バイナリーオプションのチャートを基礎から解説【簡単に理解できます】


バイナリーオプションで稼ぐためには、相場(チャート)を読み解いて将来の相場を予測する必要があります。

予測するための第1歩として「チャート」を使いこなす必要があります。
しかし、チャートの使い方が分からないとバイナリーオプションで稼ぐことはできません。

このページでは、 初心者の方でも分かるようにチャートの意味や見方、使い方まで徹底解説します。

チャートとは?

チャートは、よく株式投資のときに見かける折れ線のグラフの事です。

バイナリーオプションのときも同じで、現在の価格が安いのか高いのか過去の情報(価格)が無いと判断できません。
チャートを使えば過去の情報も一目で確認できるので直感的に相場観(割安か割高か)を判断できます。

また、チャートを使うことでテクニカル分析(短期的な投資)も可能になります。
つまり、チャートは「相場観の判断」と「テクニカル分析」を容易にするためにあります。

チャートを見る時、基本的には「ロウソク足」と「移動平均線」に着目して使っていきます。

ロウソク足とは、その日の値動きを視覚的に図式化したもので、移動平均線とは一定期間の値動きを繋いで線にしたものです。
ロウソク足と移動平均線が理解できれていれば、チャートの基礎的な部分はマスターできたと考えて良いでしょう。

MT4を活用しよう!

チャートを見る時の必須ツールがMT4です。MT4とは、世界で最も利用者が多いトレードプラットフォームのことです。
MT4は多くの海外バイナリーオプション業者のトレード画面では、為替の確認だけでチャートをチェックすることができません。

バイナリーオプションで稼ぐのであれば、MT4は必須ツールの一つです。
MT4に利用者利用者が多い理由は2つあります。

MT4のダウンロード方法を知りたい方は、こちらをクリックすると該当箇所まで自動スクロールします

MT4では自分でツールを開発できる

1つ目は、 投資家が自ら自動売買システムやインジケーターを開発できる点です。
MT4が有名になったきっかけはまさにこの、自分で取引ツールを開発できるところにありました。

自分で取引ツールを開発することで、より投資家がより効率的でより自分に合ったトレードスタイルを確立できるのです。

MT4は基本的に無料である

MT4が人気である理由の2つ目は、 テクニカル分析をより効率的にするインジケーターが大量に公開されており、そしてほとんどが無料である点です。

MT4を使うと分かりますがチャートの基本であるロウソク足や移動平均線のほかに、ボリンジャーバンドやストキャスティクスのような有名なインジケーターが無料で使い放題なのです。

以上の2点がMT4が人気である理由です。
他にもチャートの動きにラグが少ない、さらに日本語に対応している点などからやはりMT4は必要でしょう。

特にバイナリーオプションの場合は超短期売買なので、インジケーターを大量に無料で使えるという点は特に魅力的に感じますね。
論理的なトレードをするためにも、必ずMT4はダウンロードしましょう。

MT4をまだダウンロードしていない方は、損はしないのでぜひ利用してみましょう。ダウンロードのやり方や設定方法は上の記事でわかりやすく解説しています。


※追記
バイナリーオプションをするのであれば、MT4よりもMT5のほうが優れている可能性が高いです。

MT5はMT4の後継で、表示速度が早い、画面が見やすい、細かい設定ができるなどの利点があります。
反面、マイナーなインジケーターが使えない、パソコンのスペックが低いと使いづらいというデメリットもあります。

とはいえ、カスタムインジケーターを使わないならMT5のほうが優れている場合が多いです。
MT4を使わなければならない明確な理由のない方は、MT5をダウンロードすることをおすすめします。

MT5とMT4を自分で比較したい方は、下の記事に両者の違いをまとめているので参考にしてみると良いでしょう。

ロウソク足とは

チャートを見ると下図のようなロウソク足があります。
「始値」、「終値」、「安値」、「高値」を表していて、テクニカル分析をするとき、つまり、インジケーターを使う時に必須です。

「始値」「終値」「安値」「高値」とは

ローソク足を見るために、次の4つの値を覚えておきましょう。

ローソク足の4つの値

  1. 「始値」とは市場(バイナリーオプションの通貨ペア)が取引開始したときの価格。
  2. 「終値」とは市場が開始したときの価格。一般に「価格」とは終値の事を指します。
  3. 「安値」とは市場の開始から終わりまでの最も安かった価格。
  4. 「高値」とは市場の開始から終わりまでの最も高かった価格。

ロウソク足はこの4つの値を示していて、上図の通りにロウソク足に反映されます。
なので、安値が低ければ低いほど下ひげは長くなりますし、高値が高ければ高いほど上ヒゲが長くなります。

「陽線」「陰線」とは

市場ではよく「始値」と「終値」の価格の上下が逆転することがあります。
つまり、「始値」の価格より「終値」の価格の方が低くなるということです。

「始値」と「終値」の価格の上下が逆転したときは、「陰線」と「陽線」によって表します。
陰線は「始値」と「終値」の間を黒く塗りつぶします。

上の図だと左側が陽線で、最終的に価格が上がった場合に使用されます。
右側は陰線で、最終的に価格が下がったときに使用されます。

チャートによって色が変わりますが、「始値」と「終値」の逆転によって、その日の相場を視覚的に捉えることができます。

ロウソク足が示すこと

ロウソク足が理解できると、様々な相場を一目で理解することができるので、より売買判断を速くすることができるしょう。

例えば、ある通貨ペアのロウソク足が陰線だった場合、その日の通貨ペアに対する人気(需要)が低かったということになります。

移動平均線とは

チャートを見ると移動平均線があります。上図を見ると、ロウソク足の上に線があるのが確認できると思います。

「移動平均」とは、短期線・中期線・長期線と3種類あり短期線では「5日・10日」、中期線では「25日・75日」、長期線では「100日・200日」のことを指します。

例えば、「5日移動平均線」とは直近5日間の終値の平均価格を繋いだ線のことになります。つまり、短期間の値動きを線で捉えるので「短期移動平均線」と呼ばれます。

通常は3種類ともチャート上に表示しますが、どの期間にパラメータを合わせるかは使う人次第で変わります。

一般的(バイナリーオプションだけでなく投資全般)には、短期移動平均線は5日、中期移動平均線は25日か75日、長期移動平均線は200日を使います(正解はありません)

移動平均線の活用法

移動平均線を活用したテクニカル分析をご紹介します。
まず、テクニカル分析とは短期的な売買に適している投資手法であり、チャートの形状を見て判断するものです。

ゴールデンクロス&デットクロス

移動平均線のテクニカル分析でいうと、最もポピュラーな方法が2つあります。1つ目が、「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。

図1はゴールデンクロスとデッドクロスを極端に表したものです。
ゴールデンクロスとは期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を上に超えている状況です。

ゴールデンクロスは下落の後に出る現象です。
長期的に売りが先行していた通貨ペアの短期の買いが上回ることで売り圧力が解消され買い圧力が市場心理として高まっていることを示します。

したがって、 ゴールデンクロスが現れるとその後、通貨ペアの価格上昇が見込まれるのでHighでエントリーしましょう。

反対に、デッドクロスは期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を下に抜けている状況です。
デッドクロスは上昇の後に出る現象で、理屈はゴールデンクロスと全く同じでデッドクロスが現れるとその後下落すると予想されます。

デッドックロスが現れたときはLowでエントリーしましょう。

サポートライン&レジスタンスライン

次に、2つ目が
サポートライン(支持線)」と「レジスタンスライン(抵抗線)」です。

図2はサポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)を極端に表したものです。
まず、サポートライン(支持線)とは価格の下落が短期移動平均線で止まって反転し続けることを言います。

理由は、投資家心理としてできるだけ割安で買いたいという意向が強く働いている相場で、短期移動平均線まで価格が下がると買いが先行するという風潮が出来上がっていたします。
すると、短期移動平均線まで価格が下がると買いたいという人が増え、価格の下落が短期移動平均線で止まって反転するのです。

次に、レジスタンスライン(抵抗線)とは価格の上昇が短期移動平均線で止まって反転し続けることを言います。

できるだけ割高で売りたいという意向が強く働いている相場で、短期移動平均線まで価格が上がると売りが先行するという風潮が出来上がっていたとします。
すると、短期移動平均線まで価格が上がると売りたいという人が増えて価格の上昇が短期移動平均線で止まって反転するのです。

つまり、 サポートラインが発生しているとき価格がサポートラインまで下がれば「買いシグナル」、レジスタンスラインが発生しているとき価格がレジスタンスラインまで上がれば「売りシグナル」と判断しましょう。

以上が、チャートにおける移動平均線の見方です。

非常に簡単ですが移動平均線とロウソク足(価格)の関係性を理解していないと効率的に売買できません。
上記のテクニカル分析は覚えるようにしましょう。

ハイローオーストラリアの場合

ここで、人気の海外バイナリーオプション業者『ハイローオーストラリア』で移動平均線を利用するケースを考察します。

ハイローオーストラリアの場合、超短期売買なので移動平均線のパラメータには注意が必要です。
結論から言うと、5分線がテクニカル分析に適しています。

例えば、 60分線だとハイローオーストラリアでは期間が長すぎるため移動平均線が平になってしまいます。
一方で、1分線にすると移動平均線があまりにも敏感に動いてしまうためダマシが多くなり、テクニカル分析として機能しなくなります。

つまり、 短すぎる期間の移動平均線は価格に敏感になるのでダマシが多くなり、長すぎる期間の移動平均線は価格に対してあまりにも移動平均線が反応しなくなりエントリー機会が少なくなってしまいます。

故に、 ハイローオーストラリア(というよりバイナリーオプション全般)であれば移動平均線のパラメータが5分に設定することが妥当と言えます。

チャートを見るときのポイント

バイナリーオプション初心者の方や勝率を上げたいという方は、まず初めにチャートの基礎的な知識を身に付けましょう。

以下では主に、チャートの基礎であるロウソク足について徹底的に解説します。

ロウソク足の時間足について

時間足の種類は、1分足(M1)・5分足(M5)・15分足(M15)から最大1か月足(MN)まであります。
どれを使えばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、バイナリーオプションの場合判定時間が短いので1分足、もしくは5分足に設定するのがベストでしょう。
30分足や1時間足・1日足を勧める人もいるとは思いますが、超短期売買のときに長い時間足を使うと細かい相場の分析ができなくなります。

そしてロウソク足には、時間足以外にかなり重要な点があります。
重要な点とは、上でも少しご紹介しましたがロウソク足そのものの形状です。

ロウソク足の種類とサイン


引用:https://www.smbcnikko.co.jp/first/stock/kiso03/kiso03_3.html

上図は、ロウソク足の種類です。種類によって買いサインや売りサインがあるので、該当するものが現れたらエントリーの材料にしてください。

大陽線(だいようせん)

実体が大きいのが特徴です。
つまり、始値から終値まで一直線に価格が上昇したことを示します。

大陽線が出てきたら今後も価格が上昇すると見込まれるので、 買いサインということになります。

下影陽線(したかげようせん)

実体にヒゲがあり、下ヒゲが長いのが特徴です。
下影とは、安値がかなり下に伸びたことを示します。

その後上昇に転じて結果始値より終値が高く終わっているということで買い圧力が強く残っており、 買いサインということになります。

下影陰線(したかげいんせん)

実体にヒゲがあり下ヒゲが長く、さらに実体が黒塗りになっているのが特徴です。

下落した後上昇に転じるも、最終的にあまり下落しなかったということで 買いサインということになります。

小陽線(しょうようせん)

実体が短くヒゲがあるのが特徴です。
買いと売りが均衡しつつも少し値を上げたという状況です。

始値より終値が高く終わっていますが、ヒゲの長さによってサインの判断は変わってきますので、後ほどご紹介します。

寄引同事線(よりひきどうじせん)

実体がないのが特徴です。
始値(寄り)と終値(引け)が同じであったという状況です。

売りと買いが均衡しており今後の相場が転換することを暗示しています。また、ヒゲの長さによって種類を分けることができます。

小陰線(しょういんせん)

実体が短くヒゲがあり、さらに実体が黒塗りになっているのが特徴です。

始値より終値が低く終わっていますが、こちらも小陽線と同様ヒゲの長さによってサインの判断が変わってきます。

上影陽線(うえかげようせん)

実体にヒゲがあり、上ヒゲが長いのが特徴です。
上影とは、高値がかなり上に伸びたことを示します。

その後下降に転じて終値は始値より高く終わっているものの売り圧力が強く残っており、 売りサインということになります。

上影陰線(うえかげいんせん)

実体にヒゲがあり、上ヒゲが長いのが特徴です。
上影陽線との違いは、実体が黒塗りになっているという点です。

上昇したものその後は下がり、終値は始値より低く終わっているということで 売りサインということになります。

大陰線(だいいんせん)

実体が大きく、さらに黒塗りになっているのが特徴です。
つまり、始値から終値まで一直線に価格が下落したことを示します。

大陽線が出てきたら今後も価格が下落すると見込まれるので、 売りサインということになります。


引用:https://www.smbcnikko.co.jp/first/stock/kiso03/kiso03_3.html

陽の丸坊主(ようのまるぼうず)

実体のみで上下のヒゲがないのが特徴です。
つまり、始値から終値まで一直線に価格が上昇したことを示します。

陽線坊主が出てきたら今後も価格が上昇すると見込まれるので、 買いサインということになります。

陽の寄付坊主(ようのよりつきぼうず)

実体に上ヒゲのみがあるのが特徴です。
一時はかなりの高値をつけて、その後に少しだけ値を下げたという状況です。

市場心理としては買い圧力がまだ残っていることが多く、 買いサインということになります。

陽の大引坊主(ようのおおびけぼうず)

実体に下ヒゲのみがあるのが特徴です。
一時は始値よりも価格が下がったが、最終的に大きく値を上げて終値(高値)で落ち着いたという状況です。

市場心理としてはかなり強い買い圧力がまだ残っていることが多く、 買いサインということになります。

陰の寄付坊主(いんのよりつきぼうず)

実体に下ヒゲがあり、さらに実体が黒塗りになっているのが特徴です。
始値から一気に値を下げて、そこから最終的に少し価格が上がったという状況です。

市場心理としては売り圧力がまだ残っていることが多く、 売りサインということになります。

陰の大引坊主(いんのおおびけぼうず)

実体に上ヒゲがあり、さらに実体が黒塗りになっているのが特徴です。
一時は高値まで値を上げたものの、最終的に始値よりも価格が低くなったという状況です。

市場心理としては売り圧力がまだ残っており、 売りサインということになります。

陰の丸坊主(いんのまるぼうず)

実体のみで上下のヒゲがないのが特徴です。
陽線坊主と違うのは、実体が黒塗りになっているという点です。

つまり、始値より終値が低く終わっているということで今後も価格が下落すると見込まれるので、 売りサインということになります。

コマ・陽の極線

実体にとても短いヒゲがあるのが特徴です。4本値(始値・終値・高値・安値)すべてが近い水準であるという状況です。

始値より終値が高く終わっていますが相場が保ちあいになっていることから、ここでは様子見をしてほかのサインを待ちましょう。

コマ・陰の極線

実体にとても短いヒゲがあり、黒塗りになっているのが特徴です。
4本値すべてが近い水準であるという状況です。

始値より終値が低く終わっていますが、陽の極線と同様ここでは様子見をするのがベストでしょう。

トンボ

始値と終値が同じという特徴があります。相場のサインについては、ヒゲが長くなっている方向に圧力がかかっていると考えましょう。

トンボの中でも特に特徴的なのが、実体が真ん中に来ている十字型のトンボで、十字型のトンボが現れたときが相場の転換点であると考えましょう。

四値同事(よんねどうじ)

実体もヒゲもなく横1本線になっているのが特徴です。4本値すべてが同じ価格で、相場に動きがなかったという状況です。

非常に流動性の低い市場やストップ安・ストップ高で値動きしなくなった相場に現れることがあります。
もし流動的な相場で現れた場合には、参加者の迷い・ためらいを示しトレンド転換点であると考えられます。

トウバ・塔場(とうば)

トウバはトンカチやカラカサの極端な形といえます。
始値と終値が同じで、上ヒゲが伸びていることが特徴です。

一時は高値をつけたものの、そのまま押し戻され最終的に始値(安値)と同じ終値に終わったことを意味します。トンボと同様に、チャートの反転シグナルと捉えられることが多いです。

下落相場でトウバが現れた場合、市場心理として買い圧力が強くなっていると捉えられるのでその後の上昇が見込まれます。

つまり、下落相場でのトウバは買いシグナルということになります。上昇相場でトウバが現れた場合、市場心理として売り圧力が強くなっていると捉えられるのでその後の下落が見込まれます。
つまり、上昇相場でのトウバは売りシグナルということになります。

足長同事(あしながどうじ)

実体がなくヒゲが長めで同じくらいの長さであることが特徴です。売りと買いが均衡している状況です。

様子見の場面で現れた場合、長くなったヒゲの方に強く相場が動く可能性があり、分岐点と考えられます。
天井や底で現れた場合は圧力が使い果たされ、転換点と考えられます。

たぐり線 or カラカサ

実体に下ヒゲがあり、さらに実体が短いことが特徴です。
ちなみに下ヒゲが実体の3倍以上の長さになっているものが当てはまります。

始値から大きく値を下げて、その後に始値よりも高い価格まで上昇したという状況です。
陽のカラカサは基本的には買いサインです。
特に下落相場で現れたときは強い買いシグナルになります。

たぐり線 or カラカサ(実体が黒塗り)

実体に下ヒゲがあり、さらに実体が短いことが特徴です。
ちなみに下ヒゲが実体の3倍以上の長さになっているものが当てはまります。

始値から大きく値を下げて、その後に始値よりも低い価格まで上昇したという状況です。
基本的には買いサインです。特に下落相場で現れたときは強い買いシグナルになります。

以上チャートを見るときのポイントとしてロウソク足を解説しました。
ロウソク足を見るだけでも相場の行方がある程度掴めて、今後の勝率を高めてくれる第1歩となるでしょう。

バイナリーオプションの参加者はロウソク足や移動平均線を含めたチャートの知識を持っていることが前提です。
特にロウソク足についてはトンボや塔婆が現れたときは特に重要な相場の転換点を迎えるので注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
冒頭でも述べたようにチャートの意味や使い方を知っているのと知らないのとでは、大きな差があります。

実際ロウソク足や移動平均線の使い方をご説明したように、相場の状況は短時間に一目で把握できるようにしておかなければなりません。

特にロウソク足における「トンボ」・「塔婆」、さらに移動平均線における「ゴールデンクロスとデッドクロス」・「サポートラインとレジスタンスライン」は、最低限知っておかなければならない知識と言えるでしょう。

なぜなら相場の転換点を迎えるシグナルであり、他のバイナリーオプションの参加者の多くがこれらのシグナルを使っているからです。

チャートには他の分析方法がまだまだありますが、特別難しいというものではないので、ぜひ他の分析方法も試してみましょう。


この記事を読み終えたら、是非バイナリーオプションにおけるインジケーターの記事(クリックすると該当ページにジャンプします)もチェックしてみてください。バイナリーオプション攻略に必要なインジケーターや、その使い方を解説していますよ。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す