XMのスタンダート口座|特徴・使い方・メリット・デメリット


XMのスタンダート口座の特徴・使い方・メリット・デメリットを解説

XMのスタンダート口座は最も利用者が多く、人気がある口座です。

口座スペックが4種類あるXMの口座の中で1番スタンダートなタイプなので、初心者からプロまで幅広いスキルのトレーダーから愛用されています。

口座選びに迷った時はスタンダート口座を選びましょう。

今回はXMのスタンダート口座の特徴や他の口座タイプとの比較、使い方やメリット・デメリットまで解説します。

ボーナスが全部対象になるのが大きなメリットですよね!


他にもハイレバレッジやスワップポイントありなどのメリットもありますよ。


XMのスタンダート口座の基本情報

スタンダード口座の基本情報
口座開設数が1,000万超えのXM。

世界各国のFXトレーダーが利用している業者ですが、中でもスタンダート口座の人気は高く、メインであれサブであれほぼ全員が保有している口座です。

まずはXMのスタンダート口座の詳細を見て行きましょう。

口座タイプ スタンダート口座
基本通貨 JPY・USD・EUR
プラットフォーム MT4・MT5
スプレッド平均 1.6pips
口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMP
最大レバレッジ 1,000倍
通貨量 1ロット:100,000通貨
最小ロット 0.01ロット
最大ロット 50ロット
最大ポジション 200ポジション
発注方法 STP
最低入金額 5ドル
取引手数料 無料
スワップ あり
マージンコール 50%
ロスカット 20%
取り扱い FX通貨ペア:55種類
貴金属:4種類
株価指数:24種類
コモディティ:8種類
エネルギー:5種類
仮想通貨:31種類

XMのスタンダート口座は全てのボーナスが対象の口座です。

さらに最大レバレッジ1,000倍のハイレバレッジで取引ができ、1ロット100,000通貨と標準設定なので使い勝手がいい口座となっています。

取り扱い通貨ペアや銘柄も豊富に揃っていて、取引に有利です。

スプレッドは他の口座タイプと比べると広めの設定になっていますが、手法ごとの口座の使い分けで対応できます。

発注方法のSTPって何ですか?


Straight Through Processingのことで注文が直接カバー先へ流れる注文方法のことです。


スタンダート口座とその他口座を比較

XMには他にもマイクロ口座・ゼロ口座・KIWAMI極口座があります。

スタンダート口座以外の3つの口座タイプは特化型の口座で、一定の取引方法や手法に強いので使い分け口座として活用されることが多いです。

ではXMのその他の口座とスタンダート口座を比較してみましょう。

スタンダート口座 マイクロ口座 ゼロ口座 KIWAMI極口座
基本通貨 JPY・USD・EUR JPY・USD・EUR JPY・USD・EUR JPY・USD・EUR
プラットフォーム MT4・MT5 MT4・MT5 MT4・MT5 MT4・MT5
スプレッド平均 1.6pips 1.6pips 0.0pips 0.6pips
口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMP
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 500倍 1,000倍
通貨量 1ロット
100,000通貨
1ロット
1,000通貨
1ロット
100,000通貨
1ロット
100,000通貨
最小ロット 0.01ロット MT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット 0.01ロット
最大ロット 50ロット 100ロット 50ロット 50ロット
最大ポジション 200ポジション 200ポジション 200ポジション 200ポジション
発注方法 STP STP ECN OTC
最低入金額 5ドル 5ドル 5ドル 5ドル
取引手数料 無料 無料 往復10ドル 無料
スワップ あり あり あり なし
マージンコール 50% 50% 50% 50%
ロスカット 20% 20% 20% 20%
取り扱い FX通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31
FX通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31
FX通貨ペア:54
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:なし
FX通貨ペア:55
貴金属:4
株価指数:24
コモディティ:8
エネルギー:5
仮想通貨:31

スタンダート口座とマイクロ口座は似ている口座タイプです。

1ロットの通貨量や最大ロット数が違うので、スタンダート口座と似た取引環境で小ロット取引がしたい人に人気があります。

ゼロ口座はスタンダート口座と比べてスプレッドが狭いです。

主要通貨ペアは0.0pipsの狭いスプレッドで取引ができますが、取引手数料が往復10ドルかかるので注意して下さい。

それでもスプレッドが狭いのでトータルコストはスタンダート口座よりも安いです。


KIWAMI極口座は狭いスプレッドで取引手数料が無料の口座です。

ハイレバレッジで低コストな口座タイプなので、スキャルピングトレードに利用されることが多くなっています。

XMでは自分が何を重要視するかで口座タイプを選びましょう。

スタンダート口座との共通事項

XMの4種類の口座タイプにはそれぞれ特徴がありました。

でも標準スペックのスタンダート口座と共通している設定もあるので、共通事項として頭に入れておいて下さい。

基本通貨 JPY・USD・EUR
スプレッド 変動制
最低入金額 5ドル
マージンコール 50%
ロスカット水準 20%
ゼロカット 搭載
口座維持手数料 なし
複数口座 ◯(最大8個まで)
両建て

口座の基本通貨やスプレッドが変動制であることは共通です。

複数口座についてはスタンダート口座だからマイクロ口座だからではなく、XMのアカウント1つにつき8口座までと決められています。

取引時間についても口座タイプ関係なく共通です。
 

XMの取引時間夏時間:月曜06:05~土曜05:50
冬時間:月曜07:05~土曜06:50

夏時間・冬時間の切り替えはXMのお知らせやニュースで確認して下さい。

メールの配信でチェックもできますが、XMの公式サイトのお知らせから取引時間変更の一覧表を見ることも可能です。

2024.03.09

夏時間への移行に伴い、3月12日から3月31日の間は様々な金融商品のお取引時間に影響がありますことをご案内申し上げます。

XM公式サイト

同じように夏時間から冬時間への変更もアナウンスされます。

XMの公式サイト以外でもFXや投資関係のニュースを確認していれば、時間の切り替え情報は入ってくるのでご安心下さい。

XMのスタンダート口座のメリット

では次はXMのスタンダート口座のメリットをご紹介します。

標準スペックの口座タイプということもありメリットがたくさんあるので、大きく取引に関わる内容をピックアップしました。
 

スタンダート口座のメリット・全てのボーナスが受け取れる
・最大レバレッジ1,000倍で取引ができる
・取引できる銘柄数が多い
・0.01ロットから取引ができる

ではスタンダート口座のメリットを詳しく見ていきましょう。

全てのボーナスが受け取れる

スタンダート口座はXMの全てのボーナスの対象口座です。

XMで初めて口座を開設する人に対して付与される新規口座開設ボーナスを筆頭に、入金ボーナスやロイヤルティプログラムまで対象になっています。

新規口座開設ボーナス 13,000円
入金ボーナス 総額約150万円
ロイヤルティプログラム 取引に応じてキャッシュバック
友達紹介ボーナス 1.80倍~2.25倍

XMの新規口座開設ボーナス13,000円は入金なしで受取可能です。

入金ボーナスは最大10,500ドルのボーナスで、「入金額500ドルまでは100%バック、10,500ドルに達するまでは20%バック」となっています。

初回入金に限らず上限に達するまでもらえます!


ロイヤルティプログラムはXMのポイント制度のことです。

ロイヤルティプログラム

取引日数に応じて「ウェルカム・ゴールド・ダイヤモンド・エリート」とステータスランクが決まり、取引に応じてポイントが貯まっていきます。

対象 スタンダード口座・マイクロ口座
条件 仮想通貨以外の銘柄を10分以上保有
ポイント(1ロット毎) エグゼクティブ:10ポイント
ゴールド:13ポイント
ダイヤモンド:16ポイント
エリート:20ポイント
ポイント付与 ポジションを決済した時
獲得上限 なし
換金率 現金:ポイント÷40
ボーナス:ポイント÷3
ボーナスの出金 不可

XMのスタンダード口座・マイクロ口座で、最初のポジションを決済したタイミングでロイヤルティプログラムに自動参加されます。

ポイントの交換は圧倒的にボーナスへがお得です。

以上のようにスタンダード口座は全てのボーナスの対象なので、ゼロ口座やKIWAMI極口座より有利に取引が始められます。

口座開設だけでボーナスが終わらないからずっと有利に戦えますね!


最大レバレッジ1,000倍で取引ができる

XMのスタンダード口座のレバレッジは最大1,000倍です。

レバレッジとは証拠金以上の取引ができるようになるシステムで、国内FXは最大25倍ですが海外FXは制限がないため業者により異なります。

レバレッジとは

XMは1ロットの通貨量が100,000通貨なので、日本円に換算すると約1,300万円分のポジションが保有できることになります。

資金が豊富になくても、一定以上の取引ができるのがメリットです。
 

トレードの例証拠金:10,000円
レバレッジ1,000倍:1,000万円分の取引が可能

スタンダード口座ならXMのレバレッジの最大値での取引もできます。

ただ、レバレッジが大きくなれば大きくなるほど勝った時の利益も大きくなりますが、負けた時の損失も大きくなるので注意です。

少ない資金でハイレバトレードをすると、一瞬で退場になる可能性もあります。

スタンダード口座なんだから1,000倍にしないと損!なんて思わないように。


自身の資金量を考えてレバレッジの設定をして下さい。


取引できる銘柄が多い

XMのスタンダード口座は取引できる銘柄が最も多いです。

ゼロ口座で仮想通貨CFDの取引ができないように、口座タイプによって取引対象外になっている銘柄もあるのでかなり選択肢が広がっています。

まずはスタンダード口座で取引できるメジャー通貨ペアです。

通貨ペア 最大レバレッジ
USD/JPY 1,000倍
EUR/JPY 1,000倍
GBP/JPY 1,000倍
AUD/JPY 1,000倍
NZD/JPY 1,000倍
CAD/JPY 1,000倍
CHF/JPY 400倍
EUR/USD 1,000倍
GBP/USD 1,000倍
AUD/USD 1,000倍
NZD/USD 1,000倍
USD/CAD 1,000倍
USD/CHF 400倍
EUR/GBP 1,000倍
EUR/AUD 1,000倍
EUR/NZD 1,000倍
EUR/CAD 1,000倍
EUR/CHF 400倍
GBP/AUD 1,000倍
GBP/NZD 1,000倍
GBP/CAD 1,000倍
GBP/CHF 400倍
AUD/NZD 1,000倍
AUD/CAD 1,000倍
AUD/CHF 400倍
CAD/CHF 400倍

一部の通貨ペアで最大レバレッジに制限がかかっています。

それでも400倍のレバレッジをかけて取引ができるので、不足ということはありません。

次はスタンダード口座で取引できるマイナー通貨ペアです。

通貨ペア 最大レバレッジ
SGD/JPY 1,000倍
USD/NOK 1,000倍
USD/PLN 1,000倍
USD/SEK 1,000倍
USD/TRY 100倍
USD/CNH 50倍
USD/MXN 1,000倍
USD/SGD 1,000倍
USD/ZAR 1,000倍
USD/DKK 50倍
USD/HUF 1,000倍
USD/HKD 50倍
EUR/NOK 1,000倍
EUR/PLN 1,000倍
EUR/SEK 1,000倍
EUR/TRY 100倍
EUR/SGD 1,000倍
EUR/ZAR 1,000倍
EUR/DKK 50倍
EUR/HKD 50倍
EUR/HUF 1,000倍
GBP/NOK 1,000倍
GBP/SEK 1,000倍
GBP/SGD 1,000倍
GBP/DKK 50倍
CHF/SGD 400倍
NZD/CAD 1,000倍
NZD/CHF 400倍
NZD/SGD 1,000倍

XMではCHFを含む通貨ペアは最大レバレッジが400倍に制限されます。

他にもTRYを含む通貨ペアは最大100倍だったり、DKK・HKD・CNHを含む通貨ペアが最大50倍に制限されているのが特徴です。

次は貴金属の銘柄と最大レバレッジを見てみましょう。

銘柄 最大レバレッジ
GOLD 1,000倍
SILVER 400倍
PLAT 22.2倍
PALL 22.2倍
XAU/EUR 1,000倍

PLATはプラチナ、PALLはパラジウムです。最後のXAU/EURは金とユーロとなっています。

XMでは貴金属はGOLDの取引が人気です。

では次はスタンダード口座で取引ができる株価指数を見ていきましょう。

銘柄 最大レバレッジ
JP225 500倍
US30 500倍
US100 500倍
US500 500倍
US2000 250倍
UK100 500倍
GER40 500倍
EU50 100倍
FRA40 100倍
IT40 100倍
AUS200 100倍
SWI20 100倍
NETH25 100倍
HK50 66.7倍
SPAIN35 100倍
SA40 400倍
CA60 250倍
ChinaCash 250倍
USDX 100倍
VIX 100倍

株価指数もスタンダード口座ではたくさんの銘柄が取引可能です。

ただ、それぞれの銘柄ごとに最大レバレッジが異なるので、レバレッジ制限に注意してエントリーをして下さい。

次は仮想通貨の銘柄と最大レバレッジです。

銘柄 最大レバレッジ
BTC/USD 500倍
BTC/EUR 250倍
BTC/GBP 250倍
BCH/USD 250倍
BTG/USD 500倍
ETH/USD 500倍
ETH/BTC 500倍
ETH/EUR 250倍
ETH/GBP 250倍
LTC/USD 250倍
XRP/USD 250倍
AAVE/USD 50倍
ADA/USD 50倍
ALGO/USD 50倍
AVAX/USD 50倍
AXS/USD 50倍
BAT/USD 50倍
COMP/USD 50倍
ENJ/USD 50倍
FET/USD 50倍
GRT/USD 50倍
LINK/USD 50倍
MATIC/USD 50倍
SNX/USD 50倍
SOL/USD 50倍
STORJ/USD 50倍
SUSHI/USD 50倍
UMA/USD 50倍
UNI/USD 50倍
XLM/USD 50倍
ZRX/USD 50倍
ZEC/USD 50倍
1INCH/USD 50倍
APE/USD 50倍
APT/USD 50倍
ARB/USD 50倍
ATOM/USD 50倍
CHZ/USD 50倍
CRV/USD 50倍
DASH/USD 50倍
DOGE/USD 50倍
DOT/USD 50倍
EGLD/USD 50倍
EOS/USD 50倍
ETC/USD 50倍
FIL/USD 50倍
FLOW/USD 50倍
ICP/USD 50倍
IMX/USD 50倍
LDO/USD 50倍
LRC/USD 50倍
MANA/USD 50倍
NEAR/USD 50倍
OP/USD 50倍
SAND/USD 50倍
SHIB/USD 50倍
STX/USD 50倍
XTZ/USD 50倍

聞いたことがないような仮想通貨銘柄までXMでは取引が可能です。

ほとんどの仮想通貨銘柄が最大レバレッジ50倍ですが、250倍や500倍で取引ができる銘柄もあるのでダイナミックトレードもできます。

ただ、XMの仮想通貨にはロットによるレバレッジ制限もあり要注意です。
 

取引ロットによるレバレッジ制限0~14ロット:500倍
14~43ロット:250倍
43~70ロット:50倍
70ロット以上:1倍

例えばBTC/USDを20ロット取引したい場合は、14ロットまでは500倍のレバレッジですが、超えた6ロットについては250倍になります。

取引量に応じて必要証拠金が変わるので間違えないようにしましょう。

これは混乱しそうです!


XMには証拠金計算ツールなどの便利な機能があるので取引前に活用しましょう!


0.01ロットから取引できる

スタンダード口座の最小ロットは0.01ロットです。

コツコツ利益を追求するのではなく、一定以上の利益を追求したいトレーダーにとっては使いやすい口座タイプとなっています。

0.01ロット 1,000通貨
0.1ロット 10,000通貨
1ロット 100,000通貨

スタンダード口座の最低ロットで取引をした場合、為替レートが1pips変動すると利益や損失は10円変動します。

標準レベルのリスクがある取引だと言えるでしょう。

初心者なのでまだスタンダード口座は不安です…


不安がある場合はまずはスタンダード口座よりも通貨量が少ないマイクロ口座から始めるといいですよ!


マイクロ口座は1ロットの通貨量が1,000通貨です。

スタンダード口座の100,000通貨よりも小さいので、為替レートが変動した時の利益・損失の変動も抑えることができます。

XMのスタンダート口座のデメリット

メリットが多く使いやすいXMのスタンダート口座。

多くのトレーダーが愛用している口座ですが、少しデメリットもあるので口座の使い分けが必要になってきます。

 

スタンダート口座のデメリット・スプレッドが広い
・スワップポイントが発生

使わない方がいいほどのデメリットはありません。

でもよく考えて使わないと手法によっては悪い環境になってしまったり、予期せぬコストが発生する可能性が高いです。

スタンダート口座のデメリットも確認しておきましょう。

スプレッドが広い

スタンダード口座最大のデメリットがスプレッドが広いことです。

XMの他の口座タイプと比較しても、他の海外FX業者のスタンダード口座と比較しても広めのスプレッドになっています。

メジャー通貨でスタンダード口座とその他口座を比較してみます。

表示のスプレッドは掲載時点でのリアルタイム数値で、平均プレッドを記載しています。

通貨ペア スタンダード口座 ゼロ口座 KIWAMI極口座
USD/JPY 2.6pips 0.3pips 1.5pips
EUR/JPY 3.3pips 1.4pips 2.6pips
GBP/JPY 4.0pips 1.4pips 3.3pips
AUD/JPY 3.6pips 1.5pips 2.5pips
GBP/AUD 4.4pips 2.7pips 3.4pips

スタンダード口座の平均スプレッドを見ると分かるように、かなり広めになっています。

スプレッドは売買価格の差なので、広がれば広がるほどトレーダーは不利な状態で取引を始めなければいけません。

狭い方が有利なんです…


ただ、スタンダード口座はスプレッドが広いデメリットをカバーしています。

全てのボーナスの受け取りを可能にしていることや、ロイヤルティプログラムへの参加ができることでプラスにしているのです。

あとはトレーダーの判断に委ねられています。

ボーナスを重要視するのであればスタンダード口座で損はありませんが、スプレッド重視なら他の口座タイプを使った方がいいです。

XMだけ得をするシステムにはなってないので安心です!


スワップポイントが発生

XMのスタンダード口座では毎日スワップポイントが発生します。

通貨間の金利差のことで、プラススワップの時は金利を受け取りますが、マイナススワップの時は金利を支払う必要があるので気をつけて下さい。

スワップポイントとは

上記のようにドルを買って円を売った時はプラススワップです。

金利差0.35%を受け取ることができます。マイナススワップの場合は0.35%を支払わなければいけません。

XMではスワップポイントはニューヨーク市場の閉場の時に発生します。
 

スワップポイント発生時間夏時間:午前6:00
冬時間:午前7:00

休業日である土日のスワップポイントは木曜日の早朝にまとめて処理されるので、木曜日は3日分のスワップが付与または徴収されます。

1日分 1日分 3日分 1日分 1日分 閉場 閉場

水曜日は3日分になるので、プラススワップもマイナススワップも通常の3倍になると覚えておいて下さい。

特にマイナススワップに注意です!


XMで取引できるメジャー通貨の一部のスワップポイントを見てみましょう。

通貨ペア 売スワップ 買スワップ
USD/JPY -36.61 10.89
EUR/JPY -30.15 7.25
GBP/JPY -44.58 12.52
AUD/JPY -18.63 6.97
GBP/AUD -12.92 -3.52

一部通貨ペアのスワップを見ても分かるように、必ずしもプラスとは限りません。

プラスの場合は受け取りなので問題ないですが、マイナスの時は毎日スワップポイントを支払うためスワップ取引はよく考えて実行して下さい。

XMではトルコリラ・南アフリカランド・メキシコペソなどの高金利通貨の取引が可能です。

ハイレバレッジを最大限に活用して、長期的なスワップポイントを狙った取引をすることもできます。

高金利通貨ってどう判断するんですか?


政策金利を確認すればいいんですよ!


各国の政策金利は変動するので、取引をする通貨ペアに関係がある経済指標の発表の「政策金利」を必ず確認しておいて下さい。

2024年5月現在の政策金利がこちらです。

日本円 0.10%
ドル 5.50%
ユーロ 4.50%
ポンド 5.25%
豪ドル 4.35%
カナダドル 5.00%
スイスフラン 1.50%
メキシコペソ 11.0%
南アフリカランド 8.25%
トルコリラ 50.0%

金融政策のために各国の中央銀行が設定しています。

景気がいい状態の時は政策金利を高くすることでインフレを抑制し、景気が悪い時は政策金利を低くすることで経済を活性化させているのです。

スワップポイントの増減に直結する重要な指標となります。

XMのスタンダート口座の注意点

XMのスタンダート口座を使う時の注意点です。

初心者にもおすすめできるほどの使いやすいスタンダートな口座ですが、注意して使わないと損をすることもあります。

XMのルールの再確認をしておいて下さい。

資金移動でのボーナス消滅

XMには豊富な手厚いボーナスがあります。

スタンダード口座はすべてのボーナスの対象となっている口座なので、ボーナスを保有しているトレーダー多いでしょう。

ボーナスは資金移動をする時に一緒に移動または消滅します。

スタンダード口座とマイクロ口座間の資金移動はボーナスも一緒に移動、ボーナス対象外のゼロ口座とKIWAMI極口座の場合は消滅するので要注意です。

XMの資金移動では移動した金額の割合と同じ割合のボーナスが移動します。


ではスタンダード口座から半額をマイクロ口座に移動してみます。

スタンダート口座 マイクロ口座
口座残高 50,000円 0円
ボーナス 20,000円 0円

現在口座残高は50,000円あります。

スタンダード口座からマイクロ口座へ25,000円を資金移動してみましょう。

スタンダート口座 マイクロ口座
口座残高 25,000円 25,000円
ボーナス 10,000円 10,000円

20,000円あったボーナスも半分の10,000円がスタンダード口座から移動しました。

ボーナス対象口座同士だったので移動しましたが、ゼロ口座やKIWAMI極口座へ移動していた場合はボーナス10,000円が消滅です。

もったいないので使い切ってから資金移動した方がいいですね!


詳細は追加口座の記事で解説しているので参考にして下さい。

禁止されている両建ての実行

XMのスタンダード口座を使う時、両建てには注意して下さい。

同一口座間の両建てはルールの範囲内での取引なので問題ないですが、複数口座間や他業者間の両建ては禁止されています。

意図的に行っても、知らずに行ってもペナルティの対象です。
 

両建てによるペナルティ・利益の没収
・口座凍結
・強制解約

禁止された両建てで得た利益は自分のものにはなりません。

XMはスタンダード口座に限らず、すべての口座に両建ては同一口座間のみというルールは適応されます。

複数口座間や他業者間の両建てを禁止する理由はゼロカットの悪用防止です。

スタンダード口座とゼロ口座で両建てをしたと仮定します。


相場の急変が起こりスタンダード口座では大きな利益が出ましたが、ゼロ口座では大きな損失が発生してしまいました。

ただ、XMにはゼロカットが搭載されているので損失が口座残高までに限定されます。

トレーダーはリスクなしで両建てができますが、XMは口座残高以上の損失をカバーするためマイナスにしかなりません。

XMだけが損失になる両建てなんですね…


以上の理由で両建てには厳しいルールが設定されているのです。

禁止された両建てを実行した場合は、最悪の場合はXMで永久に取引ができなくなるので絶対に行わないように気をつけて下さい。

スキャルピングに不向き

XMのスタンダード口座はスキャルピングには不向きです。

スタンダード口座のスプレッドは広めに設定されているので、数秒~数分の取引を繰り返すスキャルピングでは利益になりにくいでしょう。

USD/JPYで平均スプレッドと最小スプレッドを比較してみます。

平均スプレッド 最小スプレッド
スタンダード口座 2.6pips 2.1pips
マイクロ口座 2.6pips 2.1pips
ゼロ口座 0.3pips 0.1pips
KIWAMI極口座 1.5pips 0.9pips

スタンダード口座よりも圧倒的にゼロ口座の方が狭いです。

スキャルピング取引をしたい時はスタンダード口座ではなくゼロ口座が理想なので、追加口座での使い分けをおすすめします。

スタンダード口座はデイトレードやスイングトレードにおすすめです。

スタンダート口座の口座開設方法

スタンダート口座の口座開設方法です。

他の口座タイプと手続きの流れは同じですが、口座タイプの選択の部分でスタンダート口座を選んで下さい。

\13,000円分のトレード資金がもらえる!/

XMで口座開設をする【無料】

まずは口座開設ボタンをクリックします。

XM公式サイトのトップ

入力フォームが立ち上がります。

居住国はJapan、口座ブランドは入力されている状況のままで先に進めて問題ありません。

居住国と口座ブランドの設定

XMの口座ブランドは2種類ありますが、どちらを選んでも設定等は同じです。

次にXMで使用するメールアドレスを入力します。

メールアドレスの設定

XMのメールアドレス設定は赤枠の中の設定条件をクリアしていないと完了できません。

また、設定したメールアドレスにはキャンペーン情報や大切なお知らせなどが届くので、すぐに気付くメールアドレスにして下さい。

パスワードも忘れないものを設定しましょう。

メールアドレス認証

メールアドレスの認証を行います。

届いていない場合はメールアドレスの入力が間違っていたか、迷惑メールに振り分けられている可能性があるので確認して下さい。

次にプロフィール認証に進みます。

XMのプロフィール認証

表示されている必要事項を入力して下さい。

名前 ローマ字で入力
ミドルネーム 省略してOK
フリガナ カタカナで入力
生年月日 生年月日を選択
出生地 Japan
電話番号 自宅または携帯番号を入力

電話番号は左側に国の識別番号の+81が表示されているので、最初の0を省いた残りの番号を入力すればいいだけです。

例えば「090-134-5678」の場合は、「90-1234-5678」となります。

入力が終わったら次の画面に進み、詳細な住所を英語に変換して入力して下さい。

住所の入力画面

英語変換が難しい場合は、無料ツールで変換可能です。

住所の入力が終わったら、納税情報の入力に進みます。

納税情報の入力画面

納税義務のある米国市民ではないのでいいえ、納税者識別番号の有無は自分で選択して入力して下さい。

要するにマイナンバーカードを登録するかしないかです。

登録しなくても問題はないので、提出したくない場合はここではいいえを選択して先に進めて下さい。

投資家プロフィールの入力画面

次は投資家プロフィールを入力していきます。

プルダウンから該当する回答を選ぶだけなので、簡単に入力できます。

年間投資予定額 予想年間予定投資額を選択する
取引目的 取引目的で合うものを選択する
雇用形態 雇用形態を選択する
業種 業種を選択する
(ない場合は似たような業種を選択する)
推定年収 大体の年収を入力する
純資産 大体の純資産を入力する

投資額が少ない・年収や資産が少ないからと、XMでの口座開設を拒絶されることはありません。

正確に回答する必要はないので、大体で大丈夫です。

ここでやっと取引口座の設定にたどり着きました。

スタンダード口座を開設する

まずはMT4またはMT5のプラットフォームを決定します。

次に口座タイプを選択するので、ここでスタンダード口座を選択すればいいだけです。

このあと基本通貨やレバレッジ・ボーナスの受け取りの有無を選択して、口座開設を最後まで完了させましょう。

口座開設と有効化についても詳細を別記事で解説しています。

XMのスタンダード口座と相性がいい人

スキャルピングをする人とスタンダード口座の相性が悪いように、取引スタイルによっては別の口座が有利な場合もあります。

最後にスタンダード口座と相性がいいトレーダーを解説します。

自分の取引スタイルとXMのスタンダード口座の設定がマッチしているのかどうか、事前に確認して判断しましょう。

スタンダード口座と相性がいいトレーダーは3パターンです。
 

スタンダード口座と相性がいいトレーダー①初心者トレーダー
②デイトレーダー
③ボーナスやポイント制度を重視する人

では詳しく見ていきましょう。

①初心者トレーダー

XMのスタンダード口座はベーシックな口座タイプです。

取引環境が平均水準でボーナスも全てが対象なので、迷った時はスタンダード口座を開設すれば失敗しません。

また、最大レバレッジが1,000倍なのでまだ資金が少ない人も安心です。

損失になった場合を考えてハイレバレッジにしすぎないようにしましょう。


これからFXを学んでいくという初心者トレーダーは、まずはXMのスタンダード口座で修行を積んでみましょう。

慣れたら追加口座を作成すれば他の取引スタイルにも挑戦できます。

②デイトレーダー

スタンダード口座はデイトレーダーとの相性抜群です。

保有しているポジションをその日のうちに決済して利益や損失を確定させる取引方法で、短期間での取引を指しています。

手数料無料で大きな取引から小さな取引まで対応しているスタンダード口座がぴったりです。

ボーナスも対象でXMPも貯まるので、有利なトレードができます。

ボーナスやポイント制度を重要視する人

スタンダード口座は口座開設・入金・ポイントと、全てのボーナスが受け取れます。

口座開設ボーナスは1回限りですが、入金ボーナスは上限までなら何回でも受け取りが可能で、稀にリセットされ再度受け取れることもあるようです。

直近では2024年4月のゴールデンウィークに期間限定で復活しました。

過去の復活入金ボーナス

リセットの条件は特に公開されていないのですが、過去の実行歴からいくつかの条件が分かったので意識しておいて下さい。

キャンペーンの開催 ・3月始め~4月始め
・7月始め~8月始め
・9月始め~10月始め
・11月始め~12月始めに多い
取引歴 最終利用から2ヶ月~半年経過
利益 収益があまりあげられていない
ルール XMの禁止事項に反する取引がない
スタイル ハイレバギャンブルトレードがない
ボーナス 使い切って余っていない

復活キャンペーンの開催があればベストです。

XMの公式サイトやメールでお知らせされるので、期間中に入金を実施してボーナスをもう一度獲得してお得に取引をしましょう。

スタンダード口座では入金ボーナスが複数回利用できるチャンスがあり有利です。

上限まで受け取っても終わらないのはさすがXMです!


XMのスタンダード口座のまとめ

XMのスタンダード口座について詳しく解説しました。

もう一度スタンダード口座のスペックを確認しておきましょう。

口座タイプ スタンダート口座
基本通貨 JPY・USD・EUR
プラットフォーム MT4・MT5
スプレッド平均 1.6pips
口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMP
最大レバレッジ 1,000倍
通貨量 1ロット:100,000通貨
最小ロット 0.01ロット
最大ロット 50ロット
最大ポジション 200ポジション
発注方法 STP
最低入金額 5ドル
取引手数料 無料
スワップ あり
マージンコール 50%
ロスカット 20%
取り扱い FX通貨ペア:55種類
貴金属:4種類
株価指数:24種類
コモディティ:8種類
エネルギー:5種類
仮想通貨:31種類

バランスが取れた標準的な口座なので、初心者にもプロにも人気があります。

XMでどの口座を開設するかなかなか決められないという人は、まずはスタンダード口座を開設して後で必要に応じて追加口座を作成してみて下さい。

自分にとって最適な口座タイプの使い方を考えていきましょう。

ハイローオーストラリアを基礎から学ぼう!ハイローワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

ハイローオーストラリアのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【ハイローワールド】。 トップページでは、ハイローオーストラリアについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるハイローオーストラリア!

ハイローオーストラリアの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、ハイローオーストラリアの始め方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

ハイローオーストラリアのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す