一定ではありません。レートの差額を大きければ多額の利益が見込めますし、逆に差額が小さければ利益も少なくなります。

またレバレッジをかけられるので、資金と比べて大きな利益を見込むことも可能です。

自分で利確できる点やレバレッジがあるFXはバイナリーオプションに比べて自由度が高いです。しかしその分、多くの知識や資金が必要になることを認識しておきましょう。

稼げるときは、バイナリーオプションよりFXのほうが爆発力がありますね。

つまり、元手が少ない初心者の場合はバイナリーオプション、資金や経験が豊富なトレーダーはFXをオススメします。

初めやすさで比較

「結局最初に始めるならどっちがオススメ?」という疑問が出てくる頃かと思います。結論としては、初心者の方はバイナリーオプションから始めることをオススメします。

理由としては以下の3つがあります。

  1. 利確・損切りをしなくていい
  2. 必要以上の損失を負わない
  3. 元手が少なく始められる

なぜバイナリーオプションのほうが始めやすいのか、順番に解説します。

利確や損切りをしなくていい

バイナリーオプションの場合、一定時間後に勝手に決済されるので自分で利確や損切りをする必要がありません。

結果がわかる時間が決まっていることは、初心者にとって非常に大きいメリットです。

FXにおいて、利確や損切りには多くの経験や知識が必要になります。利確するタイミングが早すぎると利益が少なくなり、逆に損切りを引き延ばしにすると思いがけない損失を抱えることもあります。初心者の頃はこういったタイミングの判断が非常に難しいです。

上級者になっても投資の判断は難しいんですけどね。

ですがバイナリーオプションの場合、決まったルールで取引が行われるためチャートの分析に集中することができます。

簡単さを表す画像

投資初心者はチャートの分析以外にも、資金管理やメンタルコントロールが必要です。さらに利確や損切りといった別の要素が入ってくると一気に難易度が上がります。

そのため、最初のうちはシンプルに取引ができるバイナリーオプションをオススメします。

FXに比べてバイナリーオプションのほうが判断に必要な要素は少なくてすみます。

必要以上の損失を負わない

何度か説明しましたが、FXにはレバレッジというものが存在します。レバレッジをかけると、自分の資金では出せないような多額の利益を見込めますが、逆に資金以上のマイナスになることもあります。

追証が発生して、借金を抱える可能性も0ではありません。

バイナリーオプションの場合、このようなレバレッジがないためどれだけ損をしても、口座の資金以上の損失を出すことはありません。

資金管理が難しいFXよりも、必要以上のリスクを負わないバイナリーオプションの方が初心者の方にはオススメです。

バイナリーオプションでなれてきたらFXにチャレンジするのが自然ですね。

まとめ

ここまでバイナリーオプションとFXの違いについて解説してきました。最後に、バイナリーオプションとFXの比較をもう一度まとめます。

  1. バイナリーオプションは時間制限があり自動的に決済される
  2. FXは利確や損切りをする必要があり、レバレッジや証拠金というものが存在する
  3. 初心者はバイナリーオプション、上級者はFXがオススメ

これらを理解してどちらの投資がいいか、自身の状況と照らし合わせて決めるといいかと思います。

似てる部分もあるけど、FXのほうが少し難しそうね。

そうですね。バイナリーオプションで勉強してFXにチャレンジする人が多い印象です。逆に、FXができればバイナリーオプションも問題なくできるようになるでしょう。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない!未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す