ハイローオーストラリアの公式サイトの画像

バイナリーオプションを攻略できる資金管理とは?大損した4人のトレーダー達

バイナリーオプションの資金管理の画像

こんにちは!

海外バイナリーオプション比較サイト管理人です。突然ですが、あなたはバイナリーオプション攻略において資金管理の重要性をご存知ですか?

『あー資金管理ね!多分大丈夫!』『そういえば、今月どのくらい勝ったっけ…?』こんな反応のバイナリーオプショントレーダーの方もいるかも知れません。でもね、資金管理を疎かにすると痛い目に合いますよ!?

バイナリーオプションの資金管理の画像

私は7年以上バイナリーオプションに関わっており、時には専業、時には兼業でトレードを重ねてきました。今までいろんなバイナリーオプション仲間と情報交換をしていたのですが、資金管理がめちゃくちゃだったために消えていったトレーダーの数は片手では足りません。

今回は、私の知り合いの資金管理の失敗例と、資金管理の実用例について詳しくまとめてみたいと思います。

資金管理は重要っていつも言ってるわよね。

管理人は、バイナリーオプションで破産した人を実際に見てきました。そして、そのトレーダー達の敗因は資金管理にあったのです。

資金管理の失敗例

私は几帳面な性格と、お金にうるさい性格が幸いしてか資金管理の失敗は今までほとんどありません。ですが、一度に大金を手にした方、適当な性格をしていた方、何もかもが無茶苦茶だったギャンブル狂の方など、資金管理の失敗は多く見てきました。

バイナリーオプションの資金管理の画像

私も1から10まで知っているわけではないですが、皆さんの反面教師にしていただくため資金管理の失敗例としてご紹介します。(許可を摂っているわけではないので、すべて仮名です)

資金管理に失敗して、痛い目に合った実例です。

資金管理の失敗例①主婦のYさん

最初のバイオプの資金管理の失敗例は主婦のYさんです。この方はかなり仲が良かったので、かなり私もかなり心配していました。

Yさんは専業主婦で、旦那さんは普通のサラリーマンだったはずです。家を買いたいとのことで、大きく稼げる可能性のあるバイナリーオプションに手を出したそうです。勤勉な方で利益を出していたはずなのですが、目標の金額が大きすぎました。

数千万円稼ぎたかったらしく、それゆえに余剰資金を超えてトレードをしていました。失っても生活できる範囲というのが投資の資金管理の鉄則ですが、その掟を破ってしまっていたのです。ある時に大敗してしまい、今まで出た利益以上の損失を出してしまったのです。

しばらくは取り返そうとしていたのですが、懸命な方だったので途中で諦めたので致命傷にはなりませんでした。私の予想ですが、負けを取り返そうとトレードしていたらさらにマズいことになっていたと思います。

この方は、頭の良い方だったので引き際がわかってましたね。それでも、結構な額の損失を出したはずです。

資金管理の失敗例②専業希望のNさん

Nさんはサラリーマン。バイナリーオプションで成功して、専業トレーダーとして脱サラするのが目標と言っていました。ただ、この方はかなりイケイケの性格だったので、ハイリスクなトレードを繰り返していました。ボーナスが出たらすべてバイナリーオプションにつぎ込んでいましたので、資金管理はかなりずさんだったと思います。

バイナリーオプションの知識は豊富だったので、堅実にトレードしていれば問題なかったはずなのですが、ある時に『お金なくなった!止めときゃよかった!!』と電話がかかってきてそれきり音信不通に…。おそらく、自分の許容範囲を超えた損失を出してしまったのだと思います。

なにこれ怖い…

実話です。彼が今何をしているかは不明です。

資金管理の失敗例③自営業のSさん

この人は完全なギャンブル狂でした。自営業で自由に使えるお金がかなりあったらしく、事業に必要なお金までもバイナリーオプションにつぎ込む始末。資金管理という点ではこの人が一番ヤバイ人でした。

バイナリーオプションだけでなく、FXやらギャンブルやらいろいろやっていたそうです。現在何をしているかしりませんが、仕事は廃業されたそうです。バイナリーオプションも多分辞めたと思います。

典型的なギャンブル狂って感じね。

こういう人は、バイナリーオプションに手を出しちゃイカンですよ。

資金管理の失敗例④大学生のA君

バイナリーオプションで学費にまで手をつけてしまった残念な男の子がA君です。最初はバイトで得た数千円単位で取引をしていたはずが、次第にエスカレートして高額な取引に手を出すようになりました。あとはお決まりのコースで、学費や家賃にまでバイナリーオプションに突っ込むようになり、勝っている時は良いものの負けた時はあっという間でした。

ご両親にかなり迷惑をかけたらしいですが、大学は辞めずに済んだようです。ちなみに以降この子はバイナリーオプションからは完全に足を洗いました。

バイナリーオプションで失敗する大学生の典型例って感じ

若さゆえの過ちですね。バイナリーオプションに興味を持つ大学生は知っておくべきです。

資金管理で失敗する人の3つの特徴

私の今までの経験上、バイナリーオプションの資金管理で失敗する人は大きく分けて3つの特徴がありました。もしあなたが次の3つの特徴のうちどれかに当てはまったら、要注意です。今後資金管理でのトラブルに陥る可能性が高いと思います。

資金管理のする人の特徴1 金銭感覚が破綻している

バイナリーオプションの資金管理で失敗する人の1つが、そもそもの金銭感覚が麻痺している方です。このタイプの人はバイナリーオプションに限らず、事業や投資の何事においても失敗する可能性が高いです。

バイナリーオプションの資金管理の画像

ギャンブル感覚でバイナリーオプションをやりだすとさらに危険です。高揚感を得るためだけに取引に相場に手を出してしまうので、勝算がなくともトレードを重ねてしまいます。大金を得ることはあっても必ず大敗してしまうので、いずれ必ず破滅します。

資金管理を徹底できるようになる可能性も低いため、もし自分が当てはまるのであれば一刻も早くバイナリーオプションから手を引いたほうがいいですよ。

当てはまると思ったら、バイナリーオプションには手を出さない方が無難です。

資金管理のする人の特徴2 目標金額が高すぎる

目標金額が高すぎても資金管理の失敗につながることが多いです。バイナリーオプションにおいて、リスクとリターンは釣り合います。大金を稼ぐためには大金を賭けなければなりません。

バイナリーオプションはそもそも大金を稼ぐ投資方法ではありません。勝率6割を目指して、勝ちと負けを積み重ねながら堅実に資産を増やすことが鉄板の稼ぎ方です。『100万円を1000万円にしたい!』というのは間違いです。『100万円を110万円にしたい!』というのが正解です。

バイナリーオプションの資金管理の画像

投資に使えるお金が1000万円あるのであれば、100万円の利益を目指しても良いでしょう。しかし、資産が50万円しかないのに100万円の利益を目指すべきではありません。ギャンブルなら達成できるかもしれませんが、失う可能性のほうが遥かに高いです。

あまりに高い目標金額を設定すると、資金管理で必ず無理をしなければなりません。自分にあった目標金額の設定が重要です。

これはなんとなくわかる気がする…

目標金額と、資金管理はセットです。ゆっくりと増やすことを意識することで、リスクは格段に減ります。

資金管理のする人の特徴3 騙されやすい人

残念ながら、バイナリーオプション関連の詐欺は少なくありません。SNSでも『バイナリーオプションで大金を稼げる』と集客している馬鹿がいますが、信じてついていく人の末路は語るまでもありません。例えば騙されている人が資金管理で失敗するのは以下のような場合です。

Aさんはコンサルから100万円でバイナリーオプションの必勝ツールを購入しました。100万円はAさんにとって大金でしたが、ツールを使えばバイナリーオプションで連勝できるのですぐに回収できるお金です。Aさんはコンサルの言うことを信じました。投資のつもりだったんです。

この後どうなるかはわかりますね。ツールを使っても全く勝てず、コンサルとは連絡がつかなくなり、虎の子の100万円は持ち逃げされましたというオチです。

バイナリーオプションの資金管理の画像

これは一例ですが、このような話に騙されやすい人は資金管理もできません。楽に稼ぐことだけに焦点を当てているので、現実が見えていません。緻密な計算ができないので、資金管理ができないのです。

バイナリーオプション関連の詐欺ってなんでなくならないのかな…

昔に比べたらかなり減りました。トレーダー自身が注意することも大切です。

管理人のバイナリーオプション資金管理例

ここまで、バイナリーオプションの資金管理の失敗例や、資金管理ができない人の特徴についてまとめてみました。ただ、みなさんが一番知りたいのは、一番良いバイナリーオプションの資金管理方法は何かということだと思います。

バイナリーオプションの資金管理の画像

まず、私が実践しているバイナリーオプションの資金管理術からご紹介します。とはいえ、個人個人でバイナリーオプションに使える金額も違うでしょうから、あくまで一例としてお考えください。

一日の上限金額は6万円

まず、資金管理のために私はバイナリーオプションの一日の取引上限を6万円まで、1回の取引金額を4000円に設定しています。どんなに儲かっていても6万円までで、日によっては全くエントリーをしない日もあります。大体、一月の掛け金は120万くらいに落ち着きます。

上限を決めるメリットとしては、バイナリーオプションのありがちな失敗である『負けを取り戻すために賭けをする』ということを防ぐためです。あと、一日の上限の60,000円÷4000円=15回に達すると、勝ち越しか負け越しかはっきりわかります。

バイナリーオプションの資金管理の画像

大体一月に10万~20万ほどのプラスになります。軍資金の割に物足りないと思うかもしれませんが、これで十分です。

上限を決めることからでいいのよね?

一日の取引金額上限、一回の取引金額上限を決めてください。上限は、ご自身の軍資金を元に決定します。

金額は半年に一度見直し

厳密には決めていませんが、半年に一度くらいのペースで資金管理のために投資に使う金額を見直しています。私の場合は順調に資産が増えていますので、年々取引金額は増えています。私はいろんな投資に手を出しているのですが、200万くらいまでならばバイナリーオプションで失ってもOKです。

大体許容金額の半分くらいを月のバイナリーオプションの取引に使っている計算ですね。まずありえませんが、1ヶ月間全負けしても許容できる計算となります。

増えた金額の割合に合わせて、バイナリーに使う資金を増やせば間違いはないですね。

マーチンゲールはダメ

これは資金管理とはあまり関係ありませんが、マーチンゲールは絶対にしません。掛け金は必ず一定です。掛け金を増やすことを許すと、どんどん金額が大きくする癖がつくので大負けの可能性が上がります。資金管理に自信がない人ほど、掛け金は一定を維持すべきです。

掛け金を一定にすることは鉄則です。必ず守ってください。

入金額は余剰金額÷2

自分で言うのもなんですが、資金が安定して伸びているので最近はあまり入金していません。100万円は口座にある状態を維持し、半年に一度200万を超えたあたりで出金処理をしています。あまり大金をバイナリーオプション業者の口座に入れっぱなしにするのもリスクになるので、定期的に手元に移しています。

バイナリーオプションの資金管理の画像

以上が管理人の資金管理術です。私の資金管理でも一番大事なポイントは以下の3つです。

  1. 掛け金は常に一定
  2. 1日の上限を決める
  3. 余裕のある取引金額

私がバイナリーオプションで大事にしていることが、『欲を出しすぎない』『負けないことを重視する』ことです。資金管理にも私の考えが強く現れていると思うのですが、結局これが最強だと自負しています。バイナリーオプションから退場する投資家をたくさん見てきましたが、私はこの資金管理で数年間利益を出しながら生き残っています。

この方法なら間違いないのね?

はい、間違いありません。この資金管理なら大敗のリスクが少なく、勝率のチェックが容易です

オススメのバイナリー資金管理術

私の場合の資金管理方法をお伝えしましたが、皆さんにそのまま当てはまるとも限りません。ということで、バイナリーオプションのオススメの資金管理例についてまとめてみました。

貯金がない方の場合

たまに、『貯金は全く無いですが、給与の余りが毎月2万円あるので投資したいです!』という方がいます。バイナリーオプションは少額から、安いところなら100円から投資できることが魅力ですが、ある程度資金が溜まってから取引をすることをオススメします。

最低でも10万円くらいはないとバイナリーオプションに使うエネルギーや時間とリターンが割にあわないですね。そのため、ある程度資金をためてからバイナリーオプションを始めましょう。

お金がないとバイナリーオプションはダメなのね…

投資の勉強と割り切るか、完全に遊びであればやっても良いかもしれませんがね…

金額はすべて%で管理

バイナリーオプションに当てる資金は人によってそれぞれなので具体的な金額は言いませんが、メインの業者に入金するのは「バイナリーオプションに当てる資金の」半分程度です。全額ぶち込むのはあまりオススメはしません。

さらに、1日の取引で使う上限は入金金額の10%以下、1回の取引で使う金額はその10%以下がおすすめです。つまり、1回の取引ではバイナリーオプション業者への入金金額の1%以下しか使ってはいけません。100万円入金したら、どんなに大きくとも1回の取引は1万円以下です。

バイナリーオプションの資金管理の画像

また、資金管理を安定させるために取引金額は一定です。これは絶対に守ってください。マーチンゲールだの、大勝ち少負けを目指すためにときには大きく張ることも大事だのわけのわからないことを言ってるサイトもありますが、すべて無視してください。掛け金を上下させることは資金管理を破綻させる直接的な原因になり得ます。

入金金額の関係1回の取引金額が1000円未満になってしまう人は1000円から取引をしましょう。あまり額が小さいと利益になりません。1000円が難しい時はお金をためて出直しましょう。

管理人のように、取引の上限を決めるのであれば%から割り出すことをオススメします。

記録をつけること

資金管理というからには資金をきっちり記録する必要があります。オススメなのは、紙のノートに取引を記帳すること。少し時間をかけて紙に記載することで、一回一回の取引をしっかり記録することができます。

記録するのは、アマゾンとかに売ってるFXのノートがおすすめ。経済指標が記載されているカレンダー型の手帳なので、経済指標チェックと記録を同時にすることが可能です。

バイナリーオプションの資金管理の画像

取引を重ねればレベルアップをすると考えている人もいますが、内容の薄いトレードを繰り返しても初心者から脱却できません。バイナリーオプションにおいて量より質が重視されます。内容の濃いトレードを重ねることで資金管理も定着しますし腕前も上達します。

ノートは大事って言ってたわよね。

トレード日記をつけることで、バイナリーオプションの勉強にもなり、無駄なトレードをしなくなるので一石三鳥です。

1ヶ月で1割の利益を目指す

資金管理の失敗例での紹介例で、目標金額が高すぎるて失敗した方がいましたね。では、どの程度の目標金額なら適切なのかと言うと、入金金額の10%の利益です。資金の半額を入金しているとすれば、バイナリーオプションにおける資金全体の5%ですね。資金管理で考えると、このくらいの数字が一番手堅いです。

リスク許容度を加味して上限させても良いですが、大きく上げることは資金管理の面でもオススメしません。複利で考えると、月に10%でも大きな利益になります。

入金金額利益合計
1ヶ月目500,00010%550,000
2ヶ月目550,00010%605,000
3ヶ月目605,00010%665,500
4ヶ月目665,50010%732,050
5ヶ月目732,05010%805,255
6ヶ月目805,25510%885,780

よくある複利の表ですが、月に10%の利益でも雪だるま式に増えていくので半年でもなかなかの利益があります。しかも、資金管理的にも全く無理がありません。たまに、バイナリーオプションでは1日で1割の利益を積み重ねるとか、一ヶ月で5割の利益を目指すとか言う人もいますが、100%無理なので真似しないでください。脳内がお花畑か、詐欺かどちらかです。

厳しいこと言うわね…

バイナリーオプションでそんなうまい話なんか100%詐欺ですよ。相手にせずに堅実なトレードが1番です。

バイナリーオプションの資金管理まとめ

いかがでしたか?バイナリーオプションにおける資金管理の失敗例、私の資金管理法、オススメの資金管理方法についてお伝えさせていただきました。

多くのサイトでバイナリーオプションは資金管理が大事と書いてありますが、実際の資金管理例についてはあまり触れられていません。情報がなくて手探りで資金管理をしている方が多いですが、私の例を参考にしてもらえると幸いです。

資金管理の方法は人によって違いますので、アレンジしたり、方法を一部変えてもらっても構いません。ただ、一つだけ忘れないでほしいことは、バイナリーオプションは一攫千金を狙う投資法ではないということです。大金を得ることを目的にして取引すると、必ず資金管理上の無理が発生するので忘れないでくださいね。

何か疑問があったら遠慮なくコメントしてね!

私でわかることなら、2~3日で返答しますよ!

コメントを残す