バイナリーオプションで攻略しやすい時間帯|絶対NGの時間帯

WinningTime

実は、バイナリーオプションには勝てる時間帯があるのはあまり知られていません。

あらゆる攻略を試してもダメだった方は時間帯をズラすだけで勝てるようになるでしょう。

今回は、東京(アジア市場)、ロンドン(ヨーロッパ市場)、ニューヨーク(ニューヨーク市場)と言われる、世界三大取引市場から勝てる時間帯を見つけましたので紹介していきます。

時間帯なんて取引に関係あるのかしら?


時間帯攻略こそバイナリーオプションには重要!


バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯

Time

バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯は「相場が安定している時間帯」です。

急激な為替変動のリスクを最小限に抑えることができるので、予想外の負けやムダな負けを回避して勝率を上げることができます。

ただ、取引手法によっては狙うべき時間帯が変わるので注意してください。

取引手法 狙うべき時間帯
順張り トレンドが形成されやすい時間帯
逆張り トレンドが形成されにくい時間帯

順張り・逆張りの勝ちやすい時間帯について詳細を見ていきましょう。

順張りトレンド相場の勝ちやすい時間帯

まずは順張りでトレンドの発生を狙う人が取引をすべき時間帯についてです。

トレンドの発生に期待をかけるのであれば取引量が多い通貨を狙います。昨年2022年の通貨の取引量ランキングは以下の通りです。
通貨取引量ランキング

1位:ドル
2位:ユーロ
3位:日本円
4位:ポンド
5位:人民元

この上位4位までは2021年と同様で順位が変わっていません。5位の人民元は2021年は8位でしたが、2023年に5位に浮上しました。

狙うのであれば圧倒的取引量を誇るドルから日本円まででしょう。

よってニューヨーク市場・ロンドン市場・東京市場がオープンしている時間帯を狙うことで、トレンドが発生しやすく勝ちやすいと言えます。

トレンド相場の順張りなら21:00~2:00がおすすめ!


21:00~2:00はゴールデンタイムと呼ばれています。

21時頃はニューヨーク市場のオープンが迫ることで24時間の中で最も取引が多くなり、特にドルストレートが活発に取引される時間帯です。

トレンドにうまく乗ることで勝ちに繋げることができます。

逆張りレンジ相場の勝ちやすい時間帯

次は逆張りでレンジ相場を狙う人が取引をすべき時間帯についてです。

大きなトレンドが発生しにくく値動きに落ち着きを見せる時間帯が適していて、24時間の中でチャンスは3回ほどあります。

①12:00~15:00
②18:00~21:00
③1:00以降

午前中にトレンド相場になった後のレンジ相場(12:00~15:00)は、政策金利の発表やほぼ値動きがないヨーロッパ通貨を避けることで勝ちやすくなります。

18:00~21:00の逆張りでは16時~17時の間にトレンドを作った銘柄が狙い目です。

深夜1:00以降はロンドン市場が閉まって参加者も減る時間帯なので、レンジ相場になりやすく逆張りが勝ちやすい時間帯となっています。

1時以降のレンジ相場

逆張りは相場の流れと逆方向にエントリーをする手法なので難易度は高くなっています。

逆張りが勝ちやすい局面は2パターンあります。

①急変動が予想できる相場
②ボックス相場

経済指標の発表の影響で大幅に為替変動が起こると予想できる時に逆張りをすると、急激に上下し過ぎたことによる反発で勝ちやすいと言われています。

要因やローソク足からどの程度の時間、戻るまでにかかるか予想をするスキルが必要です。

根拠のないエントリーで大損ってケースもあるみたいだね…


経験が多くて豊富な知識がないとハイリスクになるぞ!


ボックス相場は短絡的な値動きをしている相場のことです。

一定の値幅で上下を繰り返している相場なので順張りをして勝てたとしても小さな利益に留まることが多く、逆張りの方が相性は良いと言えます。

基本的にレジサポラインを活用して逆張りをします。

ただ、本当に反発をして戻ってくるのかを見極めるスキルが必要になるので難易度がかなり高く、初心者にはおすすめできません。

バイナリーオプションの1日の取引難易度

Time

1日24時間の中でバイナリーオプションの取引難易度は変化していきます。

難易度の低い時間帯を選んで取引をしたいものですが、多くの人が学校や仕事から開放されている時間帯は高難易度であることが多いのです。

時間帯 取引難易度
7:00~8:00 難関
8:00~9:00 難しい
9:00~10:00 難関
10:00~14:00 易しい
14:00~15:00 難しい
15:00~17:00 易しい
17:00~18:00 難しい
18:00~21:00 易しい
21:00~23:00 難関
23:00~24:00 難しい
23:00~1:00 難関
1:00~4:00 易しい
4:00~6:00 難関

出勤や通学前に取引をしようとすると難易度の最も高い時間帯に当たります。

会社や学校についてからと思っても、まだまだ攻略が難しい時間帯が続いているので狙うとすると18時~21時あたりになるのではないでしょうか。

勝ちやすい時間帯を狙うか、難しい時間帯を攻略するかの二択です。

バイナリーオプションは短期取引ができるので、自信がない人はお昼などのスキマ時間を使って易しいレベルの時間帯でエントリーをする方法もあります。

難易度を把握しておけば自分のレベルに合わせて取引ができるね!


指標の発表や経済に影響を与える事件や事案が発生するなどの例外に気をつけよう


時間帯ごとの覚えておくべきポイント

次は時間帯ごとの大きな特徴を抑えていきましょう。

重要な注意点はバイナリーオプションの勝敗に大きく関わってくるので、忘れることがないように頭に入れておいてください。

時間帯 重要ポイント
7:00~8:00 ・開いているのがオセアニア市場だけ
・参加者がとても少ない
・1日取引のみなど選択肢が少ない
8:00~9:00 ・少しずつ参加者が増え始める
・8:50の日本の指標発表に警戒すべき
・順張りエントリーが有効
9:00~10:00 ・参加者が急増する
・東京市場が開くと値動きが大きくなる
・仲値決定の9:55に警戒すべき
・企業などの参入により高難易度
10:00~11:30 ・取引をおすすめできる時間帯
・落ち着いている相場
・中国市場が開く
11:30~14:00 ・参加者が減少するため値動きがほぼなくなる
・高確率でレンジ相場になる
・急変時は原因を追求すべき
14:00~15:00 ・想定外の値動きの可能性がある
・東京市場が閉まる前の時間帯に注意
15:00~16:00 ・逆張りエントリーが有効
・一定の値動きがある
16:00~17:00 ・参加者が再び増え始める
・トレンドが形成されやすい
・順張りエントリーが有効
17:00~18:00 ・取引をおすすめできる時間帯
・値動きが徐々に大きくなる
・トレンドが継続しやすい
・フランクフルト市場が開く
・ロンドン市場が開く
18:00~21:00 ・落ち着いた値動きを見せる
・影響のあるニュースや要人発言(EU)に注意
21:00~23:00 ・ニューヨーク市場が開く
・米経済指標に注意
・想定外の値動きの可能性がある
・かなり攻略難易度が高い
23:00~24:00 ・引き続き指標発表に警戒すべき
・オプションカットに気をつける
・トレンドが形成されると継続しやすい
・順張りが有効
24:00~1:00 ・大きな値動きの可能性が高い
・トレンドが形成されやすい
・想定外の値動きの可能性がある
1:00~4:00 ・アメリカの要人発言を警戒すべき
・相場は比較的落ち着いていて安定している
4:00~6:00 ・相場の値動きの予想が難しい
・取引が少し増える
・取引をおすすめしない時間帯

初心者のうちは相場が荒れやすい時間帯は避けるべきです。

上記はあくまでも基本的な特徴と注意点なので、経済に影響力のある事件や事故が起こった場合や指標の発表があった場合は例外もあると覚えておいてください。

慣れるまでは勝ちやすい素直な相場を選びましょう。
 

注意すべき経済指標

米雇用統計:毎月第一金曜日
FOMC:年8回
欧州中央銀行政策金利:毎月第一木曜日
GDP:国によって異なる
消費者物価指数:毎月中旬

世界3大市場と時間帯別の特徴

バイナリーオプションには攻略できる時間帯があります。

東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場はいずれも24時間365日、取引されているわけではありません。

それぞれ決められた時間に取引をしており、各々特徴を持っています。

基本情報や特徴をおさえることができれば攻略できる時間帯を有効活用することができます。

夏時間・冬時間でズレがあるんだね!


そうです。気を配りながら今後の攻略に役立ててください


各市場の時間帯

Trade
出典:OANDA証券

夏時間(4月頃~10月頃)
オセアニア市場 4時~13時
東京市場 8時~17時
ヨーロッパ市場 16時~26時
ニューヨーク市場 22時~6時
冬時間(11月頃~3月頃)
オセアニア市場 5時~14時
東京市場 9時~17時
ヨーロッパ市場 17時~27時
ニューヨーク市場 22時~7時

バイナリーオプションは他の投資と比べ難易度は低いです。

しかし、必要とする材料は他の投資と同じです。

世界三大取引市場である、東京・ロンドン・ニューヨーク市場はバイナリーオプションだけでなく他の投資でも分析の対象として多くの投資家がその時間帯の値動きを気にしながら取引を行っています。

市場だけじゃなくて時期によっても時間帯は変動するんだね


そうなんです。日本時間では早朝や深夜の取引も多くなります。


生活のサイクルが乱れがちなので体調管理には十分注意し、取引を継続できる体力をつけることも大切です。

毎日のように早朝や深夜に取引するのではなく情報収集や分析が十分に身についたときに自分の生活時間以外の取引に臨むのがいいかもしれません。

東京市場の勝ちやすい時間帯

東京は夏時間、冬時間ともにどちらも同じ時間に取引が行われています。

夏時間(4月頃~10月頃) 9時~17時
冬時間(11月頃~3月頃) 9時~17時

東京はロンドンニューヨークとくらべる比較的落ち着いた流れになっているのが特徴となります。日本時間で言えば市場の始まりは東京からと言っても過言ではありません。

①三大市場の中で1番取引量が少ない
②値動きが小さい
③逆張りトレーダーに最適
④10:00~12:00が狙い目

安定した相場ではあるのですが、米ドル円の通貨ペア以外の円との通貨ペアを指すクロス円に関しては比較的活発に値動きが起こりやすいと言えます。

更に日本時間における早朝はニューヨークでいう深夜に当たるため基本的には落ち着いていますが前日に活発に動いていたり、活発に動くだけの材料が揃っている場合は早朝であっても相場が激しい動きを見せる場合があるということを覚えておきましょう。

Trade

また日本時間9時55分は仲値が発表される時間となります。そのため米ドル円を中心に活発な動きを見せるため注意して相場を見ておきましょう。

仲値の発表によって相場がどれほど活発になるかということは予め記事やニュースで情報を取得できます。

アメリカの雇用統計が発表された日の翌日は相場が荒れる可能性が高く要注意!


経済指標の発表スケジュールは常に把握しておくべきだね


ヨーロッパ市場の勝ちやすい時間帯

ロンドンは夏時間と冬時間にズレがありますので注意しましょう。

夏時間(4月頃~10月頃) 16時~1時
冬時間(11月頃~3月頃) 17時~2時

ロンドンは世界三大市場の中でも最も取引量の多い市場と言われています。

これは歴史的かつ地理的な要因がありかつて世界の工場と言われたように世界経済をリードしていた歴史があります。

つまりユーロドルという巨大な通貨ペアが動くことになり、実質ロンドンが相場のベースになっていると言えます。

①トレンドが形成されやすい
②値動きが激しい
③順張りに向いている
④22:00~26:00が狙い目

ただし、ロンドン市場の時間帯は要人の発言や経済指標の影響を多大に受けるとも言えますので特に注意が必要になります。

Trade

例えばニューヨーク市場の経済指標が値動きの材料となってしまい翌日に大きな変動がおこるなどです。

またロンドンの時間帯を中心にバイナリーオプションで取引する際はロンドンフィックスにも注意しておく必要があります。

ロンドンフィックスとは?
ロンドン市場において、日本でいう仲値(金融機関が外貨取引を行う際の基準レート)を決める時間・行為を指す。現地時間16時に設定され、日本時間だと夏時間であれば午前0時、冬時間であれば午前1時に行われる。

この時間はユーロも米ドルも活発になり大きな値動きを期待することができます。

ただし日本時間の23時30分~24時30分までは独特の値動きも予測されるためあらかじめ情報収集して対策を立てておく必要があります。

ニューヨーク市場の勝ちやすい時間帯

ニューヨークはロンドン同様に時間にズレが生じますのでよく確認しておきましょう。

夏時間(4月頃~10月頃) 22時~6時
冬時間(11月頃~3月頃) 22時~7時

世界三大取引市場でロンドンは最大の取引量を誇ります。

でも情報量の観点ではニューヨークが最大といえます。前述した要人の発言や経済指標の影響を多大に受けるのはニューヨークからです。

そのため米ドルの動き方では様々な通貨ペアが影響を受けるので注意してください。また、ニューヨークはロンドンと被る時間帯が最も相場が活発に動くことも改めて覚えておきましょう。

Trade

つまりバイナリーオプションでその時間帯を狙い成功できれば初心者であれ上級者であれ多額の利益を獲得できることになります。

ニューヨーク市場は経済指標に左右されることがおおく特に米国雇用統計は数ある指標の中でも特に影響を受けると言われています。

米国雇用統計は日本時間で夏時間は21時30分、冬時間は22時30分となります。

Trade

今回は取引量の多い時間帯をバイナリーオプションの攻略できる時間帯として紹介していますが、ニューヨーク市場に関しては取引量の少ない時間帯であっても相場が急変することもあり要注意です。

他の投資と比べて難易度は低いけど必要材料は変わらないね


世界三大市場のチェックはどんな投資にも欠かせないんだぞ


市場・時期によっても時間帯は変動するので、日本時間では早朝や深夜であることも多くなるかと思います。

そのため体調管理には気をつけてバイナリーオプションで取引を行いましょう。

体調を悪くしてしまうと取引以前の問題となってしまいます。

毎日のように早朝や深夜に取引するのではなく情報収集や分析が十分に身についたときに臨むのが好ましいかもしれません。

バイナリーオプションの取引時間帯における注意点

Caution
取引時間帯の攻略法と各市場の特徴について学んだ最後に、注意点を説明しておきます。
事前に勉強することで負ける確率を減らしていきましょう。

夏時間と冬時間

欧米では一般的ですが、日本人になじみのない、夏時間と冬時間。
意外と見落としがちですが、ニューヨークやオセアニア市場は季節によって取引時間が変わるので注意が必要です。

日本はサマータイムがないのでいまいちよく分かりません


3月と9月下旬は季節時間の切り替えに注意!これだけ覚えておきましょう


サマータイムの期間は世界共通ではありません。
国によって差があるので、各国のサマータイム期間も頭に入れておいてください。
 

サマータイム期間

・アメリカ/カナダ:3月第2日曜日から11月第1日曜日まで
・オーストラリア:10月最終日曜日から翌年3月最終日曜日まで
・ニュージーランド:9月最終日曜日から翌年4月第1日曜日まで

ヨーロッパ諸国は2021年にサマータイム廃止

各市場が開いた直後・経済指標の発表前後

各市場が開いた直後や経済指標の発表前後は値動きが大きくなるので注意が必要です。

市場のオープンから30分後までの時間を目安に警戒をするべきですが、相場が動きやすくなる要因がある時間帯なので状況を見て判断してください。

東京市場 8:00~10:00 ・9:55の仲値発表
・ゴトウ日
ヨーロッパ市場 15:00~19:00 ・ユーロ圏の経済指標
・アメリカの経済指標
ニューヨーク市場 21:00~26:00 ・米経済指標
・24時オプションカット

為替の値動きが活発になる可能性がある時間帯は注意してください。

しっかりと分析をしてバイナリーオプションに臨んでいたとしても、経済指標や要人発言などの影響で予想外の値動きを見せる可能性もあります。

初心者が荒れた時間帯で取引するのはリスキーですよ


また、手を出してはいけない時間帯は重要な経済指標の発表直後。
特に米国雇用統計が発表された後は、絶対に手を出さないでください。

このように大荒れになると予想されている場合は特に注意です。
事前に予想をチェックしておいて、エントリーをどうするか計画を立てることをおすすめします。

米国雇用統計っていつ発表なんですか?


毎月第1金曜日の日本時間21:30くらいです


時間帯を意識した取引ができるおすすめ業者

海外バイナリーオプションは業者によって取引時間や判定時間が違います。

こっちの業者では日本時間の早朝の時間が狙えたのに、こっちの業者は開始が30分遅くてエントリーできないなんて事も。

そこまで大きな差はないのですが、時間帯を意識した取引ができる業者をご紹介します。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

取引の種類 HighLow
HighLowスプレッド
Turbo
Truboスプレッド
全取引対応銘柄 USD/JPY
EUR/JPY
EUR/USD
GBP/JPY
CAD/JPY
AUD/USD
AUD/JPY
NZD/JPY
BTC/USD
BTC/JPY
ETH/JPY
ETH/USD
HighLow・HighLowスプレッドのみ GBP/AUD
EUR/AUD
GBP/USD
USD/CAD
USD/CHF
取引時間 平日朝7時~土曜朝6時

海外バイナリーオプションの代表は外せません。

土日の取引は休業日のためできませんが、時差があるので日本では実質土曜日の早朝6時まではエントリーができるようになっています。

取扱銘柄も豊富でジャックポットなどの楽しいサービスも盛りだくさん。

どこの海外バイナリーオプション業者にするか決めきれないという時は、ハイローオーストラリアを選んでおけば間違いありません。

1番使いやすいと思いました!


日本人人気No.1の優良バイナリーオプション業者です


ザオプション

ザオプション

取引の種類 HIGH/LOW
短期
スプレッドHIGH/LOW
スプレッド短期
全取引対応銘柄 USD/JPY
EUR/USD
EUR/JPY
AUD/JPY
GBP/JPY
AUD/USD
NZD/USD
GBP/USD
EUR/AUD
特定の取引のみ USD/CAD
EUR/CHF
USD/CHF
GBP/CAD
NZD/JPY
AUD/NZD
COLD
SILVER
BITCOIN
取引時間 平日朝7時~土曜朝6時

ザオプションもハイローオーストラリアと取引ができる時間帯は同じです。

土曜日の早朝までエントリーをすることができるので、その他の微妙なサービスや取引環境の違いで選ぶといいでしょう。

デモ取引があるので取引環境を比較することもできます。

日本のバイナリーオプショントレーダーからの人気No.2の業者なので、利用者も多く口コミや評判のチェックも簡単です。

ザオプションもかなり有名なバイナリーオプション業者です


迷っちゃいますね!


ブビンガ(bubinga)

ブビンガバイナリー

取引の種類 短期・長期
全取引対応銘柄 LATAM
BIN IDX
ASIA
CRYPTO IDX
NZD/JPY
AUD/JPY
AUD/NZD
取引時間 24時間365日

なんとブビンガは24時間365日取引ができます。

メインはハイローオーストラリアやザオプションを使って、休業日の土日だけブビンガを使うという方法も可能です。

ただ、ブビンガもメンテナンスで取引ができない時間帯もあり要注意。

5分までの短期取引に対応している銘柄も少ないので、デメリットも大きい為、よく考えて取引をして下さい。

ブビンガって最大3ヶ月も取引時間が選べるんですか!?


選べますが何があるか分からないのでおすすめしません。長くても1日にしましょう!


まとめ

バイナリーオプションでは勝てる時間帯が存在すると説明しましたが市場によって時間帯がバラバラだったりしますのでバラバラの時間で取引をするようなやり方は避けましょう。

これは情報収集と分析が大変になってしまい正確な分析と理想的なエントリーができないと考えているためです。

もちろん必ずそうなるとは言えませんがまずは特定の時間帯にのみ集中することを強くおすすめします。

管理人としてはまず日本、次にニューヨーク、最後にロンドンというように取引量に応じた順に行っていくほうが良いでしょう。

バイナリーオプションは時間帯がずれるだけでも勝率は大きく変わってしまいます。

逆に言うと少し時間帯をズラすだけで負け続けていたものが攻略できるようにもなるのです。
ハイローオーストラリアの画像

この記事を書いた人
profile

出身:大阪府

趣味:釣り・旅行

投資歴:10年

サイト管理人の田中国男です。

僕がBO初心者の時、詐欺業者に入金後、資金を持ち逃げされて悔しい思いをしました(泣)
以来、必死に勉強して徐々に勝率を上げ今では専業トレーダーに。
僕のような被害者を生まないために2015年、このサイトを立ち上げて有益な情報を発信しています!

さらに詳しいプロフィールはこちらに!

ハイローオーストラリアを基礎から学ぼう!ハイローワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

ハイローオーストラリアのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【ハイローワールド】。 トップページでは、ハイローオーストラリアについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるハイローオーストラリア!

ハイローオーストラリアの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、ハイローオーストラリアの始め方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

ハイローオーストラリアのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す