Bi-Winning(バイウィニング)は安全?口コミ・評判・スペックを解説


Bi-winning
2021年4月、Bi-Winning(バイウィニング)という新しいバイナリー取引所が誕生しました。

いま一番勢いのある新進気鋭のブローカーですが、口コミや評判が賛否両論はっきり分かれているのが気になります。

どこかで見たことのある取引画面で、他社のパクリ?って感じてしまいますが、本当に信用できる業者なのでしょうか。

そこで今回は、最先端の取引と名高いBi-Winningについて解説!

本当に出金できるのか、資金の安全性が担保された業者なのか不安や疑問点にお答えします。

試しにBi-Winningを使ってみようかな?と考えてる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

Bi-Winningに向いてるのはマイナーな通貨ペアの手法がある人ですね。

正直、バイナリーオプション初心者ならBi-Winningより運用歴の長い業者からはじめるのがおすすめ。

Bi-Winningとは2021年設立の新しいバイナリー業者

Bi-Winning(バイウィニング)は2021年4月15日設立のフィリピンに拠点を置く会社が運営しています。

海外バイナリーオプションで有名なハイローオーストラリアと概要を比較してみましょう。

業者名 Bi-Winning(バイウィニング) High Low
運営会社 KALI-KONEK CORPORATION HLMI LLC
所在地 BLK 69 LOT 42 BEGONIA STREET, RIZAL CITY OF MAKATI FOURTH DISTRICT, PHILIPPINES First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building
James Street
Kingstown
St. Vincent and the Grenadines
設立年月日 2021年4月15日 2020年7月17日
取引方法 ショート
ロング
Highlow(ハイロー)
Highlowスプレッド
Turbo(ターボ)
Turboスプレッド
最低入金額 5,000円 5,000円
最低エントリー額 500円 1,000円
最高エントリー額 20万円 20万円
ペイアウト率 短期(1~5分)1.87~1.88倍
長期(10~1時間)1.82~1.84倍
最大2.2倍
カスタマーサポート 平日10:00 ~ 17:00 [日本時間] 平日9:00~17:00

Bi-Winningの評判・口コミは賛否両論引き分けの場合は払い戻しされ、土日も取引可能なため、ハイローオーストラリアから乗り換えるトレーダーも出てきました。
しかし、SNSなどネット上の口コミや評判はまだまだ少ないため、この次の章で詳しく解説していきます。

Bi-Winning(バイウィニング)について調べると、大絶賛する人と今はまだやめとけ。と言う人に分かれます。

何でほめる人と止める人に分かれるんですかね?

大絶賛する人は紹介料目的の人もいるから、信じ切るのは要注意!

SNSやヤフー知恵袋などの口コミをまとめましたので、見ていきましょう。

良い評判・口コミ

2名無しさん@お金いっぱい。2021/09/01(水) 17:55:13

ハイローに劣ってる要素がないな・・・
これはさっさとハイローからバイウイニングに乗り替えた方が賢いな

出典:5チャンネル

悪い評判・口コミ

1150088528さん 2021/8/4 20:48

Yahoo!知恵袋ではハイローの業者が多いせいかこの取引所のアンチコメントが多く正しい情報をと思いコメントさせていただきます。

まずアカウントを作り直すのは辞めた方がいいと思います。
これはこの取引所に関わらず複数アカウント作成は金融系ではご法度です。
最悪アカウントBANになる恐れがありますので気をつけてください。

そして初回入金ボーナスですが、一部の成績を上げているアフィリエイターに付与されている特典だそうです。
私も活用させていただきましたが、私の周りでは
全くつかない人(公式リンクから登録してしまった)
10%ついた人(一般アフィリエイターから登録)
20%ついた人(一部のアフィリエイターから登録)という感じで
ある程度の概要が見えてきています。
私はこのサイト経由で登録をしたのですが20%ボーナスがついていました。
https://bi-winning.wiki

主様の勿体無いという感覚はすごく分かりますが危険なので作り直しなどはされない方がいいと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

 

画面が見ずらい、エントリーのズレ、サポートへの問い合わせの返信の遅さなどの口コミが目立ちますね。

結局、ハイローオーストラリアの方が使いやすいという意見もよく見かけますね。

Bi-Winningのメリット

他の海外バイナリーオプション業者とくらべてBi-Winningが魅力的な点は以下の通りです。

Bi-Winningは新しい業者ではありますが、他社と比較して魅力的な部分も多いため利用者が急増しているのも事実です。

忖度なしに他の海外バイナリーオプション業者とくらべて優れている点をまとめました。
具体的なメリットを詳しく説明していきます。

メリット①:土日でも取引ができる

Bi-Winningは仮想通貨取引が可能なため土日でもトレードが可能なのが特徴です。
通貨ペアは22通貨の取り扱いがあり他のバイナリーオプション業者にくらべて豊富。

サラリーマントレーダーにとって、土日に取引できるのは助かりますね!

副業でバイナリーオプションしている人がほとんどだから、休みの日にじっくり投資できるのはうれしいですね。

メリット②:引き分け(ドロー)は払い戻しされる

Bi-Winningは同値負けがない=引き分け(ドロー)の場合はエントリー額が払い戻しされるのが一番のメリットでしょう。

ハイローオーストラリアはドローの場合負けなのでエントリー金額は没収されます。

Bi-Winningの同値返金システムは利用者からの評判が非常に高い!

値動きの小さい日本時間を狙うトレーダーにとってはありがたいシステムですよね。

他のバイナリーオプション業者も引き分けの場合はエントリー額は返ってこないことが多いので、Bi-Winningは稼ぎやすい業者と言えますね。

メリット③:銘柄数が豊富

Bi-Winningのメリットは取り扱いの銘柄が多い点です。

銘柄 種類数
通貨ペア 22種類
株式 32種類
コモディティ 4種類
指数 5種類
仮想通貨 19種類

出典:Bi-Winning 公式

 

Bi-Winningの選択できる通貨ペアや銘柄の詳細は以下の通りです。

通貨ペア

AUD/USD・NZD/USD・AUD/CAD・AUD/CHF・AUD/JPY・CAD/CHF

CAD/JPY・CHF/JPY・EUR/AUD・EUR/CAD・EUR/CHF・GBP/AUD

GBP/CAD・GBP/CHF・EUR/JPY・EUR/GBP・GBP/JPY

株式

Apple・Google・HSBC・IBM・Amazon・Ebay・Twitter・Facebook・Microsoft

アリババ・購入済金額・Sanofi Aventis・BNP Paribas・SAP・Siemens

BBVA・Renault・BMW・Volkswagen Vz・テスラ・Netflix

コカコーラ・マクドナルド・Exxon Mobil Corp・ウォルトディズニー・Citigroup

ゴールドマンサックス・intel・Boeing Co・VISA・adidas・Allianz・Michelin

CFD

金・銀・天然ガス先物・原油先物

指数

ダウジョーンズ先物・S&P500先物・DAX30先物・NASDAQ100先物・IBEX35先物

仮想通貨

Bitcoin・Ethereum・Litecoin・Ripple・EOS・Cardano

Aave・Bitcoin Cash・Bitcoin SV・Polka Dot・Link・Theta

Tron・Uniswap・VeChain・Stellar・Monero・Tezos・Dogecoin

通貨ペアが22種類あるのはめっちゃ多くて驚き!

仮想通貨も19種類と豊富で順次追加されていますよ!

メリット④:エントリー画面にチャート表示ができる

エントリー画面にチャートが表示される機能を搭載したのは、Bi-Winningのセンスの良さを感じます。

他社とちがう点

  1. エントリー画面にローソク足などのチャート表示ができる
  2. チャート画面にインジケーターの挿入も可能

時間軸の変更やラインを引くのも可能ですよ!

メリット⑤:エントリー金額は500円から

バイナリーオプション業者の多くはエントリー金額の最低額は1,000円なのがほとんど。
しかし、Bi-Winningのエントリー金額は500円からなので、マーチンを使うトレーダーにとってはうれしいですよね。

とりあえず、新しい業者で不安なので500円からエントリーできるのは助かります!

Bi-Winningのデメリット

メリットを理解できた次に、気になるデメリットについても説明していきます。

デメリット①:クレジットカード入金は不可

Bi-Winningのデメリットのひとつとして、入金手段が少ない点が挙げられます。

Bi-Winningってクレジットカード入金できないんですよね?

そうですね。銀行振込か仮想通貨のどちらかのみです。

銀行振込
最低入金額:5,000円
入金:銀行営業日の12:00(正午)までの入金は、通常、同日の15:00までにお客様の取引口座に反映されます。 12:00(正午)を過ぎた場合は、翌銀行営業日に取引口座に反映されます。
出金条件:取引口座残高が1万円以上ある場合に出金可能。1万円未満の出金は口座解約時のみ可能。
出金:銀行営業日の12:00(正午)までに出金依頼を行った場合は翌銀行営業日に着金します。12:00(正午)を越える場合は翌々銀行営業日に着金します。

ビットコイン(仮想通貨)
入金:ログイン後のご入金ページ、仮想通貨入金に記載のビットコインアドレスに、0.001以上のビットコインを送金下さい。
送金後、記載のメールアドレスに送金内容をご連絡ください。

出典:Bi-Winning 公式サイト

デメリット②:取引方法が少なく取引画面が見ずらい

Bi-Winning

Bi-winningはショートとロングから取引形態と判定時間を選んでエントリーします。

通貨ペアや銘柄によって選べる判定時刻が異なるので、バイナリーオプション初心者はちょっと混乱するかもしれません。

ショート 1分・2分・3分・4分・5分
ロング 10分・15分・20分・25分・30分・45分・60分・14時間・21時間

ショートとロングの2種類だけなんですね。

ハイローオーストラリアでいうTurbo(ターボ)取引のようなものです。

ハイローの4つの取引方法と判定時間

  1. HigiLow(ハイロー):15分・1時間・1日
  2. HigiLowスプレッド:15分・1時間・1日
  3. Turbo(ターボ):30秒・1分・3分・5分
  4. Turboスプレッド:30秒・1分・3分・5分

ハイローオーストラリアのTurbo/Turboスプレッドのメリットは自分がエントリーポイントが決められる点。
時間が固定されていないので、チャンス!と思ったタイミングでエントリーできるのですが、ハイローオーストラリアに慣れている人にとってBi-Winningのエントリーポイントって非常に分かりにくい!
Bi-Winningのアイコンはチャートに連動してるので、自分がエントリーした時点から、HighなのかLowなのか分かりにくいのがデメリットと言えます。

Bi-Winningの不安要素

Bi-Winningは新しいバイナリーオプションブローカーのため、まだまだ不安が残ります。
筆者が気になった点をピックアップしますので、具体的に見ていきましょう。

運営歴が短く金融ライセンスの記述がない

海外バイナリーオプションに慣れたトレーダーは、金融ライセンスの保有は必ず確認する点です。
Bi-Winningの公式サイトを調べてみると金融ライセンスの明記はなく、電話番号も書いてなかったので不安が残ります。

一応、フィリピンの運営会社の社名と住所は載っていましたよ。

実態のある企業だろうけど、実績が少ない会社はBi-Winningに限らず信頼性にかけますね。

新進気鋭のバイナリーオプション業者が経営破綻するのはよくある話で、予兆として出金拒否や口座凍結の口コミが増えます。

投資の基本は余剰資金での取引です。

他のバイナリーオプションの利用と同様にBi-Winningのトレードも自己資金の管理を徹底して低リスクな取引をおこなうようにしましょう。

出金申請したらボーナスが消えた!

Bi-Winningは新しい会社のため、実際に出金した人や、ボーナス消滅トラブルの口コミ情報が少ないので不安ですよね。

Bi-Winningの出金条件は以下の通り

  1. 最低出金額は1万円
  2. 出金方法は銀行送金のみ
  3. ボーナスが残った状態で出金すると消滅する場合があるので要注意

ボーナスって口座開設ボーナスのことですか?

そうですね。入金額の20%がボーナスとして受け取れるんですよ。

 

実は入金ボーナスには消滅条件が存在します。

  1. 条件:ボーナス金額の90倍以上の取引をしなければ、ボーナス分が出金時に消滅する。
  2. 例):ボーナス金額が1万円なら、90万円分の取引をしないで出金申請したらボーナスの1万円は消滅。

え!知らずに出金申請したら消滅しちゃいましたよ。


せっかくもらったボーナスがいきなり消えたら悲しいので、消滅条件はしっかりと理解しておこう!

 

取引画面が他社とそっくりだけどパクリ?

Bi-Winningの公式ページってハイローオーストラリアに似てません?

あ、気付きましたか。他のブログではハイローのパクリだ!って言われていますよね。

Bi-Winningの公式ページはハイローオーストラリアにそっくりですし、取引画面はファイブスターマーケッツに激似なんです。

Bi-Winningを叩く気はさらさらないのですが、逆に言えば他社で取引したことある人なら操作性が似ているので、Bi-Winningに乗り換えてもすぐに慣れるというメリットがありますよね。

こじつけじゃない?

いや、実際にトレードしてみたけど違和感なくすぐ取引できましたよ。

安全性について不安が残る人は、もう少し口コミが増えるまで、デモ取引でお試しトレードするのが一番です。

まとめ:デモ口座でとりあえず始めてみる価値あり

今もっとも勢いのある海外バイナリーオプション業者であるBi-Winning(バイウィニング)。
しばらくは静観して、安全性が確認出来てから自分もトレードしてみようという人が多いのではないでしょうか。
ペイアウト率も高く、土日もトレード可能で、同値負けがないため、非常に稼ぎやすいと言えます。
操作画面もハイロー取引経験者なら、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

Bi-Winningは中上級者以上のトレーダー向きのバイナリーオプションブローカーです。

まずはデモ画面で取引環境の確認や感覚をつかんでからリアル口座を開設してみることをおすすめします。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す