ハイローのスプレッド取引はハイリスクハイリターン!3つの方法で攻略


highlowspread

HighLowのスプレッド取引に興味がありますが、初心者にはやはり難しいですかね?


簡単ではありませんが、攻略法を押さえてコツコツ取引すれば難しくないですよ!


ハイローオーストラリアのスプレッド取引は利益率が高いとあって、人気のあるオプション取引です。

スプレッドはFX取引でもよく聞くワードですが、ハイローオーストラリアにおけるスプレッドはFXのスプレッドとはまったく異なります。

違いを知って勝てる取引を攻略してきましょう!

ハイローオーストラリアの画像

ハイローオーストラリアのスプレッドとは

そもそもスプレッドって何ですか?


為替取引における売値と買値の差額を指します。


「スプレッド=広がる、伸ばす」の意味から使われています。

バイナリーオプションのスプレッドは固定のスプレッドと、固定されていないスプレッドがあります。

ハイローオーストラリアのスプレッドは固定されていませんよ

HighLow公式のよくある質問の中にも「判定時刻に近いほど、スプレッドは狭くなる」と公表されています


オプションが判定時刻に近づくにつれて、スプレッドの幅が小さくなるのはなぜですか?
オプションが判定時刻に近づくにつれてボラティリティが低くなり、ペイアウトが固定されていくためにスプレッドが小さくなります。

出典:ハイローオーストラリア公式 よくあるご質問

スプレッド幅とスプレッド取引の違い

為替取引におけるスプレッドとは、売値と買値の差額だと解説しました。

スプレッド幅の計算例

  1. ドル円の売値が100.5円
  2. 買値が100.8円の場合

同時期に同量を取引すると、1ドルに対し0.3円の損失。


このレート差額0.3円を、一般的にはスプレッド幅というのです。

すなわち、FX取引では「通貨ペアの買値と売値の差額」がスプレッドってことですよね?


そうですね。この差額を予想して、利益が得られそうなタイミングでエントリーと利益確定をすることで稼ぐのがFXのやり方です


しかし、バイナリーオプションの場合はこのスプレッドは重要ではありません!

バイナリーオプションでは購入時と売却時の差額のことをスプレッドと言い、FXのスプレッドと意味合いがちがってくるのです。

 

ハイローのスプレッド取引における「スプレッド」は、FXにはない取引の仕方なんですね!ややこしい~!


では、ハイローオーストラリアにおける通常のハイロー取引とスプレッド取引は何が違うのか、比較ポイントを見ていきましょう。

通常取引とスプレッド取引の比較

それでは通常のHighLow取引とスプレッド取引を比較していきますね


通常のバイナリーオプションでは、規定の時間に為替値が現在より上回っているか(Highか)下回っているか(Lowか)を予想します。

予想が当たれば掛け金×ペイアウト率の利益を獲得でき、予想が外れれば掛け金は没収。

いわば二者択一の取引です。

ではもし取引開始時と終了時の為替値に違いがなく、同額で終了した場合の判定はどうなるんですか?


引き分け(ドロー)の場合は、負け判定されるんです。


え!?同値負けで業者が掛け金総取りなんて!!


ハイローオーストラリアでは「業者が総取りするレンジ幅」を広げたのが、スプレッド取引です。
レンジ幅とはある通貨ペアの値動きの範囲を指し、この範囲内での値動きは勝ち負けの判定には含まれません。

スプレッド取引では取引チャートにレンジ幅が設定され、設定範囲を超えて上回るか下回るかを予想します。

もしレンジ幅内で取引時間が終了した場合(つまりドロー)は、判定負けとなるのです。

HighLowスプレッドとTurboスプレッドの違い

スプレッド取引の画像

ハイロー取引ってHighLowスプレッドとTurboスプレッドがありますよね。あれって、何が違うんですか?


大きな違いは取引時間と取引できる通貨ペアの種類ですかね


HighLowスプレッドとは、通常のハイロー取引にスプレッドが加えられたものです。

設定されたレンジ幅を上回るか下回るかを予想する単純な取引方法で、基本的な考え方は同じです。

 

それに対しTurboスプレッドとは、ハイロー取引にスプレッドが加えられた上、取引時間が短縮された難易度の高い取引方法です。

下の表は、おもな違いを比較したものです。

HighLowスプレッド Turboスプレッド
取引時間 15分、1時間、1日 30秒、1分、3分、5分
ペイアウト率 2倍 2~2.3倍
対象銘柄 通貨ペア17種類
仮想通貨4種類
株価指数10種類
ゴールド
通貨ペア7種類

HighLowスプレッドは最長1日、最短が15分なのに対し、Turboスプレッドでは取引時間が30秒~5分と極端に短くなっています。

予想が立てにくい上、そんな短時間では大きな値動きがまったくない可能性もあります。

ペイアウト率は高くなりますが、ハイリスクをカバー出来るほどのメリットを見出せなければ、手を出すべきではないと断言できます。

その半面、超短時間での取引ができるため、空き時間にサクッと取引を済ませたい人にはストレスの少ない取引方法です。

どんなときにスプレッド取引を選ぶの?

このようにハイリスクハイリターンのスプレッド取引ですが、タイミングによっては優位な取引方法です。

どのようなタイミングで選択すればいいのか、スプレッド取引のメリット・デメリットと一緒に確認しておきましょう。

スプレッド取引のメリット

スプレッド取引の画像

スプレッド取引のメリット

  1. ペイアウト率が高い取引。
  2. 経済指標発表時など大きな値動きが期待出来る時は、爆益のチャンスがある。

一番のメリットはペイアウト倍率の高さです。

ハイローオーストラリアのペイアウト率は取引時間によって固定されています。

1.85~1.95倍と業界内でも高い水準ですが、2倍には届きません。

それに対し、スプレッド取引のペイアウト率は2倍で固定されています。

ペイアウト率が高ければ高いほど、予想的中時の利益は大きくなりますよね。

短時間で大きな収益が期待できるため、取引時間に制限のあるサラリーマンや忙しい主婦には大きなメリットといえるでしょう。

後述しますが、経済指標の発表の時や、要人の発言後などは相場が大きく動くことが多いです。

よって取引チャンスとなり、一気に稼ぐことが期待できるということです


スプレッド取引のデメリット

スプレッド取引のデメリット

  1. 予測が立てにくく同値負け(ドローは負け判定)
  2. レンジ幅が設けられているため、通常のハイロー取引より勝率が下がる。
  3. 手堅くコツコツと利益を出したい人には向いていない

リターンが大きければ、リスクも大きいです。

スプレッド取引のデメリットは予測が立てにくく、本来であれば勝てていた取引にも負けてしまうことです。

ハイロー取引ではハイかローかを選択し、その値動き幅には規定がありません。

0.1だろうと0.01だろうと、予想通りに動いて終了すれば勝ち確定。賞金をゲットできるのです。

しかしスプレッド取引では、たとえ予想通りの動きをしていたとしても、レンジ幅に及ばなければ結果としては負け。

「数分後にはレンジ幅を超えていたのに」と嘆いても、掛け金は戻ってきません。

短時間で大金を得ることができる可能性を秘めるスプレッド取引ですが、勝率は通常のハイロー取引よりも下がります。

ハイロー取引では、FX以上に勝率にこだわりましょう!

手堅くコツコツと利益を出したい人にはスプレッド取引は向いていません。


ハイリスク・ハイリターンなスプレッド取引攻略法3つ

ハイリスク・ハイリターンなスプレッド取引の攻略法ってないんですか?


実は私が実践して効果のあった攻略法を特別に3つ紹介しますよ


本当ですか!?ぜひ教えてください!!


 

ここからは、スプレッド取引におすすめの攻略法3つを紹介します。

①市場の開始・終了時間を狙った取引

まずおすすめしたいのは、市場開始時と終了時を狙った取引です。

一般的なハイロー取引では避けるべきといわれてますが大丈夫なんですか?


スプレッド取引においては、あえて狙いたい時間帯なのです。


市場が開始したばかりのタイミングは、取引量が多く、大きな値動きが期待できます。

そのためレンジ幅を超える可能性も高く、スプレッド取引のメリットを充分に受けられる可能性が。

終了時も同様に、今日中の取引終了を狙うトレーダーが増え、取引が活発になります。

市場開始直後と終了間際は、一日のうちでトレンドが起きやすいタイミングです。

決まった時間を狙うだけなので、スケジュール調整もしやすいでしょう。

②経済指標の発表時を狙う

経済指標の発表時は急激な相場変動が起きやすいから初心者は取引を避けた方がいいって言われてますけど、スプレッド取引の場合は違うんですか?


実は、経済指標の発表時こそ、スプレッド取引では大きなチャンスを秘めているんです


世界の経済指標が発表されるタイミングも、急激な相場変動が起きやすく、一般的なFX取引では避けるべきとされています。

その半面、スプレッド取引では大きなチャンスを秘めています。

アメリカの経済指標は特に影響力があり、ドルを介さない通貨ペアにも影響が出ることが。

そのため、大幅な値動きは期待でき大きく稼ぐ可能性が上がるのです。

③テクニカル分析で相場を予測

テクニカル分析を一言で説明すると、チャートを見て、今後為替相場が上か下、どちらに動くかを予想することです。

テクニカル分析なんてすぐにできるようになるんですか?



明日からすぐにできるようになるような簡単なものではないですよ!でも負けたくないなら避けて通れない道です


ハイかローかを勘で当てるゲーム感覚でいては、バイナリーオプションで勝ち続けられません。

しっかりと勉強し、デモトレードで経験を積んでからの挑戦がおすすめです。

インジケーターの補助も受けながら、徐々にテクニカル分析できるようになりましょう。

スプレッド取引をするなら転売も覚えておこう

タイミングの画像

転売とは、規定の終了時刻を待たずして、取引を途中で終了させる機能のこと。

終了時刻の1分前までなら利用でき、残り時間やエントリー時と現在の値幅などによってペイアウト率が決まります。

転売をうまく利用すれば、利益を早めに確定できたり、損失を最小限に抑えることが可能です。


明確な上昇・下落トレンドが急変した場合

上図が上昇トレンドを表しています。

たとえば「上がる」と予想し、ポジションを持ったときで考えてみましょう。

上がったり下がったりするレンジ相場ではなく、誰が見ても「下がるな」とわかる下落トレンドが発生。

上図は下降(下落)トレンドを表しています。

このまま終了時間を待てば確実に負けるでしょう。

そこで「転売」を利用します。

全額ではないものの、掛け金を取り戻すことができ、損失を最小限にできました。

レンジ相場で予想がしにくい場合

上図はレンジ相場(横ばい状態)を表しています。

一定の範囲内で上昇と下降を繰り返している状態のレンジ相場では、スプレッド幅を超えることが見込めません。

ズルズルとポジションを持ち続けるよりも、早めに転売して取引を終了させる方がいいでしょう。

FXや株取引での「損切り」と考え方が似ていますね。

FXとの違いは、決断までのスピード感。ハイロー取引は数分単位の限られた時間で、転売するか最後まで待つかを決めなくてはいけません。

迅速な判断力と強靭なメンタルがなければ、転売の良さを引き出せないでしょう。

損切りができる人は、バイナリーオプションでもFXでも利益率を上げられます。

ペイアウト率が2.3倍の30秒ターボスプレッドで両建てのリスク

両建てとは、両方のポジションを同時に保有すること。

ペイアウト率が2.0倍以上のときに両建てをすれば、確実に利益を出せますがリスクが潜んでいます。
(例)
1万円を両建て。掛け金は1万円×2で計2万円です。

片方は負けが確定し、マイナス1万円。勝ちポジションは1万円×2.3倍で23,000円獲得できます。

両ポジションの掛け金2万円を引いても、3,000円が利益として残ることに。

仕組みはいたって簡単ですね。


しかし、以前はOKだった両建てはハイローオーストラリアは禁止しています。

同一のオプションで両建ては認められていますが、両建てと転売をうまく使いこなした投資手法は口座凍結のリスクがあるのでお勧めできないです


多くのトレーダーがおこなっている手法ですが、口座凍結のリスクが非常に高いので筆者はおすすめしていません。

筆者の手法としては、東京時間の昼休みや、13時~14時、あるいはロンドンフィックスが終わり、欧州勢の取引がなくなる深夜1時からニューヨークの取引終了の1時間前の朝5時(夏時間は4時)など、 値動きがない時に両建てを活用します

値動きのない時間帯には、明確なトレンドがなくある程度の値幅で行ったり来たりする場面が出現することがあります。

イナリーオプションでの両建ての画像

この時に、 30秒取引や1分取引などの短期取引で、瞬間的に高値を付けたらLOWエントリー、安値を付けたらHighエントリーをすることを繰り返す方法です。

前の取引が終了する前に次のエントリーということが増え、結果的に両建てになるケースが出てきます。

まとめ

スプレッド取引とは、取引チャートに一定の範囲を設定し、規定時間にその範囲を超えるか下回るかを予想するハイリスクハイリターンの取引方法です。

メリットは、短時間で大きな収益が狙え、一瞬で数十万円の利益が出ることもあるでしょう。

しかしデメリットも大きく、時間内に大きな相場変動が起きずに終了することもあります。

初心者はまずはでもトレードで慣れた後に、通常のハイロー取引を実際におこない、スプレッド取引に挑戦しましょう。

ハイローオーストラリアの画像

この記事を書いた人
profile

出身:大阪府

趣味:釣り・旅行

投資歴:10年

サイト管理人の田中国男です。

僕がBO初心者の時、詐欺業者に入金後、資金を持ち逃げされて悔しい思いをしました(泣)
以来、必死に勉強して徐々に勝率を上げ今では専業トレーダーに。
僕のような被害者を生まないために2015年、このサイトを立ち上げて有益な情報を発信しています!

さらに詳しいプロフィールはこちらに!

海外バイナリーオプションを基礎から学ぼう!バイナリーワールドトップページへ

バイナリーオプションの画像

海外バイナリーオプションのあらゆる情報を徹底網羅した総合情報サイト【バイナリーワールド】。 トップページでは、海外バイナリーオプションについて基礎から解説しています。

ゼロから始めるバイナリーオプション!

バイナリーオプションの画像

『興味はあるけど、やり方がわからない…』そんな悩みで諦めるのはもったいない! 未経験者でも簡単にわかるように、バイナリーオプションのやり方を解説してみました。

ハイローオーストラリアって実際どうなの?

バイナリーオプションの画像

日本人トレーダーの8割以上が利用していると言われる有名海外バイナリーオプション業者『 ハイローオーストラリア』の本当の口コミ・評判をステマなしでお伝え致します。

使わなきゃもったいない!デモトレードを活用して損失回避!

バイナリーオプションのデモトレードの画像

デモトレードの活用法を知らずに取引を重ねても、損失を積み重ねる結果になるかもしれません。バイナリーオプション初心者から上級者まで必見情報です。

コメントを残す