ハイローオーストラリアの1日取引をするなら抑えておきたい基礎知識

ハイローオーストラリアの取引時間は短い順から「30秒」、「1分」、「3分」、「5分」、「15分」、「1時間」、「1日」に分けられます。一番長い時間が1日取引です。

1日取引の判定時刻は午前6時です。ペイアウト率はHighlow1.90倍、スプレッド取引で2倍です。

今のページでは、人気の海外バイナリーオプション業者『ハイローオーストラリア』で一日取引をするなら知っておくべき基礎をおさらいしていきます。

1日取引のメリット

1日取引をするのであれば、1日取引のメリットは何なのかをしっかり理解しておくべきでしょう。それだけで、勝率UPに繋がります。ハイローオーストラリアの1日取引を行うときのメリットは以下の3つです。

短期の取引より比較的予測しやすい

1日取引でエントリーした場合勝つか、負けるか判定が分かるのは最長で23時間後です。ハイローオーストラリアでを利用するにあたって1日取引を利用したことがなく、短期取引である3分取引や15分取引を主に使っている方は、取引時間が長い1日取引は先の事なので予想しづらいと思う方もいるかもしれません。

しかし、相場の大きな流れを見ると、特に初心者の方には1日取引の方が予想しやすいのです。短期取引をされている方は思い当たるかもしれませんが、あと数秒で勝てると思った取引がいきなりエントリーと逆側に上がったり、下がったりしたことがあると思います。このような短期相場の流れはまるで生き物のように上下し、予想というより勘やギャンブルに近いものがあります。

取引時間が短くなればなるほど、シャッフルされたトランプのハイとローを予想するようなものです。その点1日取引なら、比較的イレギュラーも起こりにくいです。

転売がしやすい

ハイローオーストラリアには転売というシステムがありますが、転売はエントリーした時間を待たずして取引を終わらせることができるシステムです。

取引終了時間はまだ来ていないが、エントリーしたポジションが勝っている状態で転売すれば、1,0倍以上の利益を確定できます。株やFXでいう利確にあたります。逆にエントリーしたポジションが負けている状態で転売すれば、0にはなりませんが、一定の金額が戻って来ます。株やFXでいう損切りです。

転売システムは短期取引だと判断が難しく、利確も損切りもなかなかできません。初心者の方は尚更で、おそらくテンパってしまうでしょう。一方で、1日取引の場合は時間がたっぷりあるので転売を考える猶予があります。冷静な判断を失ってしまう可能性も短期取引に比べると少ないでしょう。

メンタルを崩しにくい

投資において自分のメンタルを保ったり、自分が決めたルールを守る重要性はどの投資本ににも書いてありますし、著名な投資家達も口を酸っぱくして言っています。

投資がギャンブルに変わるタイミングはいつも自分自身ののメンタルの崩壊です。ハイローオーストラリアでバイナリーオプションを始めるきっかけは、まず間違いなくお金を稼ぎたいからだと思いますが、ハイローオーストラリアは平日であれば、夜中でも取引できてしまいますし、現金を振り込まずにカード入金もできてしまいます。手軽でいつでも取引できるし、ルールもシンプルです。未熟なトレーダーは欲望に飲み込まれ、安易な短期取引を繰り返してしまう方が非常に多いです。

2015年には、1回のエントリー最高額が100,000円から200,000円に引き上げられました。1分取引で5回連続勝てば、5分で900,000円が手に入ってしまいます。時給に換算すると時給1000万円です。そんな夢を持って1分後にすぐに結果が分かる短期取引を連続で行ってしまい、あっという間に全財産を失う方が多いのです。

そうならない為には欲望に負けないメンタルが非常に重要になりますが、1日トレードであれば、動きがゆっくりです。気長に大きな流れを読み、場合によっては転売も視野に入れ、短期取引と比べると周りが見えなくなる事は少ないでしょう。

1日取引のデメリット

目先の欲に惑わされずに1日取引で余裕を持った取引をしたとしても、1日取引にもデメリットはあります。1日取引のデメリットは以下の2点です。

転売で利益は確定できるが、一日取引だと残り時間が長いので利益が薄い

短期トレードでは時間が短いので転売をしづらい、というご説明をしましたが、1日トレードでは転売を判断する余裕はあるものの、大幅な利益が取りづらいというデメリットがあります。

転売をした際のレートは、取引終了時間の残り時間が短く、エントリーしたポジションが大幅に勝っている時に大きく上がります。1日取引でエントリー中に大幅に予想が上回っていて勝っている状態だとしても、残り時間が12時間残っているのであれば、転売した利益はそんなに大きくならないのです。

もちろんその状態で12時間経てばそのまま勝てるのですが、手堅く利確したい方も多いでしょう。待っていて必ず勝てる保証もないので、現状転売できる状態だとしても利幅の少なさで悩む事は多いです。

経済指標や重大な事件が起きるとすぐに対応できない

雇用統計、消費者物価指数、政策金利の発表など、ハイローオーストラリアだけでなく株やFXトレーダーも参考にする経済指標ですが、影響が大きい指標から小さい指標まで様々です。

このような経済指標が発表される際は相場に影響が出ますが、1日取引でエントリーする際は取引時間が長いので、経済指標の影響を受けやすいです。1日に複数の指標が発表されることもあり、調子がよかった波が一気に予想と逆向きに傾いてしまう場合もあります。

1日取引は大きな波をみてエントリーするので一旦逆方向に持って行かれてしまうとなかなか戻ってきません。しかも、あらかじめスケジュールに出ている経済指標だけでなく、世界中で突発的に起きるニュースも相場に影響を与えるので、一日取引は短期取引とは違ったリスクを内包しています。

短期取引であれば、そのような相場が乱れそうな時はエントリー自体をしなければよいだけなので、比較的影響は受けにくいです。1日取引で長い時間予想と逆方向に向かって行くのは心理的にもダメージになります。

1日取引攻略のポイント

1日取引で稼ぐときに、絶対に抑えておきたい2つのポイントをご紹介します。

トレンドの流れに乗る

1日取引はエントリー後に焦る事はありません。24時間後もしくはその前に転売できる状態で予想が当たって入ればいいので、レンジ相場では手を出さず、上下いずれかのトレンドが現れ始めてから流れに乗ってエントリーするのがベターと言えるでしょう。

時間はたっぷりあるのでトレンドの兆候が出初めてすぐではなく、少し流れが読めてきたらでも遅くはありません。

上昇トレンドと下降トレンドを繰り返すようなら手堅くエントリーして、プラスになったら転売の準備をしてルールを守りながら、コツコツ勝ちを重ねて行けば大きく勝つこともありませんが、大きく負けることも少ないはずです。

できるだけ早い時間帯にエントリーする

1日取引は翌日の午前6時までのエントリーなので、あまりにも遅いタイミングでエントリーしては1日取引のメリットは薄れてしまいます。特に、転売を含めた取引をする場合は残り時間は長ければ長いほどメンタル的にも落ち着いた判断ができます。

トレンドに乗る事も大事ですが、自分の決めたルールに乗っ取った流れがきたら早い段階でエントリー知ることを意識しましょう。

逆に良い流れが来なければ無理にエントリーする必要はありません。転売も含めて手堅くコツコツ勝つのが1日取引のメリットなので、エントリーするタイミングがないからといって妥協した取引は望ましくありません。

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない!未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す