バイナリーオプションのライセンスを持つ業者比較

バイナリーオプションはギャンブル?投資?それとも投機!?最終的な結論は?

バイナリーオプションとギャンブルの画像

バイナリーオプションなどの金融商品に対して、一部ではギャンブルだという批判があります。果たしてその意見は正しいのでしょうか?

バイナリーオプションがギャンブルだろうと何だろうと、稼げればどちらもで問題なさそうですが、ギャンブルと認識するかギャンブルではないと認識するかでは、取引時におけるメンタルに違いがあります。どうせバイナリーオプションをやるなら、精神的にも気持ち良く取引に参加したいことでしょう。

このページでは、バイナリーオプションは果たしてギャンブルなのか、それとも投資か、はたまた投機なのかをテーマに解説します。

バイナリーオプションはギャンブルではない

バイナリーオプション取引をする方の懸念材料にならないよう、まずは結論から述べます。バイナリーオプションはギャンブルではありません。

バイナリーオプションとギャンブルの画像

バイナリーオプションは、成功すれば短期間で高収入も夢ではない魅力的な取引です。ただし、思惑を外して失敗すれば、大事な資金が失われるなど、リスクのある取引でもあります。このようにリスクとリターンの特色が強い取引ということもあってか、バイナリーオプションをギャンブルだと批判する人もいます。

ただし、リスクが高いこととギャンブルであるかどうかは関係ありません。投資でも大金を動かすとなると得るお金も、失う可能性のあるお金も高まります。

ギャンブルの定義

ギャンブルとは賭博のことで、お金や物を対象に行う賭け事です。大金が絡むということもあってか、ギャンブルは世界的に規制されやすく、漠然とギャンブルは悪いモノだというイメージが付きものです。ギャンブルは基本的に誰にも予想できないものが対象になりやすく、丁半博打などがまさにその典型です。

それに対して投資や投機の場合、企業の将来性や経済の動向などを予測した上でお金を投じるため、運の要素は強くありません。100%当てることは不可能ですが、ファンダメンタルズ、テクニカル分析などの手法を習得していれば、ある程度の予測は可能です。

目的に関しても、ギャンブルが享楽や射幸心を目的にしていることのに対して、投機や投資は資産を増やすことを目的にしています。遊びでお金を増やすか、仕事でお金を増やすかの違いです。

バイナリーオプションとギャンブルの画像

なにより決定的に違うのは、ギャンブルは胴元が儲かるマイナスサムゲームであるのに対して、投機はゼロサム、投資はプラスサムゲーム(場合による)であること。

マイナスサムとは、プレイヤーの利益の総和がマイナスになることです。勝つ人も負ける人もいますが、多くの人が敗者側になります。極論ですが、長期間続けていれば確率的にもマイナスサムゲームの勝者は、ギャンブルの胴元だけとなります。

ゼロサムとはプレイヤーの利益の総和がゼロになること。誰かが損をすれば、別の誰かが得をするという状態を指します。誰かが1,000円儲ければその裏側で1,000円損している人がいるということですね。短期間の売買である投機の場合、総和が増える可能性は低いのでゼロサムゲームの側面が強いです。

プラスサムとは、プレイヤーの利益の総和がプラスになること。プラスサムゲームはほぼ存在しないという意見もありますが、長期にわたって運用をする投資の場合、資金が市場に流入して規模が拡大することがあるため、プラスサムになる可能性があります。プラスサムゲームの場合、プレイヤー全員が勝者になることもあります。

ギャンブルと違い胴元が存在しない投機や投資の場合、必ず負けるということはありません。もちろん、必ず勝つというものでもないです。損失を最小限に抑えてリスクをコントロールすれば、たとえ勝率が50%であっても、利益を増やすこともできるでしょう。

バイナリーオプションとギャンブルの画像

要は、最終的に確実に負けるのがギャンブル。バイナリーオプションは、勝てる可能性がある取引なのでギャンブルではないということです。

ギャンブルをするならバイナリーをするべき

競馬にしろ宝くじにしろ、ギャンブルの場合、収益のうちの何割かを胴元が得ることになります。投じた金額に対して、胴元が得る利益を差し引きしてしまうと、期待値が投じた金額を下回ります。期待値が低いギャンブルほど、プレイヤーは損をしやすいです。

ちなみにパチンコやパチスロの期待値は80%ほどと言われています。競馬だと70~80%、宝くじに至っては50%未満です。宝くじは【愚か者の税金】と言われますが、まさしくそのとおりで使えば使うほどお金は減り、増えることなどほぼ100%ありません。

バイナリーオプションとギャンブルの画像

ギャンブルは期待値が100%を割るマイナスサムゲームである以上、プレイヤーは常に不利な立場になるのです。

対してバイナリーオプションだと、『HIGHLOWオーストラリア』という業者でペイアウト率が1.88倍、つまり88%の期待値があります。単純な2択でこの数字です。バイナリーオプションは為替相場という今後の動向をある程度予測できる市場が取引の対象なので、コツやテクニックを学べば勝率を50%より高くすることも可能です。

単純な期待値で比較をした場合でも、パチンコなどの払い戻し率が低いギャンブルをするくらいなら、期待値が高いバイナリーオプションを選ぶべきです。

バイナリーは投資?投機?

バイナリーオプションはギャンブルではありませんが、では投資と投機だとどちらだと言えると思いますか??

バイナリーオプションと投機の画像

バイナリーオプションは、特定の期間内までに上がるのか、それとも下がるのかを予想する取引です。それも極めて短い期間内での取引となりますので、将来の成長を見越してお金を投じることはありません。さらにバイナリーなどの短期間での取引は、ファンダメンタルズ分析をする余地がなく、チャート分析のテクニックが占める割合が大きいです。

バイナリーオプションはどちらかといえば、投機扱いとなります。

投資と投機に違いはあるの?

投資と投機、どちらも利益を追求して資本を投じていることに違いはありません。投資と投機の違は期間の違いです。

投資は今後何年から何十年と時間をかけて資産運用し、利益を得ます。利益の中にはキャピタルゲイン(資産価値の上昇による利益)もあれば、配当金や分配金などのインカムゲイン(保有中に得られる利益のこと)もあるでしょう。例えば、不動産を購入し、マンションを経営して賃料収入を得るというのは、まさに投資です。

対して投機の場合、取引の期間はとても短いため、インカムゲインを得ることは考えていません。稼げるタイミングに資産を投下し、利益のある間に売り抜けるのが投機です。

参考 全国銀行協会

バイナリーの投機性は高い

厳密に言うと、バイナリーオプションは『安く勝って高く売る』という図式ではないのですが、長期間保有して上昇を見込むことはないため、バイナリーオプションは投機として扱われます。長期保有が前提の投資と違って、バイナリーオプションの業者の中にはわずか30秒で判定するという業者もあるからです。

バイナリーオプションと投機の画像

たった30秒先の値動きを予想し、当たればペイアウト倍率分の利益がもらえ、外れれば投じた資金が無くなるバイナリーオプションは、最もシンプルな投機であるといえます。

投機が悪いわけではない

バイナリーはギャンブルではなく、投機です。人によっては、投機も悪だと見なすこともあるかもしれませんが、投機が悪いということはありません。

投機はギャンブルに近く、資産を失う可能性が高いという人もいます。しかし、資産を失う可能性があるのは投資も同じです。長期間保有することを前提にしていますが、適切な出口戦略がなければ損失がふくらむことも有りえます。

バイナリーオプションは投機ですが、運で勝敗が左右されるわけではありません。テクニカル分析を用いることによって、勝率を50%以上に上げることが可能です。ここが重要で、たとえ短期間で取引をするとしても、勝率が50%を超えるのであれば確実に資産は増加していきます。

まとめ

今回はバイナリーオプションは果たしてギャンブルなのか、それとも違うのかをテーマに解説しました。偶発性が高いギャンブルと違って、為替市場が対象のバイナリーオプションはテクニカル分析などの手法を習得すれば、今後の動向を予測し、高い勝率を維持することができます。期待値が低いギャンブルと違って、ペイアウト倍率が高いバイナリーオプション業者を利用すれば、常に高い期待値の中で取引ができます。

もちろん、バイナリーオプションが投機であることに違いはありません。リスク以上の取引をして失敗すれば、瞬く間に大損する危険があることは事実です。大損のリスクを回避するためにも、バイナリーに挑戦する時はしっかりとリスク管理し、損失を最小限に抑えましょう。

リスクを適切に管理している限り、バイナリーオプションの投機性を恐れる心配は無用です。

コメントを残す