ハイローオーストラリア白川とは?白川術の真実を暴露します【閲覧注意】

ハイローオーストラリアで利益を出したい!そう考える人のほとんどは、真っ先に検索サイトを利用して稼ぎ方を調べるはずです。
そこで「ハイローオーストラリア」と入力してみると、「白川術」という言葉がサジェストキーワードに出てきます。
いったい何だろう?と気になります。

自動的に表示されるサディストキーワードなだけに、もしかしたらハイローオーストラリアで勝てる術が載っているのでは?と期待をする人もいることでしょう。
そこで今回の記事では、ハイローオーストラリア白川術について調査をしてみました。

ハイローオーストラリアの画像

ハイローオーストラリアを始める3ステップ

ハイローオーストラリア白川術とは

白川術とは、ハイローオーストラリアで取引をする際の、エントリーポイントを説明した手法のことです。
開発をした白川英二氏の名前から、ご自身で命名をされていました。

白川術を考案したのは別サイトの方ですが、リンクは紹介しません。見る価値もないですしね。

それでは、実際にどのような手法なのかを確認していきましょう。

白川術の手法を理解するためには、「ゴトー日」と「仲値」、まずはこの2つの言葉を理解する必要があります。

ゴトー日とは

ゴトー日とは、5と10が付く日のこと、つまり5日、10日、15日、20日、25日、30日のことを指します。

参考:ONDA用語解説

ただしその日が土日祝の場合は、前日の平日に前倒しです。
為替を利用する人は、このゴトー日を気にしなければいけません。

五十日(ごとおび)とは、企業の締め日や給料日に指定されることが多く、一般的に忙しい日といわれています。

道路が込んでいる時に「今日は五十日だから」と聞いたことはありませんか?
物流やそれに伴ったお金が、普段よりも活発に動く日だからこそ使われる言葉です。

ゴトー日が忙しいことは輸入企業においても例外ではありません。

取引のある海外企業に、外貨を利用して支払いを行う業者も増えます。
外貨で支払いを行うということは、それだけ外貨を購入しなければいけなくなるということです。

ゴトー日は必然的に外貨を必要とする企業が増える、ここを理解しておきましょう。

仲値とは

仲値とは、金融機関が窓口で外貨を取り扱う時のレートのことを言います。

ハイローオーストラリアならば、活発に動く為替レートを利用し取引も行えますが、銀行の窓口で激しく動く値動きに対応するのは大変です。
そこで、金融機関の取引では午前9時55分の価格をその日の為替レートとして定め1日を通し利用します。

銀行も当然のことながら利益を求めなければいけません。
9時55分につけた価格が最も円安であれば、銀行にとって理想的な状態で取引が行えます。

仲値とは、金融機関にとって損失を生まないための重要なレートになることを知っておきましょう。

白川術はゴトー日と仲値を利用した手法

白川術は、先ほど説明したゴトー日と仲値の関係を利用した手法です。

銀行は、利益を上げるもしくは損失を防ぐために、できるだけ仲値を円安にしたいと考えます。
だからといって、外貨取引が少ない日にレートが円高でも、取引がなければそこまで気にはしていないのですけどね。

大切なのは、 取引が活発な日に仲値が最も円安であること、つまりゴトー日の9時55分は、最も円安でなければいけません。
そこで金融機関では、レートが決まる前に米ドルを仕入れ仲値がその日で最も円安になるように動きます。

このような流れから、9時50分ごろから9時55分ごろの間で円安になる傾向が強く、そこで取引を行うトレーダーも増えてくるのです。
ハイローオーストラリアで言えば、ハイエントリーをすれば負ける可能性が低くなります。

ここまでが、ハイローオーストラリアを利用した白川術の根源とも言える手法内容です。

白川術の具体的な内容

ハイローオーストラリアで白川術を使用する場合の手順は次のとおりです。

  1. ゴトー日である
  2. 仲値が決まる5分前の9時50分からエントリーを開始する
  3. USD/JPYでTurboの1分取引を利用する
  4. 1分ごとにエントリーをする

また注意点として、「 1秒のエントリーのズレがあれば、うまくいかないことが多い」と説明されていました。

詳しい手順から、ゴトー日の9時50分~54分までの1分ごとの間に、合計で5回のエントリーができることがわかります。

ここで、白川術の手法からリスクを考えてみましょう。

いくら円安傾向が強いと言われているゴトー日の仲値と言えど100%の保証はなく、上がり続ける訳ではありません。
5分間の間には下降もすることから、5回のエントリーすべてにおいて勝利できる可能性は極めて低いのではないでしょうか。

白川術は実用に足る手法ではない

白川術の注意点は、逃げのようなコメントとも取れます。
1秒のエントリーのズレに対し詳しい説明をしておらず、どういったズレなのか見当が付きません。

例えば、1秒のズレが3回起きてしまったとしましょう。
5回のエントリーのうち3回負けてしまうことから、2勝3敗となり確実に損失がでます。

デモ取引で試してみてからと説明をされていますが、注意点について詳しい説明がない以上、運任せになるかもしれません。

さらに言えば、 ローソク足の変わり目は、サーバーが重くなるなどの原因からエントリーがはじかれる可能性が高くなります。

1分ごとに切り替わるちょうどの時間でエントリーをすれば、はじかれてしまう可能性が高く、慌てて連打をすることで注意点にあげている1秒のズレが生じるかもしれません。

この点は、ハイローオーストラリアを利用している人ならば誰でもご存じなはず、そこに触れていないのは違和感とも言えます。

さらにゴトー日の仲値が上昇しない可能性を含めると、白川術の勝率は決して高くないのではないでしょうか。

MT4の過去データを見れば簡単にわかりますが、実際に上がるのは3回に2回程度です。
これらの点から、 白川術はリスクが多く、実用的とは残念ながら言えません。

サジェスト操作という悪行

リスクから実用性が低く、とても有名な手法とは言えな白川術をあなたが知ったのはなぜでしょうか?

白川術に出会ったほとんどの人が、ハイローオーストラリアと検索したらサジェストに白川術と出てきたから、と言うはずです。
そしてその人たちは、Yahoo!を利用して検索したことでしょう。

試しにGoogleでハイローオーストラリアと検索をしてみました。
サジェストに白川術の表示は出ないはずです。

これは、Yahoo!サジェストが操作されている可能性が高いことが考えられます。

サジェストに表示されると、多くの人が人気のキーワードと感じ、見たいと思うはずです。
その気持ちを利用するために、Yahoo!サジェスト対策を販売する業者があることを知っておきましょう。

つまり白川術は、人気があるから自動的に表示されるのではなく、Yahoo!サジェスト操作によって表示されている可能性が極めて高いと推測できます。

何のため?
それは、ハイローオーストラリアのアフィリエイト報酬と、ツールの販売が目的です。

検索エンジンを操作し集客し、アフィリエイト報酬やツールの販売をするためにできた攻略法が白川術です。
騙されないように注意してくださいね。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す